• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国立音楽大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音楽学部
  • 演奏・創作学科

私立大学/東京

クニタチオンガクダイガク

演奏・創作学科

募集人数:
300人

「歌うこと」「奏でること」「創作すること」の奥深いところまで追究する学生に、プロとしての技術と表現力を養成

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

目指せる仕事
  • ミュージカル俳優

    歌や踊りで役を演じる

    広い舞台の上で、音楽に合わせて歌い、踊る。確かな発声やリズム感はもちろん、歌い踊りながらステージをこなしていく体力も不可欠。また、出演するメンバーとのチームワークも欠かせない。

  • ピアニスト

    感情をのせながらピアノを奏でる

    自分の感情をのせながらメロディを奏でていく。数々のコンクールなどで優勝し、プロのピアニストとしてコンサートを開いたり、オーケストラやバンド等に所属して活躍する場合もある。

  • 指揮者

    イメージ通りに曲を演奏させるまとめ役

    オーケストラの音色やテンポを図りつつ、全体の演奏をまとめあげていく。指揮者の解釈によって、演奏のスタイルや曲のイメージが大きく変わるもの。その解釈や奏法を各楽器奏者のメンバーに的確に伝え、全体でまとまるよう指揮をとる。

  • 歌手・ボーカリスト

    歌で人を感動させる。めざすジャンルは様々。

    歌の基礎を学び、オーディションに応募して合格し、本格的なボーカルトレーニングを受けて、デビューとなる。素質や実力に加えて、運や時代感覚も必要。また、クラッシック、ジャズ、ロックなどどんなジャンルを専門にするかによってもそのプロセスはちがってくる。

  • トランペッター

    ジャズにポップスにクラシックに、さまざまなジャンルで活躍するトランペット奏者

    ジャズバンドのメンバーになる、オーケストラの団員になる、フリーのトランペッターとしてさまざまな楽団で客演する、ソリストになる、スタジオミュージシャンになる…演奏家としてのスタイルはさまざま。いずれも実力がすべての狭き門。音楽教師などを並行して行い生計を立てているケースも多い。

  • サックスプレイヤー

    ジャズやポップスの世界でバンドメンバーとして、ソリストとしてサックスを演奏

    主にジャズやポップス界で活躍。ソリストとして有名なプレイヤーになる以外にも、バンドのメンバーとして、スタジオミュージシャンとしての働き方がある。

  • パーカッショニスト

    さまざまな打楽器をレパートリーに、広い音楽ジャンルで活躍

    ティンパニーなどの打楽器のほかに、和太鼓やラテン系民族楽器からマリンバまで、打楽器奏者として多彩に操る。

  • キーボード奏者

    ソロ、バンド、伴奏…さまざまなシーンで多様な銀鍵楽器を弾きこなす

    ピアノやシンセサイザーやストリングなどさまざまな銀鍵楽器を、伴奏、ソロ、バンド…さまざまな演奏スタイルで弾きこなすプロ。ジャズ、ロック、ポップス、ラテンなどジャンルも幅広い。

  • 楽器インストラクター

    専門の楽器について、演奏技術を教える

    ポピュラーやジャズ、クラシックなどさまざまな教室があるが、初心者からプロ志向の人向きまでそれぞれのレベルに応じた指導をする仕事。これらの教室は、従来の基礎から入る指導から、個人の希望を取り入れる方向に変わってきている。そこで生徒の希望を取り入れつつ、専門的な知識と技術を教えなければならない。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

初年度納入金:2017年度納入金 221万7000円  (2回分納)

学科の特長

学ぶ内容

【声楽専修】美しい声、美しい発音、作品と向き合うことで生まれる表現力を磨きます
「基礎課程」では発生法、呼吸法、発音を修得し、作品の背景や意味を研究して表現力を深めます。「専門課程」では、「歌曲ソリスト・コース」や「オペラ・ソリスト・コース」をはじめ、より専門的なコースの選択が可能になるほか、コレペティートル、合唱指導など幅広く学ぶことができます。
【鍵盤楽器専修】多様なコース展開で、さまざまな音楽表現や音楽との関わり方を探ります
専門実技はピアノ、オルガン、電子オルガン。「基礎課程」ではリズム・メロディー・ハーモニーの3要素に身体表現や呼吸法を加えた演奏を修得。「専門課程」には「ソリスト・コース」やアンサンブルを学ぶ「ピアノ・コース」、実際に生徒のレッスンを行う「ピアノ指導コース」などがあります。
【弦管打楽器専修】アンサンブルに重点を置き、「音と心を合わせて音楽を作る」ことを学びます
有名なオーケストラの奏者を多数輩出しているこの専修では、アンサンブルの授業を重視し「音と心を合わせて音楽を作る」ことを学びます。同属楽器アンサンブル、弦、管、打楽器アンサンブルをはじめ、「専門課程」ではオーケストラ・スタディを取り入れて学習。「ソリスト・コース」の選抜に挑戦することも可能です。
【ジャズ専修】一流スタッフによる、クラシック音楽を基礎とした専門的かつ体系的な教育を実施
クラシック音楽を基礎に、独自のジャズ授業を展開。斯界トップクラスの演奏家による指導が受けられます。各専攻楽器のレッスンはもちろん、ジャズ・アンサンブルやビッグバンド、即興演奏、スタイル分析、作編曲、舞台表現の実習など、専門的かつ体系的な教育を実施します。海外の一流演奏家によるワークショップも計画中。
【作曲専修】21世紀の音楽シーンを牽引する作曲のスペシャリストを養成
「作曲科」として60年以上の伝統を誇る専修。「基礎課程」では、和声、対位法、フーガなどの訓練を通し、耳とセンスを鍛錬。「専門課程」では年間数曲の楽曲創作を通して独創的想像力を磨き、音響や音楽的な時間構造への感受性と興味を高めます。楽器の知識や演奏者とのコミュニケーション力も求められます。
【コンピュータ音楽専修】コンピュータ・音楽・創作を一体として学び新しい芸術表現を試みます
コンピュータなどのテクノロジーを用いた新しい芸術表現を模索し、その成果を創作や研究、ひいては多様な音の世界に応用していける広義の「音楽家」を育成。3・4年の「専門課程」では、高度なコンピュータ音楽やメディアアート作品の創作・研究、アプリケーション開発などへの展開を試みます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

・中学校教諭免許状【音楽】<国>(1種)
・高等学校教諭免許状【音楽】<国>(1種)
・学芸員<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    四季(劇団四季) 、 K-BALLET COMPANY 、 自衛隊音楽隊 、 河合楽器製作所 、 公私立学校(小中高) 、 IMAGICA 、 サイバーエージェント 、 トーオン 、 日本航空 、 大和証券グループ本社 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

大学院・留学・育成機関の研修所などへの進学者は全体で84名

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒190-8520 東京都立川市柏町5-5-1 
TEL:042-535-9500(広報センター)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都立川市柏町5-5-1 多摩都市モノレール「玉川上水」駅から改札出て右へ 西武線線路沿い 徒歩 7分
西武新宿(拝島)線「玉川上水」駅から改札出て左へ 西武線線路沿い 徒歩 7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

国立音楽大学(私立大学/東京)