デザイン学部

イラスト学科

自分の描いた絵にメッセージをのせて、人の心を動かす「イラスト」を学びます。

募 集 人 数
64人
初年度納入金
2014年度納入金 177万9000円  (※諸経費は別途必要)
※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、正確な金額については各学校にご確認ください。 →詳しくはこちら

学科の特長

学ぶ内容
雑誌、ポスター、Web、絵本、ゲーム、コミック。拡大するイラスト表現に対応する学び
「イラスト」とは、メッセージをメディアにのせて「伝える」ための表現方法です。雑誌やポスター、広告、テレビ、Webのほか、絵本やゲーム、コミックといったさまざまなメディアに対応するのがイラストの特性。その特性に対応するため、イラスト学科では「描くこと」と「伝えること」を中心に学びます。
カリキュラム
「手で描く力」「伝える力」を身につける4年間
イラスト学科では、「手で描くこと」と「伝えること」を重視し、メッセージをメディアにのせて発信し、社会とコミュニケーションをはかる表現方法を学びます。感受性やセンスといった自分の表現の核になる部分を育てると同時に、日本画や水墨画、テンペラ画、銅版画、CG、写真などの技法も習得します。
3年生より「イラスト&ブックス」「アート&デザイン」の2クラスに分かれて専門性を追求
「イラスト&ブックスクラス」は、個性を表現するイラストレーションを深めたい人、絵本というメディアで表現したい人向け。「アート&デザインクラス」は、写真やコラージュなどのデジタル加工を使ってアート表現を追求したい人、デザインを学びたい人向けのクラスです。各自の興味や進路にあわせ、より専門的に学びます。
先生
第一線で活躍する経験豊富なプロのクリエイターが教員に
客員教授として銅版画家の山本容子や、絵本作家として活躍する荒井良二が就任。そのほか、イラストレーターのスージー甘金や、多数の絵本、児童書のプロデュースを手がけてきた小野明、アーティスト、グラフィックデザイナーの角田純などから、デザインの現場で必要なスキル、考え方を学ぶことができます。
卒業後
「描くこと」「伝えること」を学び、イラストレーター、アーティスト、デザイナーとして活躍
メッセージを伝えるイラストを学んだ卒業生は、雑誌や広告、書籍、Webなどのメディアで活躍するイラストレーターになるほか、デザイナーや、アーティストなどに。また絵本やコミック作家といった進路もひらかれています。

学べる学問

  • メディア学
  • 美術
  • デザイン

目指せる仕事

  • CGデザイナー
  • 絵本作家
  • イラストレーター
  • ブックデザイナー(装丁家)
  • グラフィックデザイナー
  • アートディレクター
  • キャラクターデザイナー
  • 美術教師
  • 中学校教諭
  • 高校教諭

資格 

取得できる資格
  • 中学校教諭免許状【美術】<国> (1種)
  • 高等学校教諭免許状【美術】<国> (1種)
  • 司書<国>
  • 学芸員<国>
目標とする資格
  • Webクリエイター能力認定試験
  • アドビ認定エキスパート【ACE】
  • 色彩検定(R) (1~3級)

ほか

就職率・卒業後の進路 

・主な就職先/内定先
スーベニール、中川政七商店、イラストレーター、アーティスト、グラフィックデザイナーほか

※2013年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137 入試課
TEL:0120-075017(受験生フリーダイヤル)
nyushi@kyoto-seika.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市左京区岩倉木野町137 叡山電鉄「京都精華大前」駅から徒歩 1分
京都市営地下鉄「国際会館」駅からスクールバス 10分

地図

 

路線案内


京都精華大学(私立大学/京都)