• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 広島女学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 人文学部
  • 日本文化学科(仮称)

私立大学/広島

ヒロシマジョガクインダイガク

< 人文学部(2018年4月設置予定(構想中))

日本文化学科(仮称)(2018年4月設置予定(構想中))

募集人数:
40人

実社会で役立つ国語力を高め、国語科教員としての力を磨き、日本の文化を発信する力を身につけます。

学べる学問
  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 図書館情報学

    IT時代の図書館や知的情報の蓄積・整理について研究する

    図書館運用に関わる知識を身につけると当時に、IT技術を活用して図書館に集積した膨大な情報や社会の知的情報の蓄積・整理について研究し、情報の有効活用に貢献する。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 語学(日本語)

    日本語によるコミュニケーションについて研究する

    日本語の成り立ちや構造、活用法などを国際的な視点から研究する学問。言語の背景となる文化や思想、社会とのかかわり、外国人向けの日本語教育などが研究分野になる。

  • 日本文学

    古代から現代まで、あらゆる日本の文学作品を学ぶ

    日本文学の作品を読み、テーマや文体などの研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会、人間そのものを研究する。

  • 児童文学

    日本や外国の児童文学を研究し、創作する

    童話や昔話など、児童を対象にした文学と、児童文学の読み手である児童の心理や言葉の発達などについて研究する。児童文学を創作することもある。

  • 文芸学

    作品や作家を研究したり。自らの創作能力を磨く

    文学を芸術の一分野、言語芸術としてとらえ、小説、詩、評論などの作品を通して考察し、自ら創作していく学問。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 日本語教師

    外国人に日本語を教える

    外国人に日本語を教える専門教員。単に日本語を教えるだけではなく、一般教養や日本語教育に関する知識、日本の事情に関する知識、また教える相手の外国語および外国事情の知識なども求められる。語感の鋭さや、人柄などの適性も必要。

  • アナウンサー

    ニュースやスポーツ実況などを、正しい発声法と美しい言葉で伝える

    ニュース原稿を読むことから、番組のナレーターや司会、スポーツなどの実況中継まで仕事の領域は広い。TV・ラジオ局に勤務する局アナと、プロダクションに所属またはフリーのタイプある。

  • 編集者

    本や雑誌の企画・編集から取材まで

    書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル。企画を立て、執筆者やカメラマン、デザイナーに仕事を依頼し、それをまとめるのはもちろん、印刷所との折衝など、本が完成するまでの全工程に携わる。

  • 図書館司書

    本に関する情報整理の専門家

    公共図書館の専門職員として本や資料の収集・分類整理、蔵書の貸し出し、読書指導などを行うのが仕事。学校の図書館で働くためには教員普通免許を取得し、司書教諭の講習を修了することが必要。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 学校職員

    大学・短大、専門学校をはじめ、各種スクールなどで事務や経理などの実務から、学校経営・運営などを行う。

    学校もひとつの法人。どれだけの生徒を集め、いかに運営していくかは重要なポイント。生徒募集のための広報や入学、履修、就職などの各種手続き業務、教員との連絡、経理、大学で働く人の人事・労務管理など、さまざまな仕事がある。学生数が減少している現在は特に、いかに無駄のない運営をするか、学校の特色を効果的に打ち出すかなど、学校職員が重要な役割を担うようになっている。

  • 教育学研究者

    よりよい学校のあり方を研究し、各教科の教育指導方法や心理学的な学習方法なども研究する。

    現在の教育現場で起こっている問題を分析し、また過去の教育のあり方を調べ、よりよい教育はどのようなものか、学校はどうあるべきかということを研究する。また一方では、各教科の教育指導方法や心理学的な学習方法についても現状を調査・分析し、どのような指導方法、学習方法がふさわしいのかといったことも研究する。それぞれの研究者が、自分の研究テーマをもとに「教育」を調べ、論文として発表し、学会などで討議される。大学や国の研究機関、民間の教育研究所などで活躍する。

