• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都精華大学
  • 先生・教授一覧
  • 佐々木 美緒先生(教養学)

私立大学/京都

キョウトセイカダイガク

先生・教授

情報社会をスマートに生き抜く方法を教えてくれる 先生

佐々木 美緒先生

人文学部  総合人文学科

【教養学】
情報 ・図書館

現在の主な研究テーマは大学機関を中心とした専門司書(特定分野の専門知識をもった司書)の養成です。もともと音楽大学で教えていたこともあり、本学でも芸術やデザインを主専攻とする学生たちが、それぞれの専門分野を意識して、司書科目を学んでくれることを期待しています。所定の授業を受けることで司書資格は取得できますが、それだけでは実際に現場で活躍する力としては十分とはいえません。大学のカリキュラムの中で実践的な学びができるよう、学内の図書館や学外の美術館、博物館と連携して、専門司書を育成する体制づくりに取り組んでいます。現在は、専門図書館で必要となる知識や、インターンでの実現可能な実習内容について関係機関へ聞き取り調査を行っています。

専門司書は、豊富な知識をもとに情報検索を手助けしてくれる、図書館の頼れる存在です。

授業・ゼミの雰囲気

社会で起きる様々な問題は、自分に関わること。身近なこととして考えるプロセスを手助けします。

佐々木先生が担当するのは1年次の必修科目「初年次演習」。最近の授業では、新聞の時事問題を読み、問題の本質はどこにあるのかを考えました。1つの情報には様々な要素が含まれますが、私たちは情報の表面だけを流し読み、全てわかった気になりがちです。「大切なのは、1つの事象について複数の情報源から異なる観点を比較し、多様なものの見方を知ること」と話す佐々木先生。「論理的に書く」「様々な情報源から調べる」「他者の考えを理解し尊重すると共に、自分の意見を伝える」この3つの力を伸ばすことを目的に取り組んでいます。

学生との距離が近いのも特長。休み時間に研究室でおしゃべりをするのも日常の1コマです。

キミへのメッセージ

情報と向き合うことは、自分自身と向き合うことにつながっています。

誤った情報を手にしたときの違和感を大切にしてください。情報への嗅覚を磨くと、自分の気持ちにも敏感になれます。情報を自分の感情のフィルターに通すことで、自分だけの生きた言葉で語れるようになりますよ。

この先生・教授に出会えるのは…

京都精華大学 人文学部 総合人文学科

文学、歴史、社会から学び、社会で活きる力を身につける。…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
京都精華大学(私立大学/京都)