• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 高岡法科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 法学部
  • 法務・資格コース

私立大学/富山

タカオカホウカダイガク

法務・資格コース

法曹界をはじめ、法学の専門知識を武器に企業や社会に貢献できる人材を養成

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

目指せる仕事
  • 弁護士

    高度な法律知識で、依頼人の権利を守る

    裁判所の法廷において、代理人または弁護人として、依頼人の法律上の権利や利益を守り、国家権力による人権侵害から守る仕事。また、法律相談や契約書・遺言書などの法律文書の作成を始め、示談交渉などあらゆる法律事務処理を行う。

  • 検察官

    社会秩序を維持するため、事件解決にあたる

    殺人や強盗、贈収賄など、多くの刑事事件を捜査して、違法行為があった場合に公訴を提起し、法の正当な裁きを要求する。刑の執行を指揮監督するのも職務の一つ。

  • 検察事務官

    検察官をサポートし、事件捜査も行う

    検察官をサポートし、検察業務を幅広く担当するのが検察事務官。具体的には、事件の捜査、取り調べ、公判手続きなどのほか、警察から送検される事件の受理、証拠品の保管、被疑者の犯罪歴の調査なども行う。また刑事局の人事・総務も仕事のひとつ。

  • 裁判所事務官

    裁判所の事務局の仕事に携わる

    各裁判所の事務局において、人事、会計、庶務などの事務や裁判部で裁判所書記官の仕事を補佐する事務を行う。裁判所書記官は裁判所事務官の上に立ち、民事事件や刑事事件に関する調書作成や判例、法令などの調査などを行う。

  • 家庭裁判所調査官

    事件についての調査報告を行う

    家庭裁判所裁判官の命を受けて、社会学、教育学、法律学などの専門知識を活用し、家事事件、少年事件についての調査・報告を行う。審判に立ち会って意見を述べ、裁判官の司法的判断を助けることも任務の一つ。

  • 司法書士

    市民の権利を守る法的手続きの専門家

    依頼人に代わって、裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類を作成し、手続きを行う。不動産や商業上の登記手続きを行う場合もある。将来独立して、事務所を開設することも可能。

  • 行政書士

    行政と市民の架け橋となる「街の法律家」

    個人や法人などの依頼を受けて、官公庁に提出する書類や、その他権利義務、または事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む)を作成し、提出手続きを代行する仕事。またそれに関連する手続きの相談を受けたりといった業務も含まれ、仕事範囲はとても広い。

  • 弁理士

    特許の出願・申請など手続きの代理人

    個々の発明者や企業などの依頼に基づいて新たに生まれた発明、考案などについての特許や実用新案、意匠、商標に関わる業務について特許庁に登録出願の代理をし、権利を守る。

  • 法務

    企業内の法律のスペシャリスト

    企業の法務部などで、法律の専門知識を活かして働く。たとえば商標などの知的所有権を守る、訴訟など法的トラブルが起こった場合の対処などを担当。また、海外との取り引きでは、国際法や、取り引き相手の国の法律の知識を生かして、必要な書類を作ったりする。

  • 社会保険労務士

    人事・労務のコンサルタント

    中小企業の事業主や受給者の依頼を受けて、雇用保険、健康保険、厚生年金など社会保険全般にまつわる事務・手続きを行う。具体的には、諸官署に提出する申請書や事務所に備える帳簿書類の作成、提出手続きの代行、社会保険に関する相談指導などが主な業務。

初年度納入金:2017年度納入金 113万9160円  (入学金30万円、授業料60万円、施設設備費20万円、その他〈諸経費〉3万9160円)

学科の特長

学ぶ内容

1年次に基礎を身につけ、2年次から将来を見据えたコースを選択
法学科では入学者が無理なく段階に学び、将来をしっかりと設計できる環境を整備。六法の使い方から学べる「法学入門」や大学生に必要な調査力・情報収集力等を身につける「基礎演習」のほか、ジェネリックスキル修得や社会人基礎力育成を図る科目も充実。2年進級時にはキャリアに直結する各種コースの選択を行います。
法的な問題解決のために中心的な役割を果たす能力を身につけた人材を養成
法務・資格コースでは、法曹界などの専門的な法令を駆使する業界や銀行・マスメディアなどの特殊な法律問題への対処を行う業界で中心的な役割を果たすことのできる能力を持ち、企業や社会に貢献する人材を養成します。

ゼミ

学生自身が興味を持ち、社会情勢にマッチしたテーマをより深く
ゼミでは、専門科目担当教員の研究する分野で、学生自身が興味を持ち、社会情勢にマッチしたテーマをより深く学ぶことができます。また、ゼミを担当する教員が「ゼミ担任」として学生をサポート! 将来についての相談に親身に乗るなど、身近なアドバイザーとして勉強・就職両面で学生を後押ししています。

卒業後

2016年3月卒業生の就職率は100%! 法科大学院へも進学
就職支援センターを中心に学生一人ひとりの就職活動を支えています。手厚い就職支援もあり、2016年3月卒業生の就職率は100%を達成! 法務・資格コースでは、法科大学院(ロースクール)に進学する卒業生もおり、司法試験を突破するなど、先輩たちは法曹界をはじめ、さまざまなステージで活躍しています。

資格

資格試験対策講座を開講
法務・資格コースでは、司法試験や司法書士、行政書士、宅地建物取引士、法学検定、ビジネス実務法務検定試験(R)といった資格取得を目指せます。このコースを選択した学生を対象に、法律系を中心とした資格試験対策講座も開講しており、専門資格取得に対するバックアップ体制も万全です。

奨学金

授業料全額または半額を免除する特待生制度を導入
一般入試や大学入試センター試験利用入試などの受験生を対象に、本学独自の特待生制度を用意しています。同制度では成績優秀者の授業料(60万円)の全額または半額を免除。さらに、在学中も成績が優秀であると認められる学生は、新年度に同様の特典が受けられます。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者56名 )

主な就職先/内定先

    富山県信用組合 、 富山信用金庫 、 新井信用金庫 、 今村証券株式会社 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒939-1193 富山県高岡市戸出石代307-3
TEL.0766-63-3388
nyushi@takaoka.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
富山県高岡市戸出石代307-3 JR「高岡」駅から戸出、砺波、庄川・城端方面行きバス 30分 「高岡法科大学前」下車 徒歩 約1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

高岡法科大学(私立大学/富山)