• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 玉川大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 農学部
  • 環境農学科

私立大学/東京

タマガワダイガク

環境農学科

募集人数:
70人

「グローバル」な視点で農業・生態系・環境を考察。持続的社会へ貢献する!

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • レンジャー(自然保護官)

    国立公園の自然を守り、適切な利用をすすめる

    自然公園法に基づく国立公園内でのホテルや道路施設などの開発許可申請の適否について審査するのがレンジャーの仕事。利用者への自然保護の解説、野生生物の保護なども大切な仕事だ。なるには、国家公務員試験にパスし、環境省に採用される以外にレンジャーになる道はない。

  • 樹木医

    老木や街路樹の診察・治療をする、木のお医者さん

    木の病気は樹種の特性によって違い、また原因も病気、虫、気象、土壌障害など実にさまざま。そのため、求められる専門知識もかなりハイレベル。樹木医になるには、樹木医研修を受けることになるが、造園業や林業関係者、大学の研究所などで7年以上の実務経験が必要だ。実際の認定者も林業に関わりを持つ人が多い。

  • 農業

    お米や野菜などさまざまな作物を生産する

    農地としての自分の土地をもち、農作物を育て、出荷する。季節や地域、周辺環境によって、つくるものがかわったり、気候や水害などの天候にも大きく影響を受けるので、長年の知識や技術の蓄積が必要。もともと家が農家の場合などが多いが、最近では、仕事をやめて都会からあえて地方にうつり、専門家の指導を受けて農業を始める人たちも出てきている。

  • 森林インストラクター

    自然とのつきあい方を教える

    樹木や草花、動物の生態に通じ、森に遊びに来る人と大自然との橋渡しをする。自然の中で行われるイベント、キャンプ、シンポジウムなどで活躍する。現状ではボランティアとしてやる人たちが多い。

  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

  • 林業技術者・研究者

    森林を守り育てるため、森林の調査・分析のほか、苗木の植え付けや枝打ち、間引き、伐採など計画的に行う。

    林業技術者は、国や都道府県、市町村の林業担当部署や、森林組合、林業を事業としている企業などの所属し、森を守り、育てている。苗木の植え付けや枝打ち、間引き、伐採などを計画的に行うことによって、自然のままに放置しておくと荒れ放題になる森林を守り、伐採によって収穫した材木を有効活用することができる。林業研究者(林学研究者)は、大学の研究室や研究機関で、樹木の科学的性質を研究したり、森林と海との関連を研究するなど、より科学的に、環境全体を見渡した研究テーマをもとに研究活動を行う。

  • 生物学研究者

    微生物からヒトまで、生命の誕生や進化、生態など独自のテーマで生物に関する研究を行う。

    地球上に1千万種以上いるといわれる生物に関して、その体の仕組みや成育の特徴など、各自のテーマを追求するのが生物学研究者。生態や体の仕組みが解明されているのはほんの一部。微生物やプランクトン、動物、植物など、すべての「生物」に注目すると、まだ地球上はわからないことだらけ。それらの調査を行い、時には実験を繰り返し、データを蓄積することで、結果的に新しい発見につながる可能性が大きい。バイオテクノロジーや免疫など、さまざまな分野での期待も大きい。

  • 環境教育指導者

    学校教育現場で、自然に触れ合う機会を設けることによって環境について勉強できるよう指導する。

    小中学校などの総合的な学習の時間に、子どもたちに自然環境に触れさせ、「環境」について考えるきっかけを与える人が、環境教育指導者。年代に応じて、遊びながら自然と親しめるようなプログラムを考えたり、野遊びや川遊びなど、日頃最近の子どもたちがあまりしなくなった遊びを一緒になって楽しみ、自然を再発見してもらおうという狙い。教員を対象としたさまざまな環境教育指導者の研修やセミナーが実施されているが、必ずしも教師でなくても、総合的な学習の時間を一緒に指導する地域のボランティアなども数多く活躍している。

初年度納入金:2017年度納入金 181万200円 

学科の特長

学ぶ内容

国内外のフィールドで生物・環境を学ぶ!
生態系を構成する生物・環境に重きを置き、国際的な視点にたって農業や環境問題に取り組むための知識・技術を修得。2年次には全員が4カ月間の海外留学プログラムに参加。語学研修はもちろん、英語による講義やフィールドワークも行う。加えて、北海道や鹿児島県、神奈川県箱根町にある大学施設を活用した実習もある。

カリキュラム

これからの環境問題に対応できる能力を身につける
生態系を構成する生物・環境を理論的、実践的に学修。「生態系科学」「持続的農学」の2領域を設置。3年次より選択。
国内外の実習により、国際社会で活躍できる人材を育成
海外(カナダ)および国内(北海道、鹿児島県、神奈川県箱根町)にある本学の施設を利用したカリキュラムにより、生物と地球環境とのつながりを体系的に理解できる能力を修得。また、国際社会の一員として協調性、寛容な態度や社会貢献の重要性を理解し、それらを生涯にわたり、向上し続ける力と国際性を身につける。

卒業後

農業関連をはじめとして、さまざまな現場で活躍できる
公務員(国家公務員・地方公務員)、農業関係団体、農業法人、農業・生物関連企業をはじめとして、環境情報系の企業、JICAなどの国際支援機構、大学院進学などが想定される。

設立の背景

「環境農学」の視点で社会問題を解決する
日本や地域社会が抱える重要課題に「農学」という学問領域を通じて果敢に取り組み、意欲と実行力のある人材を養成。実物教育、総合・学際的視点、国際性、倫理観の4つを重視する教育・研究を展開し、「環境農学」という視野で農学全般を捉えることを特色とし、鋭い視点を持つ知的好奇心旺盛な人材育成を達成する。

制度

1年次からスタートする、さまざまな「就職支援」プログラム
●FYE101・102(1年次必修)
「高校→大学」のスムーズな移行に加え、大学での4年間、社会への巣立ちに向けて、各クラス担任が指導する。
●進路開拓研修
2年次に1泊2日で開催される、合宿形式による農学部独自の進路指導研修。講師はキャリア研修の専門家を招いており、受講した学生からは大変好評を得ている。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 学芸員<国>

・ECO-TOPプログラム
・樹木医補
・環境再生医(初級)

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 98.1 %

( 就職希望者273名 )

主な就職先/内定先

    紀文食品 、 トモヱ乳業 、 日本食研ホールディングス 、 日本全薬工業 、 わかもと製薬 、 公立中学校・私立高等学校 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※2016年3月農学部(生物資源学科/生物環境システム学科/生命化学科)卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒194-8612 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL:042-739-8155

所在地 アクセス 地図・路線案内
玉川大学キャンパス : 東京都町田市玉川学園6-1-1 小田急線「玉川学園前」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

玉川大学(私立大学/東京)