• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都女子大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 文学部
  • 史学科

私立大学/京都

キョウトジョシダイガク

史学科

募集人数:
115人

歴史の研究を通して、「現在」への理解と「未来」を築く力を育てる

学べる学問
  • 歴史学

    日本や世界各国の歴史と文化を研究する

    人間の文化、政治、経済などの歴史上のテーマを、それがどのように起こり、どんな意味をもつのか、資料や原典にあたり、実証的に研究、現代に生かしていく学問。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 秘書

    良きパートナーとして多彩な業務で上司をサポート

    仕事内容は、補佐する上司によっても異なるが、一般的には、次の9つの業務になる。(1)スケジュール管理、(2)客の接遇、(3)文書作成と書類のファイリング、(4)事務機器の運用と管理、(5)上司の仕事の下準備と事後処理、(6)社内外の連絡・調整、(7)出張・交際などの手続きと費用の精算、(8)備品の購入、オフィス管理、(9)情報収集と整理など。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 図書館司書

    本に関する情報整理の専門家

    公共図書館の専門職員として本や資料の収集・分類整理、蔵書の貸し出し、読書指導などを行うのが仕事。学校の図書館で働くためには教員普通免許を取得し、司書教諭の講習を修了することが必要。

  • 雑誌記者

    フットワークと文章力で勝負

    雑誌の企画内容やテーマに応じて取材を行い、記事を書き上げるのが仕事。企画から関わることも多く、雑誌のターゲットである読者向けの題材や書き方が要求される。出版社の雑誌編集部や制作プロダクションに所属したり、フリーで活躍する場合も。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 大学教員

    自分の研究分野に関わる専門の講義の指導のみを行う専門講師

    大学では、教授会に所属して大学の運営などにも関わる教授・准教授などとは別に、外部から呼ばれる「講師」がいる。講師とは、一定の期間の契約を大学と交わし、自分の研究分野に関わる講義のみを行う教員だ。教授や准教授のポストの空きがなかなかなくて講師をする人もいるが、本業は別に持ち、その高い専門知識を学生に伝えてほしいと要請を受けて講師を務めるケースも多い。高校までの教員と異なり、大学の教員の場合は特別な資格は必要ではなく、あくまでも専門領域への深い造詣や知識・技能があるかどうかが重要になる。

初年度納入金:2017年度納入金 126万円 

学科の特長

学ぶ内容

日本・東洋・西洋の歴史を研究し、自分なりの歴史観を身につける
「日本史」「東洋史」「西洋史」の3コースから編成され、あらゆる時代、あらゆる地域の歴史を横断的に研究します。自ら史料を収集し、調査・分析を行うことで、自分なりの歴史観を養います。歴史を理解することで、今の世の中を理解する力、さらに未来を見通す力を身につけることができます。
優れた情報収集力と調査力・分析力が身につく
史学研究には、史料収集や史料の調査・分析を行うことが不可欠です。文献を読み、フィールドワークを行い、徹底的に情報収集を行い、膨大な情報を整理し、分析にあたります。4年間の史学研究を通じて、学生は情報収集力と調査力・分析力を自然に身につけることができます。

カリキュラム

1年次に史学を幅広く学び、2年次から自分の興味に応じてコースを選択する
1年次には史学研究の基礎知識を修得し、日本史・東洋史・西洋史の「概論」を履修します。自分の興味を見極めた上で、2年次から「日本史」「東洋史」「西洋史」の専門コースを選択。3年次に研究テーマを深め、4年次の卒業論文につなげます。コースに分かれた後も、他コースの科目を選択することができます。

授業

あらゆる時代・あらゆる地域の歴史を深く研究する講義が多数
日本史コースでは、王朝都市の成立、近世の身分と社会、京都の近代などを研究する講義があります。東洋史コースでは、シルクロード史や古代中国の王権などを研究する講義があります。西洋史コースでは、アメリカ大衆消費社会に関する講義や中世ヨーロッパ史、ローマ帝国などを研究する講義があります。

研究テーマ

各コースごとにバラエティに富んだ研究テーマがある
「平安京の研究」「幕末維新史」「古代中国の都市と王権」「中世ヨーロッパの商業」など、各コースごとにさまざまな研究テーマがあります。先輩たちの卒業論文も 「流出する浮世絵」「始皇帝の巡狩における山岳祭祀」「ローマ帝国における音楽実践の発展」など多種多様です。

クチコミ

国際的な歴史都市「京都」は、歴史遺産の宝庫
京都の東山に位置する大学の周りには、三十三間堂、清水寺、京都国立博物館など、世界遺産や文化財、史跡が多く点在します。研究内容によっては、京都という地の利をいかした文献調査やフィールドワークも行います。また希望者は、史学会の研修旅行や寺社などの見学会に参加することができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (一種) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 情報処理士

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 97.4 %

( 就職希望者数115名 )

主な就職先/内定先

    株式会社みずほフィナンシャルグループ 、 株式会社エイチ・アイ・エス 、 花王プロフェッショナル・サービス株式会社 、 株式会社京都銀行 、 株式会社志摩スペイン村 、 ソニー株式会社 、 大和ハウス工業株式会社 、 株式会社阪急阪神百貨店 、 三井物産株式会社 、 株式会社ワコール ほか

※ 2016年3月卒業生実績

●大学院進学7人●教員9人(高等学校3人、中学校4人、小学校1人、幼稚園1人)※講師採用を含む

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒605-8501 京都市東山区今熊野北日吉町35
TEL 075-531-7054(直)
nyuushi@kyoto-wu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市東山区今熊野北日吉町35 「河原町(京都府)」駅からプリンセスラインバス 約15分 京都女子大学前下車 徒歩 1分
「河原町(京都府)」駅から市バス207 約15分 東山七条下車 徒歩 5分
「京都」駅からプリンセスラインバス 約10分 京都女子大学前下車 徒歩 1分
「京都」駅から市バス206、208、または100 約10分 東山七条下車 徒歩 5分
「七条」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

京都女子大学(私立大学/京都)