  • 大学教員

    自分の研究分野に関わる専門の講義の指導のみを行う専門講師

    大学では、教授会に所属して大学の運営などにも関わる教授・准教授などとは別に、外部から呼ばれる「講師」がいる。講師とは、一定の期間の契約を大学と交わし、自分の研究分野に関わる講義のみを行う教員だ。教授や准教授のポストの空きがなかなかなくて講師をする人もいるが、本業は別に持ち、その高い専門知識を学生に伝えてほしいと要請を受けて講師を務めるケースも多い。高校までの教員と異なり、大学の教員の場合は特別な資格は必要ではなく、あくまでも専門領域への深い造詣や知識・技能があるかどうかが重要になる。

初年度納入金:2018年度納入金(予定) 131万円  (入学金25万円を含む)

学科の特長

学ぶ内容

言葉の力を高め、日本を世界に発信する
日本文学や文化を深く理解すると同時に、読む・書く・聞く・話すといった国語力を高め、実社会で求められるコミュニケーション能力や国語科教員としての力を磨き、日本固有の文化を世界や地域に発信する力を身につけます。

カリキュラム

日本の文化を世界に発信する視点と力を養う「実践の場」
国内フィールドワークで日本文化への理解を深めるとともに、海外研修、留学、「日本を伝える英語I・II」の授業、本学に在籍する留学生の日本語学修サポートを通して、他国との違いを体感。日本の文化を深く理解し、発信する力を養います。

実習

「日本文化フィールドワーク」「日本語フィールドワーク」で日本文学と日本語の世界を探究
「言語とコミュニケーション」では、日本語のコミュニケーションについて考える中で、日本語の多様性と多文化共生社会における日本語について理解を深めます。「日本文化フィールドワーク」では、京都や松山などを訪れ、日本文学の舞台を探訪。「日本語フィールドワーク」では、方言や古文書の調査に出かけます。

研究テーマ

奥が深い、多種多様な研究テーマ
古代から現代に至るまでの多様な文学作品や作家についての研究、「は」と「が」の違いや初対面の人とのコミュニケーションの研究、様々な国語科教材の授業実践の在り方や板書、ノート指導、発問などの国語科教師の指導技術の研究など、各自の興味・関心と問題意識にそって研究を進めていきます。

卒業後

日本文学の素養と日本語の力を生かした進路をめざします
・日本語教員として、外国人に日本語を教え、日本文学を伝えます。
・国語科教員として中学校・高等学校の教壇に立ちます。
・アナウンサーとしてニュースを伝え、地域からのリポートを発信します。
・出版社で、本の編集に携わります。
・図書館司書として、読書の楽しさを伝えます。

資格

高い合格率を実現する、教員採用試験対策
中学校・高等学校教員(国語)をめざすことが可能。教員採用試験合格に向けて万全のサポート体制を整えています。講義、過去問対策、模擬授業、面接指導を組み合わせた独自の対策プログラムにより、現役合格をサポートします。加えて、少人数のゼミ方式の授業を導入し、学生同士が教えあうことで、さらに理解を深めます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【国語】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【国語】<国> (一種) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 司書<国>

日本語教員養成課程修了証書

※<国>は国家資格

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    広島県中学校教員、大阪府中学校教員 、 (独)国際交流基金 アジアセンター 、 広島信用金庫、(株)レナウン、(株)オンワード樫山 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

中高教員(国語)、アナウンサー、出版関連企業、日本語教員、図書館司書など(旧学部・学科実績)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒732-0063 広島市東区牛田東4-13-1
TEL:082-228-8365
nyushi@gaines.hju.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
広島県広島市東区牛田東4-13-1 JR「広島」駅から広電バス5号線牛田早稲田行15分 女学院大学前下車 徒歩1分
アストラムライン「本通」駅から広電バス6号線牛田早稲田行20分 女学院大学前下車 徒歩1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

広島女学院大学(私立大学/広島)