• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 桐蔭横浜大学

私立大学/神奈川

トウインヨコハマダイガク

tough&intelligent。ここにあるのは「強い精神力」と「豊かな知性」。

「実学」を重視し、徹底した少人数教育や最新の設備で学生の学習をサポート。一人ひとりの秘めた将来への想いを、はっきりとした目標に変えて、その実現のための力を身につけることを目指しています。

桐蔭横浜大学の特長

学校の特長1

社会貢献度の高い分野で、一人ひとりの専門性を高めるのが目標

桐蔭横浜大学では、「個の充実」「実務家養成」「開かれた大学」「国際交流」の4つの柱を教育の特色とし、一人ひとりの「専門性を高める」ことを大きな目標に掲げています。2008年にはスポーツ健康政策学部を開設し、さらに2009年4月には医用工学部に生命医工学科を開設しました。本学の3学部・6学科では、それぞれ、法律・臨床検査・臨床工学・スポーツを中心に学びます。これらの分野は、特に人材育成が急務とされている社会的ニーズの高いものばかりです。また、カリキュラムや各種サポートの面では、学生一人ひとりの目的や個性に合わせた体制を確立し、一流の教授陣と最新設備で、質の高い教育を展開しています。

学校の特長2

2016年2月に新しい体育館が完成。広さ1,500m2のメインアリーナなどを完備

学校法人桐蔭学園50周年記念事業の一環として、新しい大学体育館が2016年2月に完成しました。大学体育館の1階には広さ1,500m2のメインアリーナにハンドボール・バスケットボール・バレーボール・バドミントンの各コートが設置、さらに可動式観客席が壁面収納されています。2階には畳260枚の広さを有する柔道場が完備され、いずれも国際試合規格に合わせた設計となっています。また2015年度4月に臨床検査技師や臨床工学技士を養成するための研究・実習を行う施設として医用工学部実習棟が完成。さらに総合グラウンドの建設中であり、教育と研究施設の一層の充実が図られています。

学校の特長3

最少10数名の講義や担任制、段階的カリキュラムなどを実施

「これぞ“TOIN流”」と言えるのが少人数・実践型教育です。少人数制に徹底してこだわり、きめ細かな指導を実現。講義によっては1年次から10数名の授業を展開します。また裁判をシミュレーションする「模擬裁判」や、臨床検査学や臨床工学を学ぶうえで大切な物理学、化学、生物学の基礎的実験を行う「工学ワークショップ」など、生の体験を通した学習も重視しています。また、最新の設備を低学年で取扱うことができるのも、本学の特長の一つ。基礎をしっかりと固め、応用へと無理なく進めるように段階的なカリキュラムを用意し、少人数制とあわせて着実に力を伸ばす教育を実践しています。

学校の特長1

社会貢献度の高い分野で、一人ひとりの専門性を高めるのが目標

桐蔭横浜大学では、「個の充実」「実務家養成」「開かれた大学」「国際交流」の4つの柱を教育の特色とし、一人ひとりの「専門性を高める」ことを大きな目標に掲げています。2008年にはスポーツ健康政策学部を開設し、さらに2009年4月には医用工学部に生命医工学科を開設しました。本学の3学部・6学科では、それぞれ、法律・臨床検査・臨床工学・スポーツを中心に学びます。これらの分野は、特に人材育成が急務とされている社会的ニーズの高いものばかりです。また、カリキュラムや各種サポートの面では、学生一人ひとりの目的や個性に合わせた体制を確立し、一流の教授陣と最新設備で、質の高い教育を展開しています。

学校の特長2

2016年2月に新しい体育館が完成。広さ1,500m2のメインアリーナなどを完備

学校法人桐蔭学園50周年記念事業の一環として、新しい大学体育館が2016年2月に完成しました。大学体育館の1階には広さ1,500m2のメインアリーナにハンドボール・バスケットボール・バレーボール・バドミントンの各コートが設置、さらに可動式観客席が壁面収納されています。2階には畳260枚の広さを有する柔道場が完備され、いずれも国際試合規格に合わせた設計となっています。また2015年度4月に臨床検査技師や臨床工学技士を養成するための研究・実習を行う施設として医用工学部実習棟が完成。さらに総合グラウンドの建設中であり、教育と研究施設の一層の充実が図られています。

学校の特長3

最少10数名の講義や担任制、段階的カリキュラムなどを実施

「これぞ“TOIN流”」と言えるのが少人数・実践型教育です。少人数制に徹底してこだわり、きめ細かな指導を実現。講義によっては1年次から10数名の授業を展開します。また裁判をシミュレーションする「模擬裁判」や、臨床検査学や臨床工学を学ぶうえで大切な物理学、化学、生物学の基礎的実験を行う「工学ワークショップ」など、生の体験を通した学習も重視しています。また、最新の設備を低学年で取扱うことができるのも、本学の特長の一つ。基礎をしっかりと固め、応用へと無理なく進めるように段階的なカリキュラムを用意し、少人数制とあわせて着実に力を伸ばす教育を実践しています。

