• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都光華女子大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 三谷 絵里奈さん(健康科学部 健康栄養学科/管理栄養士)

私立大学/京都

キョウトコウカジョシダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

管理栄養士  として働く  三谷 絵里奈さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

食を通じて病気と闘う患者さんをサポート。食事の時の笑顔が、私の頑張るエネルギー

この仕事の魅力・やりがい

京都の洛西シミズ病院で、管理栄養士として働き始めて1年。今は電話応対や入院患者さんにお出しする食事の最終点検がメインの仕事。上司や先輩のように病状にあった献立を考えたり、栄養指導をするといった仕事ができるようになるには、もっともっと勉強が必要です。それでもお正月や節分の日に心を込めて盛りつけをした食事を、患者さんが「おいしい、おいしい」といって笑顔で食べていらっしゃるのを見た時は、自分まで幸せを感じました。「病気と闘う患者さんたちに、喜んでもらえるおいしい食事を作りたい」という思いで、病院の管理栄養士を目指し就活に走り回った頃の記憶が蘇って、頑張る気持ちがさらに湧き出てきました。

管理栄養士として働く三谷 絵里奈さん

先輩のように誰からも信頼される管理栄養士が今の目標

管理栄養士として働く三谷 絵里奈さん
私の学生時代!

事務仕事も大切。一つひとつ丁寧に取り組んでいます

私の学生時代!

京都光華女子大学での4年間は、楽しかった思い出しかありません。オープンキャンパスや新入生一泊研修のスタッフとして、進路に悩む高校生の相談に応じたり、新入生を迎える企画を一生懸命に考えたりしたこと。アメリカの大学で栄養士の仕事や文化を学んだこと。すべてが私にとって宝物です。2度の病院実習も忘れられません。その頃、将来の進路をまだ決めかねていた私。でも病院実習で栄養士の方が栄養指導されている姿に触れ、入院患者さんが毎日どんな思いで過ごされているのかを知り、患者さんに寄り添って心のケアにも貢献できる病院の管理栄養士になろうと心に決めました。

これからかなえたい夢・目標

先輩は知識が豊富で仕事も速い。見習うことがいっぱい

これからかなえたい夢・目標

洛西シミズ病院には、私の他に2人の管理栄養士の先輩がいらっしゃいます。先輩は経験豊富で、専門知識も私とは比べものにならないくらい。看護師の方が患者さんのことで、「全然ご飯を食べてくれない」「飲み込みが良くなくて」と相談に来られる時も、「この方の状態なら、こういう食事に変えてみたら」と根拠をきちんと示しながら、改善の方法を提案されます。そんな姿を見ていると、自分がまだまだ未熟なことを思い知らされ、事務や食事の点検など、今任されている業務を早く完璧にこなせるようになって、先輩のように誰からも信頼される管理栄養士になりたいという気持ちをあらためて強く感じています。

プロフィール

三谷 絵里奈さん のプロフィール

シミズ病院グループ 医療法人清仁会 洛西シミズ病院勤務/健康科学部 健康栄養学科 管理栄養士専攻/2015年3月卒/祖父が脳梗塞で倒れたのがキッカケで食生活が病気と深くかかわっていることを実感し、管理栄養士を志す。京都光華女子大学を選んだのは、何度も足を運んだオープンキャンパスで学生と教員との間のアットホームな雰囲気に惹かれたから。学生時代は、オープンキャンパスや新入生一泊研修の企画運営にスタッフとして参加。「アメリカ栄養士研修」や海外留学生との交流会を通じて異文化に触れる。管理栄養士の国家試験では友人たちと励まし合いながら勉強。「一緒に頑張る友人や、支えてくれる先生方がいたから今の自分がある」と話す。

この先輩が卒業したのは…

京都光華女子大学 健康科学部 健康栄養学科

学校イメージ

少人数制によるきめ細かい教育指導と体験型学習が特色の京都光華女子大学。その中で「健康科学部健康栄養学科管理栄養士専攻」は、病院・学校などで栄養指導や給食管理にあたる「管理栄養士」(国家資格)を養成する専攻です。入学直後から、「管理栄養士」の国家試験にむけた個別指導を実施。出願分野別の国家試験対策の授業で実力を養うとともに、定期的に模擬試験を行って到達度を確認する一方、2年間の長期にわたる調理実習や学外施設での臨地実習で実践力を養い、国家試験の現役合格をめざします。また市販食品の成分や食品添加物の分析を通じて管理栄養士に必須の化学知識も楽しく学習。栄養管理のスペシャリストを育成します。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

京都光華女子大学(私立大学/京都)