• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国際基督教大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 教養学部
  • アーツ・サイエンス学科

私立大学/東京

コクサイキリストキョウダイガク

アーツ・サイエンス学科

募集人数:
620人

なにをどう学ぶか。決めるのはあなた自身。「個」を大切にするICUだから、皆に同じカリキュラムは提供しません

学べる学問
  • 歴史学

    日本や世界各国の歴史と文化を研究する

    人間の文化、政治、経済などの歴史上のテーマを、それがどのように起こり、どんな意味をもつのか、資料や原典にあたり、実証的に研究、現代に生かしていく学問。

  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 語学(日本語)

    日本語によるコミュニケーションについて研究する

    日本語の成り立ちや構造、活用法などを国際的な視点から研究する学問。言語の背景となる文化や思想、社会とのかかわり、外国人向けの日本語教育などが研究分野になる。

  • 日本文学

    古代から現代まで、あらゆる日本の文学作品を学ぶ

    日本文学の作品を読み、テーマや文体などの研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会、人間そのものを研究する。

  • 哲学・宗教学

    人間のあり方、心のよりどころについて理論的に研究する

    哲学は、「人間とは?」「社会とは?」という問いを追求するために、研究分析を通じて、人生・世界・事物の根本原理など、人間の真実を究めていく学問。宗教学は人間と人間社会を全体としてとらえるために、宗教の教義や背景となる歴史・文化等を調査しながら研究する。

  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

目指せる仕事
  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 事業開発

    会社にそれまでなかった新たなビジネスを提案し、立ち上げる

    民間企業などで、その会社にそれまでなかった新たなビジネスプランを考え、立ち上げる仕事。事業の仕組みづくり、コストや売上げ・利益のシミュレーション、営業活動を担当する社員の組織づくりなど、会議などで社内の承認を取りつつ実現させていく。

  • 編集者

    本や雑誌の企画・編集から取材まで

    書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル。企画を立て、執筆者やカメラマン、デザイナーに仕事を依頼し、それをまとめるのはもちろん、印刷所との折衝など、本が完成するまでの全工程に携わる。

  • 新聞記者

    社会の動きをとらえて伝える

    新聞社に勤めて、記事を書くのが仕事。その中でも取材記者、原稿の誤りを正す校閲記者、整理記者と、仕事が分担されている。取材記者は事件や事故が起これば、現場に急行し、独自ネタを拾い出して記事にする。社会を見る自分なりの視点やフットワークが必要。

  • 広報

    企業の報道担当者

    対象は社内・社外・宣伝広報に分けられるが、基本的には対外的に企業の理解を深めるのが目的の企業の報道担当者。マスコミへの取材協力、PR誌の作成、その他あらゆる企業情報を管理する。企業イメージを管理する大事な仕事で、最近では商品の売れゆきや人材獲得にも大きな影響を与えている。

  • 宣伝

    自社製品の広告制作窓口

    自社製品を広く告知するための広告制作、ポスター・CM制作、カタログ制作、イベント、一般問い合わせ対策などの企画・実施を行う。また、社内報の編集、社史編纂、CI統括、会社案内制作などの仕事をするケースもある。自社製品や業界情報に精通するための勉強は欠かせない。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 大学教授

    専門の研究をもち、大学のゼミや講義で指導する

    大学教授になるまでには、助教→講師(専任・非常勤)→准教授→教授と順を追って昇進していくのが一般的。教授には研究室や研究予算が与えられるので、独自の専門分野の研究を続けつつ、学生の指導にもあたる。指導力も重要だが、定期的に学会などで論文を発表したり、研究成果を出していくことも大切な仕事だ。

初年度納入金:2018年度納入金(予定) 169万8000円  (入学金30万円、授業料105万6000円、施設費34万2000円)

学科の特長

学ぶ内容

文理にわたる30あまりのメジャー(専修分野)から、自分に最適な分野を主体的に選び学べます
何をどう学ぶのか、自分で意思決定し、学んでいく。ICUならではのリベラルアーツ教育です。学生は1年に1回、アカデミックプランニング・エッセイを書き、自らの方向性を確認。さらに、大学側は一人ひとりへのアドヴァイジングにより、学修計画の立案もサポート。学生自身が判断しやすい環境を整えています。

カリキュラム

自分が「本当に学びたいこと」を探し出せる柔軟なカリキュラムこそがICUならではのシステム
英語(または日本語)、一般教育科目、各メジャーの基礎科目などを学び、学問的基礎力を身につけながら、文系・理系30あまりの分野の中から授業を選択し、自分の興味と適性を見極め、2年次の終わりにメジャーを決定します。入学後に時間をかけて本当に学びたい分野を自身で決定できるので、可能性の幅を広げられます。

卒業後

豊かな学びの土壌があるからこそ、確かな専門性が育まれ、卒業後も多分野で活躍
リベラルアーツ教育がめざすのは、文系・理系の枠を超えて学んだ知識を結びつけて、問題解決策を模索する力を身につけること。ICUの卒業生には、この「リベラルアーツの理想」と呼ぶべき力が備わっています。実社会での活躍はもちろん、国内外の大学院でさらに専門性を高める学生も例年、多く見られます。

設立の背景

戦後間もない頃より受け継がれ、確かな歴史を刻む日本のリベラルアーツ大学の源流
ICUは戦後間もない頃、4年制のリベラルアーツ大学として献学されました。学問分野という垣根を超えた教養教育重視型のカリキュラム、少人数教育、受け身ではなく学生が主体的に学んでいく学風といった特徴は変わらず、これまで社会で活躍する多くの人材を送り出してきました。

制度

2年次の終わりまでに専門を決定するので、自らの専門分野をじっくり選べます
理系・文系あわせて30あまりのメジャーから、2年次の終わりまでに学生はメジャーを決定。1つの分野を修めるほか、2つのメジャーを同時に履修する「ダブルメジャー」、2つのメジャーの比率を変えて履修する「メジャー、マイナー(主専攻、副専攻)」など学びの「かたち」も幅広く、選びやすくなっています。

留学

留学先は世界約30か国。現地学生と同条件で学ぶことで視野が広がり、スキルアップできます
献学以来、人と学問における国際交流の実現を使命として掲げてきました。ICUでは多くの外国人学生が学び、またICU学生に世界各国の高等教育の場で学ぶ機会が与えられてきたのです。交換留学・海外留学プログラムの派遣国数は約30か国。その他短期プログラムもあり、留学の機会はかなり多いと言えるでしょう。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 95.1 %

( 就職者数424名 )

主な就職先/内定先

    ワークスアプリケーションズ 、 日本アイ・ビー・エム 、 楽天 、 デロイト トーマツ グループ 、 博報堂/博報堂プロダクツ 、 こうゆう(花まる学習会・スクールFC) 、 JTBグループ 、 全日本空輸 、 日本放送協会 、 三菱商事 ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

※上記就職先は2015年6月卒業生を含みます。

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒181-8585東京都三鷹市大沢3-10-2
TEL0422-33-3038(アドミッションズ・センター)
admissions-center@icu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都三鷹市大沢3-10-2 「武蔵境」駅南口からバス「国際基督教大学行」12分 終点下車
「三鷹」駅南口からバス「国際基督教大学行」20分 終点下車
「調布」駅北口からバス「武蔵境駅南口行」「三鷹駅(西野御塔坂下経由)行」 20分、「富士重工前」下車 徒歩 10分

地図

 

路線案内


国際基督教大学(私立大学/東京)