• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 九州産業大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山下 晃季さん(建築都市工学部/建築士)

私立大学/福岡

キュウシュウサンギョウダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

建築士  として働く  山下 晃季さん  にインタビュー!

  • 住宅・建設業界
  • その他専門職
  • モノを作るのが好き
インタビュー

夢はコンペ優勝&海外進出!“イメージを形にする”のが設計の醍醐味です。

この仕事の魅力・やりがい

設計士として主に公共物件を担当しています。この2年間で高校の武道場や公共複合施設のレストラン、堆肥センターなどの設計を担当しました。設計の仕事は施主とレイアウトを決めていく基本設計、建具や仕上の納まりなど建築物の詳細を決めていく実施設計の段階を踏みます。その後、着工に入ると監理業務といって、施工現場の監理を行っていきます。施主である行政と施工業者の間で、工程や仕上げの色決め、また、コストマネジメントを行うのも大切な業務です。なかでも一番面白さを感じるのは基本設計。施主の要望を聞きながら、イメージを膨らませていく作業はワクワクしますし、そのイメージを形にしていくことにやりがいを感じます。

建築士として働く山下 晃季さん

設計は毎回楽しく、時間もいつのまにか過ぎています

建築士として働く山下 晃季さん
私の学生時代!

設計から竣工までは綿密な打ち合わせを重ねます

私の学生時代!

とにかく建築学科の勉強にのめりこんだ4年間でした。実は2年次まで設計士を目指すことに不安や疑問を感じていましたが、そんな気持ちを吹き飛ばしてくれたのが3年次から始まった研究室活動。大きな転機となったのが研究室のメンバーで参加した「福岡デザインレビュー」でした。これは建築・都市デザインに関わる学生が作品を発表し、第一線で活躍するプロ達に講評してもらうもの。何日か徹夜して、メンバーとの合作を仕上げました。評価は厳しい面もありましたが、「やりたいことをやれるだけやった!」という達成感は何物にも代え難いものでした。この研究室での経験があったからこそ、設計の難しさや面白さに気付くことができました。

これからかなえたい夢・目標

図面から建築模型を製作し、イメージをより具体的に

これからかなえたい夢・目標

目標は一級建築士の資格を取得すること。受験に必要な2年の実務経験を積んだので、今度挑戦する予定です。でも、それはあくまで通過点。その後はもっと実力をつけて、建築関連のコンペに参加するつもりです。コンペの内容やテーマは様々で、公園の改築や総合運動公園など公共物件に関するものも実施されています。もちろん参加するからには、優勝を勝ち取るぐらいの気持ちで挑みます。そういったコンペに参加することは、自分の力を試すだけでなく、次の仕事にも繋がりますから。そして、最終的な目標として掲げているのが、海外への進出。1つでも海外で物件を手がけることができれば、自分にとって大きな一歩になると思います。

プロフィール

山下 晃季さん のプロフィール

美音SpaceDesign株式会社/工学部 建築学科/2013年3月卒/鹿児島生まれ福岡育ち。子どもの頃、父の仕事の都合で多くの引っ越しを経験。その影響もあり、「自分の家」を持ちたい、設計したい、という夢を持つようになる。彼いわく「設計を学びたい人には魅力的であり、ものづくりをしたい人へのバックアップが心強い」と語る同学へ。現役の設計士などの講師陣から設計の楽しさを学び、建築の勉強にどっぷり浸かる学生時代を過ごす。就職活動を始めた当初は、営業の仕事なども視野に入れたが、「本当にやりたいことはそれなのか」という父の言葉から一念発起。大学に求人が来ていた同社へ就職。現在は同学OBである代表のもと、沖縄で働いている。

この先輩が卒業したのは…

九州産業大学 建築都市工学部

学校イメージ

西日本で初めての建築系学部です。これまで、分野、資格、法律などが縦割りに分断されていた建築、住居・インテリア、都市・土木の3領域を総合的に扱うことで、課題解決への可能性が大きく広がります。「住環境・インテリア」から「国土基盤」までの幅広い空間デザインを学びます。「空家の再活用とリノベーション」「まちの再生」「都市防災」などの地域貢献を目的としたプロジェクト型教育により、実践的な技術力を修得できます。インフラ整備、建築設計、住宅づくりのいずれにも対応できる幅広い技術力を備えた、地域から信頼される技術者を目指します。また、建築士資格をはじめ、各学科の専門性をいかした資格取得をサポートします。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

九州産業大学(私立大学/福岡)