• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都産業大学
  • 学校の特長

私立大学/京都

キョウトサンギョウダイガク

教育方針や校風が魅力

2018年4月、「情報理工学部」誕生!(2018年4月開設予定 認可申請中)

人工知能技術によるビッグデータ解析を使った業務効率化や経済活動への応用、ロボットやドローン、自動運転車の研究開発など、多様化するこれらの技術に対応できる人材が今、求められています。新たに設置する「情報理工学部」では、これらさまざまなニーズに柔軟に対応するため、10のコース(ネットワークシステム、情報セキュリティ、データサイエンス、ロボットインタラクション、コンピュータ基盤設計、組込みシステム、デジタルファブリケーション、脳科学、メディア処理技術、情報システム)を設置し、高度な学びを展開します。学校の特長1

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

2017年4月、「現代社会学部」誕生!(2017年4月学部新設)

社会学は、社会に存在する問題を発見し、実証的調査と科学的分析により問題の本質を見きわめ、その解決策を提示する学問です。現代社会学部では、既存のしくみや価値観を新たな視点から見つめ直し、多様な人々と視点をぶつけ合いながら課題の解決に主体的に取り組みます。その結果をもとに学びを深めることで本物の知性と行動力を磨き、社会を変えるチカラを養います。現代社会学部は2学科構成で、「現代社会学科」には地域社会学コース・人間社会学コース・メディア社会学コースを設置し、それぞれの専門分野に応じた学習に取り組みます。「健康スポーツ社会学科」では、健康やスポーツを通じた活力ある社会づくりに役立つ学びを深めます。学校の特長2

歴史や伝統がある

開学以来、宇宙物理学・気象学の教育に取り組む理学部に「宇宙物理・気象学科」を新設

創設者の荒木俊馬博士が宇宙物理学・天文学の研究者であったことから、開学より宇宙物理学・天文学の教育・研究に力を入れ、全国的に「宇宙・天文が学べる私立大学」として知られる本学。学内には、口径1.3mの反射式望遠鏡や観測装置、実験・開発機器を備えた「神山天文台」も設置しています。2016年4月には、理学部に既存の「数理科学科」「物理科学科」に加えて「宇宙物理・気象学科」を新設。異常気象や地球温暖化など、人類の生存基盤を脅かす気象現象を、地球のみならず太陽系惑星も含めた広い視点から理解・解明し、解決の方策を探るという社会の要請に対し、このような課題に立ち向かう志を持った学生の育成をめざします。学校の特長3
京都産業大学(私立大学/京都)