学校の特長1

社会貢献度の高い分野で、一人ひとりの専門性を高めるのが目標

桐蔭横浜大学では、「個の充実」「実務家養成」「開かれた大学」「国際交流」の4つの柱を教育の特色とし、一人ひとりの「専門性を高める」ことを大きな目標に掲げています。2008年にはスポーツ健康政策学部を開設し、さらに2009年4月には医用工学部に生命医工学科を開設しました。本学の3学部・6学科では、それぞれ、法律・臨床検査・臨床工学・スポーツを中心に学びます。これらの分野は、特に人材育成が急務とされている社会的ニーズの高いものばかりです。また、カリキュラムや各種サポートの面では、学生一人ひとりの目的や個性に合わせた体制を確立し、一流の教授陣と最新設備で、質の高い教育を展開しています。

学校の特長2

2016年2月に新しい体育館が完成。広さ1,500m2のメインアリーナなどを完備

学校法人桐蔭学園50周年記念事業の一環として、新しい大学体育館が2016年2月に完成しました。大学体育館の1階には広さ1,500m2のメインアリーナにハンドボール・バスケットボール・バレーボール・バドミントンの各コートが設置、さらに可動式観客席が壁面収納されています。2階には畳260枚の広さを有する柔道場が完備され、いずれも国際試合規格に合わせた設計となっています。また2015年度4月に臨床検査技師や臨床工学技士を養成するための研究・実習を行う施設として医用工学部実習棟が完成。さらに総合グラウンドの建設中であり、教育と研究施設の一層の充実が図られています。

学校の特長3

最少10数名の講義や担任制、段階的カリキュラムなどを実施

「これぞ“TOIN流”」と言えるのが少人数・実践型教育です。少人数制に徹底してこだわり、きめ細かな指導を実現。講義によっては1年次から10数名の授業を展開します。また裁判をシミュレーションする「模擬裁判」や、臨床検査学や臨床工学を学ぶうえで大切な物理学、化学、生物学の基礎的実験を行う「工学ワークショップ」など、生の体験を通した学習も重視しています。また、最新の設備を低学年で取扱うことができるのも、本学の特長の一つ。基礎をしっかりと固め、応用へと無理なく進めるように段階的なカリキュラムを用意し、少人数制とあわせて着実に力を伸ばす教育を実践しています。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

桐蔭横浜大学オープンキャンパス

オープンキャンパスで直接見て、聞いて、感じることで、桐蔭横浜大学をリアルに体感することができます。 …

続きを見る

桐蔭横浜大学の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】法学部 121万2260円/医用工学部 163万260円/スポーツ健康政策学部 144万8840円

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数463名
就職希望者数368名
就職者数349名
就職率94.8%(就職者数/就職希望者数)
進学者数24名

就職支援

独自のキャリアデザインで強力バックアップします。

1、2年次から社会情勢や就職環境を知り、課題やグループワークなどを通じて社会人として必要な基礎力を身につけ、自分自身でキャリア設計を組み立てられるようになることを目指します。また、専門スタッフとキャリアカウンセラーが進路相談をはじめ、履歴書やエントリーシートの添削、模擬面接、求人情報の提供などを行っています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

桐蔭横浜大学

(入試・広報センター)

〒225-8503 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614
TEL:045-974-5423

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県横浜市青葉区鉄町1614 東急田園都市線「青葉台」駅から桐蔭学園行きバス10分、 終点下車すぐ
東急田園都市線「市が尾」駅から桐蔭学園行きバス10分、 終点下車すぐ
小田急線「柿生」駅から桐蔭学園行きバス15分、 終点下車すぐ

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
2018年度大学案内
桐蔭横浜大学(私立大学/神奈川)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    成長支援第一主義。4年間で最大800万円給付の給費生制度で未来を拓こう!

  • Photo

    126年を迎えた本学は、スポーツを通じて身心を磨き、多方面で活躍する人材を育成

  • Photo

    「文化」という視点から新しい可能性を学び、地域社会・世界で必要とされる人材を育成

  • Photo

    動物、食、環境、健康~私たちの暮らしに密接な学びで、スペシャリストをめざす!

  • Photo

    横浜の歴史と共に133年。社会に貢献できる人材育成をめざしこれからも進化し続けます

  • Photo

    スポーツへの熱い想いをかたちに!国内外で活躍できる“スポーツ人”を育成

  • Photo

    我が国のスポーツの発展に貢献する「スポーツコーディネーター」を育成します

  • Photo

    創立179年の「健康総合大学」。真のグローバル市民の育成を目指す国際教養学部を新設

  • Photo

    看護と保育を専門的&横断的に学べる環境。現場で必要とされるスペシャリストを養成!

  • Photo

    社会に貢献し、自分自身も成長できる「福祉」「保育」「心理」の専門家を養成します

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる