• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 広島国際学院大学

私立大学/広島

広島国際学院大学

ヒロシマコクサイガクインダイガク

学校photo

実践力重視のカリキュラムにより、地元広島や地域で活躍できる人材を育成します。

実験実習を取り入れた実学重視のカリキュラムを導入するとともに、資格取得も奨励。さらに、文化・スポーツ・ボランティア活動を通して人間力を向上させ、地域社会で活躍できる人材に成長できるよう支援しています。

広島国際学院大学の特長

文理融合のカリキュラムにより、専門分野と幅広い教養を修得します

文系、理系分野を有する本学では、専門分野により、進化した学びを実践しています。工学部では、電気・機械・情報などの分野を学び、ものづくりの楽しさを体感することで実践的技術力を修得します。情報文化学部では、ソーシャルメディア・デジタルコンテンツ・デザイン・経営・国際化・福祉などの分野を学び、社会と情報をつなぐスキルや考え方を修得します。また、総合教育センターを設け、各学部で必要な基礎学力を補い、さらに社会人となるための基礎的な力を養うことで、社会において即戦力として活躍できる資質を身につけます。

最新鋭の施設・設備を備え、実験・実習がますます充実!

アクセスの良い立地の中野キャンパスには、「高純度金属の精製」とその「物性測定」を行うハイテク・リサーチ・センターを設置し、アルミニウムの高純度化では世界トップクラス(7N)を実現。地域企業も注目する本大学のオンリーワン技術を確立しました。その他には、ゲーム室やパソコンルームを整備し、Windowsはもちろん、プロデザイナー御用達のMacintoshも備えています。図書館では、専門書や雑誌、マンガなど約18万冊を保有し、さらにはAV施設やセミナールームを設け、学びをサポート。学生の憩いの場となる学生会館には売店や食堂を備え、各種定食やバイキングなどで学生生活を盛り上げます。

充実の奨学制度により、学びを経済面からバックアップ!

一般的に大学の学費はかなりの負担。そこで本大学では、経済的な面から皆さんをサポートする奨学制度を多数備えています。「スカラーシップ奨学制度」は、入試の段階で奨学生へ応募し受験が必要。採用されると学費を半額または全額免除する制度です。次に、本人条件と家計条件を満たした者が応募できる「修学支援奨学制度」では、1年次は学費を半額、2~4年次は学費を25%免除することで修学を支援します。遠方から入学し下宿等から通学する者が対象となる「遠隔地修学支援奨学制度」では、最大2年間、月額3万円を給付します。その他にも独自の奨学制度がたくさん。ぜひ活用してください。

広島国際学院大学の学部・学科・コース

入試情報

実施している入試一覧

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】工学部/152万2900円、情報文化学部/118万2900円~132万2900円
(いずれも入学金などの諸費を含む)

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試課

〒739-0321 広島市安芸区中野6-20-1
TEL:082-820-2524

所在地 アクセス 地図・路線案内
中野キャンパス : 広島県広島市安芸区中野6-20-1 「中野東」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内

上瀬野キャンパス : 広島県広島市安芸区上瀬野町517-1 「瀬野」駅から北口発スクールバス 17分

地図

 

路線案内

広島国際学院大学(私立大学/広島)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    6つのキャンパスに医学から芸術分野までを集積した、西日本最大級の総合大学。

  • Photo

    学修成果を可視化するシステムを再構築。「能動的・自主的な学び」で意欲を育てます。

  • Photo

    一人ひとりに向き合い、生きぬく力を育む“確かな教育”

  • Photo

    社会で活用できる高度なテクノロジーを身につけた、未来を担う創造的エンジニアを育成

  • Photo

    ひとと共に歩み、こころに届く医療を実践する専門職業人を育成します。

  • Photo

    2016年4月教育学科開設、2017年4月健康科学部(心理学科・健康栄養学科)設置構想中

  • Photo

    医療系分野と教育・保育分野の学びの連携による総合力で、お互いの利点を取り入れる

  • Photo

    看護・教育・音楽・福祉・グローバルビジネスの専門分野で夢を実現!

  • Photo

    その一歩が未来につながる。学生の成長を応援する環境で学び、社会で活躍できる人材に

  • Photo

    充実の環境がキミをサポート。「人間力」と「専門力」を磨き、社会で通用する力を養う

次へ