• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 広島工業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 情報学部
  • 知的情報システム学科

私立大学/広島

ヒロシマコウギョウダイガク

知的情報システム学科

募集人数:
100人

情報システムを高次元で活用できるハイレベルな技術者を育てる

学べる学問
  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    電磁気学、電子工学などを基礎とし、有線・無線通信、光通信などの通信技術を研究・開発する。音声や画像の新しい伝送技術の研究が注目されている。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • 情報工学研究者

    大学や専門の研究機関で、コンピュータや情報機器などに関する専門的な研究・開発を行う。

    コンピュータやさまざまな情報機器の現状を踏まえ、さらに将来的にどのように進化していくか、科学的に研究する。テーマはそれぞれの研究者が専門にこだわった研究を行っている。例えば「情報」をどのように解析させていけばいいか、その手順についての研究を行う人もいる一方で、ロボットと人とのコミュニケーションに注目して「情報」をどのように捉えていくかを研究している人もいる。また、あらゆる場面でコンピュータが使われている社会がどのような変貌を遂げていくか、人にどのような影響をもたらすかを考察している研究者もいる。

  • アプリケーションエンジニア

    企業の情報システムを構成する個別システムの設計・開発を担当

    コンサルティング会社やシステム開発を行うIT系企業が、顧客(企業)に対して新たな情報システムを提案する際、システム全体の大まかな企画・設計はシステムコンサルタントやシステムアナリストが担当する。ただし、企業の情報システムは数多くのシステムの集合体なので、個別のシステムをどう設計するかも重要。この個別のシステムの設計・開発を担当するのがアプリケーションエンジニアだ。システムの役割や目的を理解し、適切な設計をして、システムエンジニア、プログラマーなどで構成される開発チームに指示をするのが仕事。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2018年度納入金 161万3000円  (入学金25万円含む)

学科の特長

学ぶ内容

情報の高度利用とマネジメントに関する情報科学分野を幅広く学修
「情報処理」「情報システム技術」「経営情報科学」を横断的に学び、情報システム開発技術に加えこれら要素技術をマネジメントする顧客満足と費用対効果の考え方を修得します。システムエンジニアとして必要な組織的情報活動のシステム化支援など論理思考で問題解決を図ることができる高度な技術力と幅広い知識を養います。

カリキュラム

システム開発、コンピュータグラフィックス、e-コマースなど社会を支える情報システムを学修
情報システムの企画、設計、開発、運用に関わる知識と問題解決応用能力を学修域とし、「コンピュータシステム」「アルゴリズム」「プログラミング」「データベース」「情報システム開発技法」「組織と情報システム」「プロジェクト管理」「技術経営」の基盤に加え「情報システム実践」を通して実習体験的に学修します。

ゼミ

ビジネスの知識や、仕組みをゲーム形式で学べるボードゲームを開発
中島ゼミでは、まずビジネスの土台となる簿記を学修し、利益の構造を理解します。その後は学生が自身の興味や志向に合わせ「宅配便会社経営」「商品先物取引」などテーマを選び、自ら学修。試行錯誤を繰り返し、ゲームの企画書やツールを制作します。ゲーム開発を通して、物事の考え方や協調性を身につけることができます。
機械と人間の関係性を科学し、ITを用いたコミュニケーションにチャレンジする
ロボットやぬいぐるみなどの擬人的媒体を用いることで、脳の中の非言語コミュニケーション領域と言語野が活性化するという実験結果が出ています。安部ゼミでは、着ぐるみを着せたスマートフォンを使用した高齢者対話支援アプリを開発。アイデアと技術を活かし、世の中の「不」を解消するやりがいを感じることができます。
機械に復元パターンを学修させ、ボケてしまった画像を鮮明な画像に復元する
機械の学習機能をパターン認識に応用し、数学的手法で画像を復元・再構成する画像処理技術の研究・開発に取り組む寺西ゼミ。復元に必要な情報が少ない悪条件下で正確な画像再構成が可能になれば、古文書の文字を自動認識して解読することや、ウィルスの立体構造の解明など、さまざまな分野での活用が期待されます。

卒業後

「情報のスペシャリスト」として製造・流通など多様な分野で活躍。自ら起業も可能
情報サービス業を中心に、製造業・流通業・金融業など多種多様な分野で卒業生が活躍中。ITパスポート試験・基本情報技術者試験・応用情報技術者試験など主要な国家資格を取得したスペシャリストへのニーズは拡大しています。本学科では企業経営・マネジメントも学べるため、自ら起業することも可能です。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (一種)

受験資格が得られる資格

  • 技術士補<国>

目標とする資格

    • 技術士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    NECフィールディング株式会社 、 株式会社NTTフィールドテクノ 、 株式会社エネルギア・コミュニケーションズ 、 株式会社OKIソフトウェア 、 株式会社日立システムズ 、 株式会社日立ソリューションズ西日本 、 株式会社広島銀行 、 富士通エフ・アイ・ピー株式会社 、 広島信用金庫 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒731-5193 広島市佐伯区三宅2-1-1
フリーダイヤル 0120-165215

所在地 アクセス 地図・路線案内
広島県広島市佐伯区三宅2丁目1-1 「五日市」駅からスクールバス 12分
「山陽女子大前」駅から徒歩 15分
「楽々園」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

広島工業大学(私立大学/広島)