• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 沖縄国際大学

私立大学/沖縄

オキナワコクサイダイガク

沖縄には世界を感じる学びがある。ジンブンを育み、社会のフォロワーを目指そう!

アジアの十字路に位置する沖縄で、社会に貢献できるフォロワーを育成する大学。多くのチャンスと活気にあふれるキャンパスです。ここであなたに必要なジンブン(=沖縄の方言で「知恵」の意味)を発見してください。

沖縄国際大学の特長

学校の特長1

「もっと知りたい!!」そんな意欲に応える“沖国ならでは”の多彩なカリキュラム

本学では、沖縄、日本、そして世界を視野に入れ、様々な視点をもって学ぶカリキュラムを設置。講義では教室を飛び出し現地に赴き、自分で見て、聞いて、自然や歴史、そして社会と直接かかわりながら、挑戦や経験を重ねていく機会が豊富にあります。また学部学科に関係なく学べる『共通科目』では、哲学から沖縄の芸能、パソコンにエアロビクスまで、幅広く科目を設置しています。教員が研究室に待機し相談を受ける『オフィスアワー』と、主にゼミ担当教員が学生の学修目標にそって科目を指導する『アカデミック・アドバイザー』。これらの学習カリキュラムと制度で、学生が自身の適性や志向に合わせて学習できる環境を整えています。

学校の特長2

新3号館完成!沖縄国際大学に新しいシンボルが誕生しました

大学の頭脳・心臓部として、知的生命力を生み出すシンボル棟にふさわしく、美的・文化的かつ格調高い図書館。利用者である学部学生や大学院生の学習・研究成果が上がるよう、蔵書数約48万冊、PC、CD、LD、DVD、ビデオ、海外衛星放送が利用可能。定期的にワークショップを開催し、卒業論文やレポート作成のための資料の探し方から情報の検索方法まで学べる機会も設けています。また、外国語センターでは、個々のペースで語学を習得するCALL(語学学習システム)、語学ライブラリーをはじめ、語学検定対策や合宿セミナー、ランチタイム英会話など、外国語の習得に様々な機会とサポートを用意。海外留学制度や留学のための奨学金も充実しています。

学校の特長3

海外・国内の協定校への留学制度と、キャンパスでの活発な学生交流

海外の国外協定校(台湾、韓国、中国、英国、エジプト、フランス、オーストラリア、米国、カナダ、スペイン)とは、学生交流、教職員交流、学術交流などの様々な交流が行われ、今後もさらに推進、拡大していく予定です。1年間の短期派遣留学生には、奨学金も支給しています。また、国内の協定校(札幌学院大学、桜美林大学、名城大学、京都学園大学、松山大学、熊本学園大学)への1年間の交換留学制度もあり、それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事を捉える視野を身につけることができます。海外、国内の協定校からも多くの学生が留学してきており、キャンパスでは多様な学生がともに学生生活を送っています。

学校の特長1

「もっと知りたい!!」そんな意欲に応える“沖国ならでは”の多彩なカリキュラム

本学では、沖縄、日本、そして世界を視野に入れ、様々な視点をもって学ぶカリキュラムを設置。講義では教室を飛び出し現地に赴き、自分で見て、聞いて、自然や歴史、そして社会と直接かかわりながら、挑戦や経験を重ねていく機会が豊富にあります。また学部学科に関係なく学べる『共通科目』では、哲学から沖縄の芸能、パソコンにエアロビクスまで、幅広く科目を設置しています。教員が研究室に待機し相談を受ける『オフィスアワー』と、主にゼミ担当教員が学生の学修目標にそって科目を指導する『アカデミック・アドバイザー』。これらの学習カリキュラムと制度で、学生が自身の適性や志向に合わせて学習できる環境を整えています。

