• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 広島工業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 電子情報工学科

私立大学/広島

ヒロシマコウギョウダイガク

電子情報工学科

募集人数:
70人

時代をリードする最先端の電気技術者を育成する

学べる学問
  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    電磁気学、電子工学などを基礎とし、有線・無線通信、光通信などの通信技術を研究・開発する。音声や画像の新しい伝送技術の研究が注目されている。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 電気工事士

    電気配線工事を一手に引き受ける

    電気工事士には第1種と第2種があり、それぞれ工事範囲が決められている。第2種は、一般家屋の屋内配線や電気照明の設備取りつけが主な仕事。第1種は、大規模な工事や工場やデパートなどの構内配線、変電室の配電など変電電力の大きい設備の工事を手がけることができる。第1種、2種ともに学歴、年齢、経験などの受験制限はない。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 通信技術者

    新しい通信技術や通信ネットワークの開発者

    携帯電話をはじめ、身のまわりの通信機器をみるだけでも日々新しい技術が導入され進歩を続けている。そんな通信の世界で、より進んだ技術を生み出し、高度で便利なネットワークを生み出していく。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2018年度納入金 161万3000円  (入学金25万円含む)

学科の特長

学ぶ内容

あらゆる電化製品の核となる電子技術を学び、情報社会の発展に寄与できるエンジニアに
世の中にあるさまざまな機器には、センサなどの小型デバイスをはじめ、制御用の小型コンピュータが組み込まれています。また、施設などにはネットワークやコンピュータシステムなどが用いられ、便利な生活を支えています。本学科では、こうした最先端の電子技術や情報技術に対応し、IT社会を支える新しい技術を修得します。

カリキュラム

「デバイス」「回路・コンピュータ」「情報通信」を柱に学びを深め、専門知識と技術を広く修得
物性とシステム設計の双方向で理解できる知識を修得する「電子デバイス分野」、コンピュータに関するハード・ソフト両面の専門知識を修得する「回路・コンピュータ分野」、デバイスや回路を機能させるための情報通信の専門技術を身につける「情報通信分野」。3分野で学びを深め、社会のニーズに対応できる力を獲得します。

ゼミ

太陽光や照明、振動や熱など身近にあるわずかなエネルギーを電力に変換・活用する
デジタル機器の頭脳である、LSI(大規模集積回路)の低消費電力設計に取り組む升井ゼミ。自然界にあるエネルギーを電力に変換し、活用するバッテリーレスのセンサーネットワークの構築が最終目的です。電子回路の知識や技術はもちろん、協力して成果を生み出す経験を通して、ものづくりの総合力やチームワークを学びます。
可視光通信を活用した情報収集で、視覚障がい者や高齢者の自律移動を支援する
例えば、極端に視力が低い人が初めて訪れた商業施設で目的の場所に辿りつくにはどうすればよいか。スマホを周囲の景色にかざすことでスマホが標識を認識し、目的の場所へ誘導してくれたらより快適に移動ができるでしょう。このような技術の実現をめざす荒木ゼミの研究テーマのひとつが、可視光通信を活用した情報収集です。
安価・安全をテーマに、希少金属に替わる素材を模索する
液晶ディスプレイなどに使用される「透明導電膜」。ここには、インジウムという希少金属を使っています。豊田ゼミでは、これを代用できる安価で安全な材料がないかを研究中。現在は酸化亜鉛を使用し、実験やデータ収集に熱意を注いでいます。研究に対する姿勢や厳しさを自ら示す豊田先生を慕って集まる学生も多いゼミです。

卒業後

情報や通信技術のプロフェッショナルとして、情報サービス業など多方面で活躍
卒業生は製造業、情報通信業、卸売・小売業など、幅広い分野で活躍しています。特に情報サービス分野への就職が多くを占めているのが特徴。コンピュータシステムや通信システムなどの分野で、スペシャリストとして力を発揮しています。また、電子デバイス生産システムの開発や設計・製造など、分野は多岐にわたります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (一種) 、
  • 無線従事者<国> (第1級陸上特殊無線技士、第2級海上特殊無線技士) 、
  • 電気通信主任技術者<国>

受験資格が得られる資格

  • 技術士補<国> (試験科目免除)

目標とする資格

    • 技術士<国> 、
    • 建築設備士<国> (実務経験2年以上) 、
    • 建築施工管理技士<国> (1級:実務経験3年以上、2級:実務経験1年以上で受験可能)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    エヌ・ティ・ティ・データ・カスタマサービス株式会社 、 株式会社エネルギア・コミュニケーションズ 、 株式会社協和エクシオ 、 JFEスチール株式会社(西日本製鉄所) 、 西日本旅客鉄道株式会社 、 株式会社日立ソリューションズ 、 株式会社熊平製作所 、 広島県教育委員会 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒731-5193 広島市佐伯区三宅2-1-1
フリーダイヤル 0120-165215

所在地 アクセス 地図・路線案内
広島県広島市佐伯区三宅2丁目1-1 「五日市」駅からスクールバス 12分
「山陽女子大前」駅から徒歩 15分
「楽々園」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内


広島工業大学(私立大学/広島)