• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都産業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理学部
  • 物理科学科

私立大学/京都

キョウトサンギョウダイガク

物理科学科

募集人数:
40人

自然現象を解明し、物理科学の進歩に貢献できる人材を養成します

学べる学問
  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 応用物理学

    社会に役立つ新技術開発に向けて、物理学の応用研究をする

    超伝導など新しい物質の性質の研究、ミクロより小さい構造をもつ材料の研究、レーザーや光を使った計測技術、知能ロボットや生物の神経回路を真似た情報処理技術などさまざまな研究が行われている。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 半導体技術者・研究者

    ダイオードやトランジスタ、集積回路(IC)などに組み込まれている半導体に関する技術の研究や開発を行う。

    コンピュータや冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品、携帯電話など、あらゆる電気製品の小型化・高性能化に成功しているのは、半導体がチップやLSIに大量に組み込まれるようになったから。半導体技術者は、この半導体を開発し、いかに効率よく限られた基盤の中に収めるかを設計し、チェックを繰り返して製品化する。半導体を専門に扱うメーカーのほか、電気・電機メーカーはじめ、さまざまな企業が手がけている。さらに企業の枠を超えて半導体の学会で論文を発表し、大学や各種研究機関とともに研究を進める半導体研究者も多い。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • 金属・材料技術者

    さまざまな金属やセラミックなどの新素材の開発をしたり、製品の製造現場での新しい技術を開発したりする。

     モノを作る現場では、モノを作るための素材が必要になる。機械などの場合は、さまざまな金属やセラミックなどの新素材がそれ。どういう目的で、どんな形状のものを作るかという話になった際、重要なのがこの材料。目的にかなった強度や加工のしやすさ、耐久性など、材料次第でうまくいくことも失敗することもある。しかも、商品にするためには、コスト管理も欠かせない。そのような金属や材料に関しての専門知識を持ち、時には新しい素材の開発を行ったり、加工技術に工夫を凝らしたりするのが金属・材料技術者。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金(参考) 152万3500円  (※実験実習費を含む、分納制)

学科の特長

学ぶ内容

自然現象を観測・実験することで、自然現象の謎を探ります
本学科の研究対象は、素粒子の性質などあらゆる自然現象です。自然現象の謎を解明する理論の学習を軸に、観測・実験による実証を通じて専門性の高い学びに取り組みます。さらに、柔軟な発想のもとビジネスに活かせる応用力・実践力の養成にも力を注ぎます。

カリキュラム

数学や物理学の基礎的な学力を養い、ナノ、超電導などの専門領域から研究分野を選択
1年次では豊富な演習や実験を交えながら物理科学の基礎を身に付けるなど、数学と物理学の基本を学習。2年次からは1年次で築いた基礎をベースに専門科目を履修します。3年次では「統計力学」や「固体物理学」など豊富な科目から自分の興味に応じて履修し、4年次からの特別研究に向けて専門領域への理解を深めていきます。

授業

基礎的な物理学理論の学習から、より高度で専門的な実験・実習まで、幅広く多彩に学ぶ
ニュートン力学とも呼ばれる物理学の基礎科目「力学A・B」。力学、熱、光と音などの基礎実験と演習を行う「物理学実験A・演習」や、量子論や放射線などの高度な実験・演習を行う「物理学実験B・演習」。地球温暖化防止に貢献するエネルギー技術について考察する「環境科学特別研究」など、多彩な授業を用意しています。

研究テーマ

地球温暖化問題を解決する水素エネルギー社会の実現に向けた新技術を研究
水素エネルギー社会の実現に向けて、太陽電池で発電した電気を用い水電解で水素を作る自己完結型再生可能エネルギーシステムと、高圧ボンベに換えて水素吸蔵合金に水素を蓄える貯蔵技術の研究を進めています。物性・物質の基礎研究は太陽電池の電極や合金の素材開発にも活かされ、ミクロからの社会貢献をめざします。

資格

教員志望者へのサポート体制が充実。多くの学生が教員免許を取得しています
模擬授業や個別の履修指導などのほか、「採用対策セミナー」を開催。「採用対策セミナー」では、現役教員が講師となり、教員採用試験の過去問題の解き方を指導します。また、メールマガジンなどを通じ、タイムリーな情報提供を行うなど、充実したサポートを行っています。

制度

研究現場で求められるスペシャリストとしての実力を磨く「スペシャリスト支援プログラム」
本学科では、高度な専門スキルの育成をめざし、3年次より「スペシャリスト支援プログラム」を実施。第一原理から物質の電子構造が得られる「バンド計算」など、高度な計算手法を修得する「理論」や超伝導物質やカーボンナノチューブの作製などの新技術開発の基礎を修得する「実験」を、大学院の授業とも連携して学びます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 学芸員<国> 、
  • 司書<国> (図書館) 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 小学校教諭免許状<国> (1種)(佛教大学または聖徳大学の通信教育で取得可能) 、
  • 中学校教諭免許状【数学】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【数学】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    積水ハウス 、 ヤマハモーターエレクトロニクス 、 大阪ガス 、 システムリサーチ 、 京都信用金庫 、 野村證券 、 日本赤十字社 、 メイテック 、 和歌山県庁 、 大阪府教育委員会 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

理学部の実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
TEL075-705-1437(入学センター)
info-adm@star.kyoto-su.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市北区上賀茂本山 「国際会館」駅から京都バスで 約9分 「京都産大前」下車
「北大路」駅から市バス・京都バスで 約15分 「京都産大前」下車
「出町柳」駅から京都バスで 約30分 「京都産大前」下車
「二軒茶屋」駅から無料シャトルバスで 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

京都産業大学(私立大学/京都)