学校の特長2

新3号館完成!沖縄国際大学に新しいシンボルが誕生しました

大学の頭脳・心臓部として、知的生命力を生み出すシンボル棟にふさわしく、美的・文化的かつ格調高い図書館。利用者である学部学生や大学院生の学習・研究成果が上がるよう、蔵書数約48万冊、PC、CD、LD、DVD、ビデオ、海外衛星放送が利用可能。定期的にワークショップを開催し、卒業論文やレポート作成のための資料の探し方から情報の検索方法まで学べる機会も設けています。また、外国語センターでは、個々のペースで語学を習得するCALL(語学学習システム)、語学ライブラリーをはじめ、語学検定対策や合宿セミナー、ランチタイム英会話など、外国語の習得に様々な機会とサポートを用意。海外留学制度や留学のための奨学金も充実しています。

学校の特長3

海外・国内の協定校への留学制度と、キャンパスでの活発な学生交流

海外の国外協定校(台湾、韓国、中国、英国、エジプト、フランス、オーストラリア、米国、カナダ、スペイン)とは、学生交流、教職員交流、学術交流などの様々な交流が行われ、今後もさらに推進、拡大していく予定です。1年間の短期派遣留学生には、奨学金も支給しています。また、国内の協定校(札幌学院大学、桜美林大学、名城大学、京都学園大学、松山大学、熊本学園大学)への1年間の交換留学制度もあり、それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事を捉える視野を身につけることができます。海外、国内の協定校からも多くの学生が留学してきており、キャンパスでは多様な学生がともに学生生活を送っています。

学校の特長1

「もっと知りたい!!」そんな意欲に応える“沖国ならでは”の多彩なカリキュラム

本学では、沖縄、日本、そして世界を視野に入れ、様々な視点をもって学ぶカリキュラムを設置。講義では教室を飛び出し現地に赴き、自分で見て、聞いて、自然や歴史、そして社会と直接かかわりながら、挑戦や経験を重ねていく機会が豊富にあります。また学部学科に関係なく学べる『共通科目』では、哲学から沖縄の芸能、パソコンにエアロビクスまで、幅広く科目を設置しています。教員が研究室に待機し相談を受ける『オフィスアワー』と、主にゼミ担当教員が学生の学修目標にそって科目を指導する『アカデミック・アドバイザー』。これらの学習カリキュラムと制度で、学生が自身の適性や志向に合わせて学習できる環境を整えています。

学校の特長2

新3号館完成!沖縄国際大学に新しいシンボルが誕生しました

大学の頭脳・心臓部として、知的生命力を生み出すシンボル棟にふさわしく、美的・文化的かつ格調高い図書館。利用者である学部学生や大学院生の学習・研究成果が上がるよう、蔵書数約48万冊、PC、CD、LD、DVD、ビデオ、海外衛星放送が利用可能。定期的にワークショップを開催し、卒業論文やレポート作成のための資料の探し方から情報の検索方法まで学べる機会も設けています。また、外国語センターでは、個々のペースで語学を習得するCALL(語学学習システム)、語学ライブラリーをはじめ、語学検定対策や合宿セミナー、ランチタイム英会話など、外国語の習得に様々な機会とサポートを用意。海外留学制度や留学のための奨学金も充実しています。

学校の特長3

海外・国内の協定校への留学制度と、キャンパスでの活発な学生交流

海外の国外協定校(台湾、韓国、中国、英国、エジプト、フランス、オーストラリア、米国、カナダ、スペイン)とは、学生交流、教職員交流、学術交流などの様々な交流が行われ、今後もさらに推進、拡大していく予定です。1年間の短期派遣留学生には、奨学金も支給しています。また、国内の協定校(札幌学院大学、桜美林大学、名城大学、京都学園大学、松山大学、熊本学園大学)への1年間の交換留学制度もあり、それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事を捉える視野を身につけることができます。海外、国内の協定校からも多くの学生が留学してきており、キャンパスでは多様な学生がともに学生生活を送っています。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

オープンキャンパス

「オキコクスタイル始めませんか?」 ・学科紹介・体験講座 ・保護者向け説明会 ・高1・高2向け特別講…

続きを見る

沖縄国際大学からのメッセージ

沖国大 受験生応援サイト「オキコクスタイル」公開中!
http://www.okiu.ac.jp/okikoku_style/

気になる学生生活のことや学部・学科に関する情報など沖縄国際大学をもっと身近に感じていただけるような情報を随時更新予定です。
スマートフォンからの閲覧にも対応していますので、お気に入りに登録して、受験勉強の合間にのぞいてみて下さい!

