• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 吉備国際大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川松 桃子さん(保健医療福祉学部 社会福祉学科/精神保健福祉士)

私立大学/岡山・兵庫

キビコクサイダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

精神保健福祉士  として働く  川松 桃子さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

この仕事は、不安を抱える患者様やご家族の方の道案内。その人らしい生活を支援したい

この仕事の魅力・やりがい

認知症疾患における鑑別診断を行う専門医療機関で受診相談や対応についての相談を受けています。業務としては電話相談や面談が中心となり、患者様のご家族の方とお話をすることが多いですね。介護保険や社会制度などの説明や、ケアマネジャー、地域包括支援センターといった他職種・施設と連携を行っています。必要なサービスの調整や、報告なども行います。それらの調整を行った後で、患者様の状態が落ち着いていることを電子カルテの記載内容や、「相談に訪れなくなる」ことで知るのですが、そういった時は嬉しいですね。そこに自分が関与できた、というやりがいも感じます。

精神保健福祉士として働く川松 桃子さん

お話をする時は、信頼関係づくりを心がけています

精神保健福祉士として働く川松 桃子さん

今の仕事との出会い・きっかけ

高校では福祉科に通っていました。クラス替えがなく、3年間ずっと同じクラスメートと過ごすので、とても絆が深まる環境です。ある時、特に仲のいい友達の一人が体調を崩してしまいました。つらい思いをしている友達に対して「何もできなかった」と、私の個人的な気持ちですが、そう感じたことがあったのです。精神保健福祉士という仕事を意識したのは、その時が初めてですね。専門的な知識を身につけ、資格を取得することで友達の役に立てるかもしれない、と思いました。また、両親にはこれまで福祉科に通わせてもらったので、さらに学びを深めて福祉の道で就職をすることで恩返しができるのではないかと考えたことも、きっかけの一つです。

これからかなえたい夢・目標

精神保健福祉士は必要なサービスが受けられていないだけではなく、情報も得られずに不安を抱えている患者様やご家族の方に対して寄り添い、道案内ができる仕事。その人らしい生活が送れるように支援ができたらいいなと考えています。そのために大切なのが、さまざまな職種の方との連携。ケアマネジャーや地域包括支援センターの担当者の方などはもちろんですが、病院内の他の相談員や医師、看護師、事務の方と信頼関係を築けるよう日頃からコミュニケーションをとり、業務が円滑に進められるように心がけています。制度や法律、認知症の知識についても、もっと深めていきたいですね。

プロフィール

川松 桃子さん のプロフィール

倉敷平成病院 認知症疾患医療センター勤務/保健医療福祉学部社会福祉学科/2015年3月卒/きょうだいが吉備国際大学に通っていたことをきっかけに、社会福祉学科へ入学。在学中、思い出に残っていることは、複数の医療福祉系の学科の学生とグループを作って行う「合同演習」。一つの医療事例を取り上げ、各職種の目線で話し合うことで互いの立場や役割、考え方の違いを理解するとともに視野が広がったといいます。このほか、臨床実習先で出会った指導者の仕事の的確さや、患者はもちろん、そこで働く職員からの人望の厚さに感銘を受け、将来の目標とする人物ができたと語ってくれました。

この先輩が卒業したのは…

吉備国際大学 保健医療福祉学部 社会福祉学科

学校イメージ

福祉に関する知識や行動力を培い、生活や社会活動の場で活かすための福祉マインドを育む「福祉実践コース」。社会福祉の学びを通して、高い実践力と専門職に求められる意識を身につけ、同時に知識・技能・倫理を総合的に修得し、他職種との連携・調整するための力を養う「福祉資格コース」の2コース制。少子高齢化の進行や、社会の複雑化に伴った社会問題の深刻化を解決するソーシャルワーカーを育成します。また、地域交流と地域力の学びを目的に、高梁市本町地区の住民の方とボランティアセンターの学生スタッフ、本学科の学生が参加し、地域を元気にするための企画を行う「わっしょい高梁!のびのびサロン」などの取り組みも行っています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

吉備国際大学(私立大学/岡山・兵庫)