• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 桐蔭横浜大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医用工学部

私立大学/神奈川

トウインヨコハマダイガク

医用工学部募集人数:80人

「医学+理工学」が新時代の医療を担う「臨床検査技師」「臨床工学技士」に!

募集学科・コース

「医学+理工学」を機軸とした学びのシステムと実践的な医学系教育システムで、未来の医療を支える臨床検査技師を育成

「医療+理工学」の学びを追究し、問題解決能力を備えた臨床工学技士、「いのちと向きあうエンジニア」を育成します。

キャンパスライフShot

Photo
臨床検査技師・臨床工学技士養成のための最新の医療機器や研究機器を整備した医用工学部実習棟が2014年に完成。
Photo
医学と理工学の分野をそれぞれの専門教員が手厚くサポート。豊富な実習が学生の質を高めます。
Photo
学園に隣接する「横浜総合病院」と連携した医学系教育では、第一線で活躍する医療従事者が授業を担当。

学部の特長

学ぶ内容
生命医工学科
化学、生物学、物理学などの科学系基礎科目をベースに臨床検査技術の基礎となる生化学系専門科目と検査機器運用のための医用計測工学系・情報系専門科目を学び、医学系・臨床検査学系科目を学びます。さらに学内実習や約5か月間の臨地実習を通じて臨床検査技術を総合的に習得します。近年、医療の高度化に伴い臨床検査技師に求められる役割はますます拡大しています。新たな検査技術・検査機器に即応し、優れた分析能力を持った臨床検査技師をめざします。
臨床工学科
生命維持管理装置などの医療機器のスペシャリストになるために、臨床工学技士として必要な医学の基礎知識、医療人としての心得、主な医療機器の原理や実際の操作、それを理解するための基礎工学などについて、授業および豊富な実験・実習を通して学びます。4年次では、総合的な理解を深めるために、約1か月間の病院実習を行います。また卒業研究を通して、コミュニケーション能力や問題解決能力等を磨き、チーム医療の一員として信頼される臨床工学技士をめざします。
授業
少人数による教育体制
1学年の定員は40名と高等学校の1クラス程度。その為教員と学生との距離は自然と近く、アットホームな雰囲気の中で、学生一人ひとりに、きめ細かい指導を行っています。
資格
受験資格が得られるもの
臨床検査技師〈国〉、臨床工学技士〈国〉
目標とする資格
1種および2種ME技術者、中級および上級バイオ技術者認定試験 など
学部のプロフィール
学部の特色
最先端の理工学技術を駆使して日々進化し続ける医療技術や医療機器。それらを適切に運用するために医学はもとより、理工学の知識も習得した医療技術者が期待されています。 桐蔭横浜大学医用工学部では「医学+理工学」を基軸に、生命医工学科では臨床検査技師を、臨床工学科では臨床工学技士を養成しています。また国家試験合格に向けた支援体制も充実しており、学習支援サービス「インディ・カフェ」では個別指導が受けられます。また、大学院を併設していることも本学の特徴です。
学生支援・制度
早期卒業制度
基準の成績を満たす学生は、学部を3年間で卒業でき、大学院修士までを最短4年で修了できます。学費を抑えるだけでなく、博士課程進学や各種資格取得など更なるキャリアの追加をめざすことも可能です。

就職率・卒業後の進路 

■平成28年3月卒業生就職先
独立行政法人地域医療機能推進機構、東京都立小児総合医療センター、ビー・エム・エル、LSIメディエンス、ニプロ医工、東京女子医科大学病院、藤沢湘南台病院、横浜第一病院、横須賀共済病院 他

問い合わせ先・所在地

〒225-8503 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614
045-974-5423 

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県横浜市青葉区鉄町1614 東急田園都市線「青葉台」駅から桐蔭学園行きバス10分、 終点下車すぐ
東急田園都市線「市が尾」駅から桐蔭学園行きバス10分、 終点下車すぐ
小田急線「柿生」駅から桐蔭学園行きバス15分、 終点下車すぐ

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

桐蔭横浜大学(私立大学/神奈川)