(7/27更新)

沖縄国際大学の学部・学科・コース

キャンパスライフレポート

詳細を見る

法学部 法律学科

金城 亨くん

警察官目指して、勉強も柔道も頑張っています!

他の先輩一覧を見る

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 全学科/97万1160円
(入学金・授業料ほか含む)

就職・資格

就職支援

県外就職支援など、学生の可能性を広げるための制度で、納得のいく就職活動ができる体制を整えています

就職ガイダンスをはじめ、国家・地方公務員、教員、一般企業などの各種採用試験対策講座、OB・OG就職研究会、就職相談、模擬面接、履歴書添削などを通して、学生一人ひとりの不安や迷いに対し、こまやかなサポートを行っています。夏季休暇を利用して企業や官公庁で実施するインターンシップ、国際感覚を養う海外インターンシップ、SPI能力検査や一般教養試験、公務員採用模擬試験、教員採用模擬試験などの各種試験対策、そして県外就職希望者をサポートするための「県外就職活動補助金(旅費の一部を補助)」「沖縄国際大学就職活動サポートセンター」など、将来の目標に向けて思い切り挑戦できるよう、全面的に支援しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試センター

〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2‐6‐1
TEL:098-893-8945

所在地 アクセス 地図・路線案内
沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1 ゆいレール「旭橋」駅から徒歩2分 那覇バスターミナルから98番(琉大北口行き)・110番(長田具志川線)バスに乗車「沖縄国際大学前」バス停下車 所要時間40分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年09月20日 16:14 BLOG

    2017年9月18日、齋藤ゼミ(一年次基礎演習)でゼミ合宿を実施しました。参加した学生が紹介記事を寄せてくれました 学生からのメール 夏休みに、斉藤ゼミで合宿がありました。北部の東村には、沖縄国際大の大型宿泊施設であるセミナーハウスがあります。きれいな建物で美しい自然に囲まれ、楽しいゼミ合宿になりました バスでみんなでワイワイしながら施設に到着 まずはBBQでお腹いっぱいになりましょう つづいて花火で胸いっぱいになりましょう そのあと、星がきれいなので食い入るように見ていて時間もあっという間に過ぎていきました 満喫! 朝食、おいしかったです メンバーと仲良くなるきっかけになりました~

    http://okiueco.ti-da.net/e9920975.html

  • 2017年09月19日 09:18 facebook

    【奄美沖縄民間文芸学会が鹿児島県・喜界島で開催されました!】 日本文化学科の狩俣恵一先生が代表を務める奄美沖縄民間文芸学会の大会が奄美群島の一つ、喜界島の喜界町役場にて2017年9月17日・18日に開催されました。 大会の様子を地元紙『南海日日新聞』に取材していただきましたので、こちらでもご紹介します。 大会には日本文化学科の西岡敏先生も登場し、「岩倉市郎と喜界島の民間文芸」と題されたシンポジウムで司会を務めました。 岩倉市郎(1902~1943)は、喜界町の阿伝(あでん)集落出身で、喜界島方言の著名な研究者ですが、方言研究のみならず、昔話研究、民俗研究の分野でも活躍したそうです。 ちなみに、奄美群島は、鹿児島県に属しますが、琉球文化圏で、琉球諸語の話される地域ということで、日本文化学科の琉球文化コースの研究対象としてもよく取り上げられています。 大会の様子はこちらをご覧ください。 http://www.nankainn.com/local/%e5%96%9c%e7%95%8c%e5%b3%b6%e3%81%ae%e6%b0%91%e4%bf%97%e3%83%bb%e6%96%87%e5%8c%96%e8%80%83%e5%af%9f%e5%a5%84%e7%be%8e%e6%b2%96%e7%b8%84%e6%b0%91%e9%96%93%e6%96%87%e8%8a%b8%e5%ad%a6%e4%bc%9a

