• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 金沢医科大学
  • 学校の特長

私立大学/石川

カナザワイカダイガク

施設・設備が充実

教育の充実と研究拠点を担う施設を設置し、これからの医療を支えます

これからの医療を築いていく人材を育成し、同時に研究も進展させていくための施設が充実しています。例えば、人材育成面での拠点となるのが、「医学教育センター」です。同センターでは、授業の改善や教育効果の検証、教材開発など、臨床前教育から臨床実習への過程で効果的に、学生たちの学びをサポートしています。一方、「総合医学研究所」は、生命科学研究領域、先端医療研究領域、プロジェクト研究センター、共同利用センターの計4部門で、臨床と直結した先進的な医療研究が日々、進められています。このほかにも、再生医療分野での高度人材育成をめざす「再生医療センター」などを備えています。学校の特長1

資格取得に有利

看護学部では4年間で保健師又は助産師国家試験受験資格取得可(選択制)

医学部は6年間で医師国家試験、看護学部は4年間で看護師国家試験及び保健師国家試験(選択者のみ)又は助産師国家試験(選択者のみ)の受験資格を得ることができます。本学では、これら国家試験の合格に向けて、学生一人ひとりをサポートしています。さらに、看護学部では、保健師国家試験に合格後、申請することで、養護教諭2種免許状と第一種衛生管理者免許を取得することができます。学校の特長2

就職に強い

医学部卒業生約3900人が国内外の医療機関で活躍中!

本学は、開学から40年以上にわたって、「倫理に徹した人間性豊かな良医の育成」を教育の基本に掲げてきました。この方針のもと、本学を巣立っていった卒業生約3900人は、金沢医科大学病院をはじめ、国内外の医療機関で活躍しています。看護学部でも、前身の金沢医科大学附属看護専門学校の頃から地域や医療界と築いてきたネットワークがあり、卒業後は看護師・保健師・助産師として、金沢医科大学病院、金沢医科大学氷見市民病院、医療機関、訪問看護ステーション、介護福祉施設、保健所、市町村の保健センターなどで活躍しています。学校の特長3
金沢医科大学(私立大学/石川)