• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 埼玉医科大学
  • 学校の特長

私立大学/埼玉

サイタマイカダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

6年一貫教育の「医学部」/医学部並みの医学・医療を学ぶ「保健医療学部」

現代の医療に求められるキーワードは、「患者さま中心」「チーム医療」「公開性・透明性を維持した仕組み」です。こうした新しい医療の精神や医療の仕組みがわかる医師・医療従事者・医療技術者を育成するには、伝統的な教育体制やカリキュラムだけでは困難です。本学医学部では、「講座制」の壁を取り払った『臓器別統合講義』や「考える学習態度」を養う『PBL(問題基盤型学習)』を取り入れた6年一貫教育を行い、新しい医療に求められるコミュニケーション能力を育てます。また、保健医療学部では、医学部並みの医学・医療の基本を学びます。その上で実技を重視したカリキュラムを組み、高い専門性を持つ医療技術者(医療人)を養成しています。学校の特長1

施設・設備が充実

最先端医療を行っている3つの埼玉医科大学病院群で充実した実習!

医療技術者は、知識だけでは仕事になりません。本当に活躍できる医療人になるには、充実した実習が不可欠です。ですからどんな実習を行うか、どんな実習先を確保しているかは、受験生が大学を選ぶときの最も重要な基準の一つといえます。本学は、特定機能病院として最先端の医療を施している設備と人員を揃えた大学病院が3つもあります。例えば、「総合医療センター」内の総合周産期母子医療センターは、産科医療の最後の砦として関東全域から患者さまを受け入れています。以前、ここで働く先輩の活躍がテレビで紹介されましたが、実習はまさに最先端医療が行われる施設で実施しており、現場で奮闘する先輩が指導してくれます。学校の特長2

就職に強い

グループ施設で学び、グループ施設へ就職する総合医療大学ならではの環境!

医学部と保健医療学部の臨床(臨地)実習は、日高キャンパスにある国際医療センターをはじめ、埼玉医科大学病院(毛呂山町)、総合医療センター(川越市)の3つの埼玉医科大学病院群のほか、丸木記念福祉メディカルセンターなどの関連施設で行います。これらの施設は、高度で専門性の高い医療設備が整っており、最新の医療・看護が学べる環境であることが最大の特長です。また、有力な就職先ともなっており、多くの卒業生がそれぞれの職種に就き、活躍しています。学校の特長3
埼玉医科大学(私立大学/埼玉)