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/573366039454142

  • 2017年09月15日 15:18 facebook

    【卒業生が遊びに来てくれました―北海道で中学校の国語教員を勤めている成田千賀子さん】 大学の夏休み、と言えば、日本文化学科の卒業生が先生たちの研究室を訪ねてくれる時期でもあります。 今年の夏も、北海道で公立中学校の国語の先生をしている卒業生の成田千賀子(旧姓)さんが日本文化学科の先生たちの研究室を訪ねてくれました。 成田さんは在学中、「琉球芸能文学研究会」にも所属していて、初期メンバーとして会を盛り上げてくれました。同じく、長田あやさんと一緒に琉芸文の副顧問(当時)だった西岡敏先生とともに、あれこれと思い出話に花を咲かせました。 全国各地で活躍する日文の卒業生。国語の先生も全国各地で教壇に立っています。国語の先生を目指す皆さん、沖国日文でぜひ一緒に学びましょう。

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/571540739636672

  • 2017年09月14日 23:15 BLOG

     沖縄の天候は、台風18号の影響で大荒れ、昨日から今朝にかけて強い風と時折強い雨・・・、そんな中、東村セミナーハウスにて学外ゼミを実施しました。出発の朝までだいぶ悩みましたが、学生課(東村セミナーハウス主管課)に相談をしたところ「東村は大丈夫のようですよ」と言われ、決心して実施することにしました。  昨日12時過ぎに名護のジャスコに立ち寄り、昼食をとって、そして、ゼミ終了後の懇親会用の買い出...

    http://tomiton.exblog.jp/25609773/

  • 2017年09月14日 11:17 facebook

    【9月18日は「しまくとぅばの日」、西岡敏先生が地元紙でしまくとぅばをレクチャーしました!】 日本文化学科には全国でも珍しい琉球文化コースが設置され、沖縄に古くから伝わる芸能や文学、言語について専門的に学べるカリキュラムが充実しています。 琉球文化コースの目標の1つが「琉球語の継承」。 日本文化学科で琉球語を担当している西岡敏先生も、沖縄県が定める「9月18日・しまくとぅばの日」にかかわる活動で9月は大忙しです。 『沖縄タイムス』の副読紙『週刊ほ~むぷらざ』では、5つのシチュエーション「あいづち」「疲労」「強調」「羞恥」「怒り」をピックアップして、地域や世代によるしまくとぅばの違いを西岡先生と、沖縄国際大学日本文化学科名誉教授の野原三義先生がレクチャーしています。 (野原先生も日本文化学科の先生でした) 皆さんは、恥ずかしい時に「アファー」と言いますか? 「ヘンナー」と言いますか? 「ドゥグリー」でしょうか? 移り変わる時代、文化の中で、沖縄の言葉を次の世代に残す意義についてもふれられています。 詳しくは、『週刊ほ~むぷらざ』9月14日号をご覧ください。

    https://www.facebook.com/143187545805329/posts/571014109689335

沖縄国際大学(私立大学/沖縄)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    一人ひとりが主役の大学!学生の「想い」と「活動」を支えます。

  • Photo

    Nobody Knows. It’s up to you!今を脱いで次の自分になる

  • Photo

    社会・文化を世界的な視野で考えると同時に、地域社会の発展に寄与できる人材を養成

  • Photo

    留学や国際交流が“日常”のキャンパスで自分を磨き、世界で輝く!

  • Photo

    真の「ホスピタリティ(もてなしの心)」を身につけた心豊かな人材を育成

  • Photo

    自信につながる。自身が拓ける。

  • Photo

    人を学び、人の幸福を考え、人とつながり、人を育む。私も人として成長する。

  • Photo

    小規模大学ならではのきめ細やかな指導と進路支援

  • Photo

    学生の「やってみたい」をカタチにする、文系総合大学。

  • Photo

    「英語での授業と海外研修で真の国際人」と「子どもの成長を育む先生」を養成

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる