• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 皇學館大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 文学部
  • 書道・漢文学コース

私立大学/三重

皇學館大学

コウガッカンダイガク

書道・漢文学コース

古典作品より書体や書法とその背景にある時代や地域性を学び書への理解を深め、漢文作品にも触れ中国文化も学びます。

学べる学問
  • 文化人類学

    世界の文化から、特性や相互関係を調査する

    さまざまな民族や文化圏の衣・食・住・家族などを対象に未開と文明を比較し、フィールドワークなどを通じて、人類の文化の共通性、異質性、多様性を知る学問。

  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 語学(日本語)

    日本語によるコミュニケーションについて研究する

    日本語の成り立ちや構造、活用法などを国際的な視点から研究する学問。言語の背景となる文化や思想、社会とのかかわり、外国人向けの日本語教育などが研究分野になる。

  • 日本文学

    古代から現代まで、あらゆる日本の文学作品を学ぶ

    日本文学の作品を読み、テーマや文体などの研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会、人間そのものを研究する。

  • 児童文学

    日本や外国の児童文学を研究し、創作する

    童話や昔話など、児童を対象にした文学と、児童文学の読み手である児童の心理や言葉の発達などについて研究する。児童文学を創作することもある。

  • 文芸学

    作品や作家を研究したり。自らの創作能力を磨く

    文学を芸術の一分野、言語芸術としてとらえ、小説、詩、評論などの作品を通して考察し、自ら創作していく学問。

  • 哲学・宗教学

    人間のあり方、心のよりどころについて理論的に研究する

    哲学は、「人間とは?」「社会とは?」という問いを追求するために、研究分析を通じて、人生・世界・事物の根本原理など、人間の真実を究めていく学問。宗教学は人間と人間社会を全体としてとらえるために、宗教の教義や背景となる歴史・文化等を調査しながら研究する。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 編集者

    本や雑誌の企画・編集から取材まで

    書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル。企画を立て、執筆者やカメラマン、デザイナーに仕事を依頼し、それをまとめるのはもちろん、印刷所との折衝など、本が完成するまでの全工程に携わる。

  • 図書館司書

    本に関する情報整理の専門家

    公共図書館の専門職員として本や資料の収集・分類整理、蔵書の貸し出し、読書指導などを行うのが仕事。学校の図書館で働くためには教員普通免許を取得し、司書教諭の講習を修了することが必要。

  • 新聞記者

    社会の動きをとらえて伝える

    新聞社に勤めて、記事を書くのが仕事。その中でも取材記者、原稿の誤りを正す校閲記者、整理記者と、仕事が分担されている。取材記者は事件や事故が起これば、現場に急行し、独自ネタを拾い出して記事にする。社会を見る自分なりの視点やフットワークが必要。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • 書道家

    文字を筆と墨で書く芸道

    文字を筆と墨で書く芸術家。展覧会などを開ける著名な書道家はごく少数。師範として子ども達や趣味の講座などで書道を教える場合が多い。精神を安定させて、おだやかな気持ちで書くことが大切。

  • 小学校教諭

    全教科オールラウンドに教える小学校の先生

    公立、私立の小学校で先生をする。学習指導要領に沿って授業計画を立て、生活と教科の指導を行う。音楽、図画、家庭科、体育などの専任教諭をおいている学校もあるが、原則として全教科を教える。授業以外にも授業の下調べや教材づくり、テストと採点、生活指導などやることは多い。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 神職

    神社で神に奉仕し、祭儀や社務を行う

    神道を学び、全国にある神社で神に仕える。様々な祭儀や社務を執り行う。身近なところでは、お宮参り、七五三、初詣、安全祈願、結婚式などがある。

初年度納入金:2017年度納入金 123万円 

学科の特長

学ぶ内容

書体(漢字の形)の変遷を学ぶとともに芸術としての書表現や技法を修得する
書道の歴史は漢文の歴史と深い関係にあり、紀元前15世紀の中国殷代まで遡ります。その歴史の中で漢字の形は変わり、文字を書く人々の地域・民族性によって書風は変化してきました。古典作品から歴史や変遷と文字を芸術として表現する為の技術や方法論を、また漢文の読解力と中国文化や歴史背景を漢文作品に触れ学びます。

カリキュラム

古典を手本に専門的な結構法・用筆法を修得するとともに、漢文の読解能力を身につける
古典の臨書(古典作品を手本に文字を書くこと)によって、結構法(字形のバランス)や用筆法(筆の運び方)などの基本技術を学び、作品制作を通して専門技術を身につけます。またその時代ごとの書体の移り変わりや書風も学び、卒業論文や修了作品制作に活かします。また、漢字を一字ずつ正確に読み、読解力を身につけます。

授業

書体や書法、書人、時代、民族など、多彩な視点で書道を学び、漢文に対する理解を深める
本コースでは、書道に関する知識を身につける授業が充実しています。たとえば「書論・鑑賞」では、書体論・書法論・書人伝などの研究を通じ、各時代や民族の書道観を学びます。「書」の授業では実際の古典を臨書し、伝統的な技術を修得。漢文作品とそれが書かれた歴史から、文化的背景を理解します。

卒業後

高等学校の書道科教員や書家のほか、最近では一般企業への就職者も急増中
卒業後は高等学校の書道科教員や、中学校・高等学校の国語科教員などをめざします。また書道家として、自らの作品を作り公募展に出品する道もあります。最近では、身につけた豊かな感性や実用書式の技術を活かして、出版関連企業を含む一般企業へ就職する先輩も増えてきています。

雰囲気

研究室にはいつも学生があふれ、教員・学生間のコミュニケーションが抜群
国文学科の学科研究室や教員の個人研究室は、文学談義や相談などのために常に学生が訪れ、アットホームな雰囲気にあふれた教員と学生のコミュニケーションの場になっています。また、フィールドワークとして現地を訪問し、中国の歴史文化との関わりを考察する機会を設けています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 小学校教諭免許状<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【国語】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【英語】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【国語】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【書道】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【英語】<国> (1種) 、
  • 司書<国> (図書館) 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 学芸員<国> (博物館)

神職階位(高等課程:明階検定合格・正階授与)

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 98.6 %

( 国文学科/就職希望者数72名・就職者数71名 )

主な就職先/内定先

    三重県立中学校 、 三重県立小学校 、 第三銀行 、 三重県信用農業協同組合連合会 、 御木本真珠島 、 リゾートトラスト 、 日本郵便 、 三重県警察本部 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※国文学科全体

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒516-8555 三重県伊勢市神田久志本町1704
入試担当 TEL 0596-22-6316
E-mail nyusi@kogakkan-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
三重県伊勢市神田久志本町1704 「五十鈴川」駅から徒歩 15分
「伊勢市」駅からバス 皇学館大学前下車 14分
「伊勢市」駅から徒歩 25分
「宇治山田」駅からバス 皇学館大学前下車 10分
「宇治山田」駅から徒歩 20分

地図

 

路線案内


皇學館大学(私立大学/三重)