• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都造形芸術大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 芸術学部
  • 歴史遺産学科

私立大学/京都

キョウトゾウケイゲイジュツダイガク

歴史遺産学科

募集人数:
30人

文化財の保存・修復、調査研究の実践を通じて、「歴史遺産」を守り伝える一員を育む。

学べる学問
  • 歴史学

    日本や世界各国の歴史と文化を研究する

    人間の文化、政治、経済などの歴史上のテーマを、それがどのように起こり、どんな意味をもつのか、資料や原典にあたり、実証的に研究、現代に生かしていく学問。

  • 考古学

    遺跡や遺物を通じて、人の過去を探る

    古代の遺跡や遺物を題材として、文献研究や発掘、フィールドワークなどを通じて古代人の文化を研究し、人間の歴史を再構築していく学問。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 美術鑑定士

    美術品の価値を見抜くプロ

    絵や美術品を見る鑑識眼が必要。繊細な注意力とともに、絵画や美術への知識も欠かせない。多くの場合は、自ら画廊や古美術商などを経営し、美術品が商品として売れるかを判断する。芸術的価値や、商品としての価値を見抜けるかどうかがカギ。

  • 修復家

    美術品をいかに元の状態に復元させるか

    絵画や彫刻など、年代が古くなったり、何かのアクシデントによって破損したり一部消失した場合に修復する作業を担当するプロ。素材や色などを、いかに元の状態に近づけるか、残っている部分と違和感なく仕上げるのかが腕の見せどころだ。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 138万円  (入学金20万円含む。分割可能)

学科の特長

学ぶ内容

歴史遺産や文化財の保存・修復方法を研究し、当時の社会や人々の交流を知る
歴史遺産が作られた時代の素材や技法を明らかにし、科学的な知識や先端技術を駆使した保存・修復方法を研究する。また、成分の自然科学的分析から、素材が採取・生産された国や地域、日本に伝えられた経路を推測。歴史を解明し、人々の交流を知るために文化財科学・保存修復の専門技術を学ぶ。
有形・無形の文化遺産を幅広い視点から実地研究し、人間の精神を探る
年中行事や儀礼、能・狂言、舞などの芸能、茶の湯や生け花といった有形・無形の文化遺産を、フィールドワークを通して調査・研究する。また、宗教学・民俗学、文化人類学、都市社会学、建築学、美術史学など幅広い視点を活用。文化遺産が作られた背景や環境を解明し、それに込められた人間の精神を探る。

授業

フィールドワーク重視!現場主義の教育
実物の文化財を対象として教育・研究を実施。社寺、町屋、祭礼などに足を運ぶだけでなく、伝統工芸品の職人を訪ねることも。社寺や地域社会での実践経験が豊富で、幅広いジャンルのエキスパートである学科の教員とともに、学生もフィールドワークや現地調査で経験を重ね、実証的かつ実践的な研究に取り組むことができる。
テーマ別の実践演習
3年次からは歴史文化領域、文化財保存修復領域の領域別のゼミや演習を実施。「乾漆伎楽面の制作」「古文書・絵画の保存修復」「民俗文化財の調査」「寺院の古文書調査」の4クラスで行う実習を行う。現地に足を運び、文化財についての理解を深める授業は多くあり、自身の研究に活かしていくことができる。
埋蔵文化財の発掘現場に出向く実習や、美術品の保存・修復など、実践的な授業が豊富
「文化財実習」は、埋蔵文化財の記録や公開のため、発掘現場や研究施設などを見学し、現地講師から講義を受ける。「文化財演習」 では掛け軸やふすま等の装こう文化財修復の専門家から、それらの保存修復法を学ぶ。そのほか、京都の年中行事を調査する「フィールドワーク」など、実践的な授業が揃う。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (一種) 、
  • 学芸員<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    京都アニメーション 、 カプコン 、 イッセイミヤケ 、 関西テレビ放送 、 博報堂プロダクツ 、 コロプラ 、 タカラトミー 、 大和ハウス工業 、 松竹芸能 、 オリエンタルランド ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

※その他、学校教員など

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
フリーダイヤル0120-591-200
nyugaku@office.kyoto-art.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116 「京都」駅から岩倉行 市バス5系統 50分 「上終町京都造形芸大前」下車
「河原町(京都府)」駅から岩倉行 市バス5系統 30分 「上終町京都造形芸大前」下車
「河原町(京都府)」駅から上終町京都造形芸大前行 市バス上終町3系統 30分 「上終町京都造形芸大前」下車
「北大路」駅から市バス204系統循環 銀閣寺方面 15分 「上終町京都造形芸大前」下車
叡山電車「茶山」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内


京都造形芸術大学(私立大学/京都)