• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 関東学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理工学部
  • ロボティクスコース

私立大学/神奈川

カントウガクインダイガク

ロボティクスコース

募集人数:
20人

自分専用ロボットで機械・電気・情報・制御を実践的に学び、新しいものづくりの知識・技術を身につけます

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金(参考) 170万9660円 

学科の特長

学ぶ内容

大会出場で優勝を目指すロボット作りを通して、メカトロ技術を学びます
ロボットの構造・機構・制御・デザインに関わる知識、技術を講義だけでなく、自分専用のロボットキットを使って実践的に学びます。ロボットに関する幅広い知識、技術を身につけたロボット研究者・技術者をめざします。

授業

注目の科学の「ロボットシステム工学」
ロボットは、生活になくてはならない機械システムとなり、ポスト自動車産業とも言われています。機構学、運動学、動力学、制御理論、センサとアクチュエータ、ビジョン、知能、コントローラとコンピュータ、移動ロボットの制御、歩行ロボットなど最先端のロボット技術を紹介。多岐にわたるロボットの設計方法を説明します。

実習

ロボットを組み立てながら機構を学び、動きをプログラムするロボットプロジェクト
2年次の「ロボットプロジェクト」では、ロボット競技会を学生自身が企画し、競技会の運営自体も学生が行います。競技会のためのロボットを設計したり、動きをプログラムしたりと、実践的に専門知識を修得できます。また、競技会に参加する側、運営する側の両方を体験することは、社会に出てからも役立ちます。

卒業後

卒業後の就職先は製造業、電気関連業など多彩
ロボティクスコースの卒業生は、ロボット学、すなわち機械系の構造および情報系の制御、そして関連する応用分野に関する専門知識を活かし、製造業、電気関連業などの業種で、システムエンジニア、ロボットエンジニア、組込型システム開発者としての活躍が見込まれます。

資格

CAD利用技術者資格の取得をバックアップ
「2D-CAD演習」「3D-CAD演習」「3D-CAE演習」などの科目では、合格をめざした内容を設定。また、「ロボットプロジェクト」において、3D-CADソフトを利用したロボット設計を実施するなど、資格取得を強力にサポートしています。この資格は、就職後の即戦力能力になりますので、就職活動において非常に有効です。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【技術】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (一種)

目標とする資格

    • IT パスポート試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 2次元CAD利用技術者試験

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    日産自動車株式会社 、 三機工業株式会社 、 株式会社岡村製作所 、 日本電産株式会社 、 株式会社日立産機システム 、 株式会社ヨロズ 、 長野計器株式会社 、 佐藤商事株式会社 、 安全自動車株式会社 、 キヤノンシステムアンドサポート株式会社 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※工学部 機械工学科(2013年4月より理工学部に改組)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒236-8501  神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL045-786-7019 (入試センター)

所在地 アクセス 地図・路線案内
横浜・金沢八景キャンパス : 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1 京急線「金沢八景駅」下車、「関東学院循環バス乗場」から京急バス 約5分 人間共生、教育、栄養、看護学部は「関東学院東」、法、経済、経営、理工、建築・環境学部は「関東学院正門」にて下車《運休期間あり》
「金沢八景駅」バス停から京急バス 約5分で「内川橋」下車、徒歩約2分。
京急線「金沢八景駅」から徒歩 15分

地図

 

路線案内


関東学院大学(私立大学/神奈川)