• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 埼玉医科大学
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • 臨床スキルと研究のスキルを備えた医療機器のスペシャリストをめざしています。

私立大学/埼玉

サイタマイカダイガク

臨床スキルと研究のスキルを備えた医療機器のスペシャリストをめざしています。

中嶋藍さん
 私が初めて臨床工学技士という職業を知ったのは、進路選択に直面し将来について真剣に考えた高校3年生のとき。もともと興味を持っていた医療系の専門職をいろいろと調べる中で、高度な医療機器を操作するその姿に憧れ、「先端的な分野でスペシャリストとして活躍して、人の役に立てたらどんなに幸せだろう」と考え、今の道をめざすことを決意しました。
 夢のスタート地点に立って1年目の今は、病院内にある医療機器の管理、保守点検を主に行う「機器管理業務」を担当しています。がんや心臓病などの高度医療を行う国際医療センターでは、人工呼吸器などの生命維持管理装置を扱うことが多く、直接患者さんの命と関わる仕事に大きな責任を感じています。当センターの臨床工学技士は、現在の業務のほか、人工腎臓の機能を担う機械を患者さんに装着して動かす「透析業務」、人工心肺装置の操作、カテーテル治療やペースメーカーの管理を担う「循環器業務」があり、いずれはローテーションで担当します。それらの業務では、医師や看護師と連携する機会も多くなるので、患者さんに関する情報を正確に共有する意識は、入職以来ずっと大切にしています。
 学生時代は、臨床経験の豊富な先生に指導いただき、教科書に載っていない現場での略語を教えていただくなど、実践が身近な環境で医療人に求められるたくさんのことを身につけられました。特に、実習や卒業研究を通じて培った「物事に疑問を持ち検証する姿勢」は、ある患者さんと同じ疾患の患者さんに異なる人工膜を先輩が選択したことに注目してその理由を考えるなど、成長するための糧になっていると感じています。
 今の職場には、臨床の仕事に励みながら、透析や呼吸器、集中治療の学会に所属して研究に取り組む高い向上心を持った先輩が多くいらっしゃいます。私は、まだまだ目の前のことに必死になっている状況ですが、経験を重ねながらさらに知識と技術を磨き、いつかは先輩方のように研究活動にもチャレンジしたいと考えています。

今に活きる学生時代の体験
広い視野で状況を判断する姿勢の土台は、学生時代の卒業研究にあります。
うつ病などの早期発見に役立てることを目的に、ストレスを定量化する実験を卒業研究で行いました。友人にモニターをお願いし、虫が映った映像を見てもらう、間違い探しをやってもらうなどして、そのときの心拍数や瞳孔の動きを測定。ほぼ仮説通りに表れた結果もあれば、予想外だった結果もあり、生理現象に個別性があることをあらためて実感しました。例外を常に疑う視点は、客観的な判断が迫られる今の仕事でも大切にしています。
埼玉医科大学(私立大学/埼玉)