• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 札幌学院大学
  • 新増設企画
私立大学/北海道
新しい学部・学科・コース
2018年度入学から対象
札幌学院大学
心理学部

2018年4月設置予定(計画中)
所在地〒069-8555 北海道江別市文京台11番地
お問合せ先TEL:0120-816-555 (フリーダイヤル)
ホームページhttp://www.sgu.ac.jp/
E-MAILnyusi@ims.sgu.ac.jp

「いつもそばにあるからこそ、知りたいココロのこと」日常にあふれる心理学を学びます

Photo
いま、あらゆる業界で心の分野を学んだ人材が求められています。心理学部では、新たな国家資格「公認心理師」や「臨床心理士」等の資格取得をめざし『心理コミュニケーション力』『心理的援助スキル』を習得します。
report1メッセージ

なぜ、いま「心の分野」を学んだ人材が求められているのか?


Photo

人そして自分を理解し、支え、活かすことを学ぶ心理学

インターネットの普及によってコミュニケーションの方法が複雑化した現代社会において、「心の分野」に関する職業に注目が集まっています。心理学部では、人の心について学びを深めることで、自分の気持ちや相手の気持ちに気づく力、その気づきを表現する力、つまりコミュニケーション能力が培われます。その人間関係を気づいていくうえで重要かつ基本的な力は、社会に巣立った後、どのような道に進もうとも大きな支えになります。また、高いコミュニケーション能力を持つ学生は実際に広く社会で求められています。



心理学を社会で広く活かし、さまざまな分野で活躍できます

公認心理師や臨床心理士という心の専門家となる人にも、心理学に裏付けられたコミュニケーション能力は必要です。また、医療施設に限らず、介護や教育関係、一般企業や公務員などあらゆる職種においてこの基礎力のうえに、それぞれのスキルを積み上げていきます。一緒に働く仲間のささいな異変に気づく力は、社会では大きく評価されます。特に人事や教育担当などの部署においては、この能力は欠かせません。実際に多くの卒業生たちが、企業の人事・教育に関する部署で活躍しています。


Photo

report2学ぶ内容

『心理コミュニケーション力』『心理的援助スキル』の習得


Photo

アクティブラーニングで学ぶ『心理コミュニケーション力』

コミュニケーショントレーニングやカウンセリング実習などの少人数による双方向の授業や実習を通して、コミュニケーション能力の育成をはかります。また、臨床心理学の基礎的な考えに基づき、人間としての多様な在り方を探索・理解することで、周囲と円滑なコミュニケーションを形成しつつ、幅広い社会領域で貢献することのできる人材を輩出することをめざします。3・4年次には就職活動に関しての科目もあります。



時代のニーズに合わせた体系的かつスムーズなカリキュラム編成

設置される心理学部 臨床心理学科は、既存の人文学科 臨床心理学科(2018年3月まで)の内容を発展。臨床心理学に対し、大幅に増える社会的ニーズと多様化の波に対応し、基礎的な理論・スキルから専門的なものまでスムーズに学べるように科目を配置します。教養・専門科目での学びをより実践的な知識として身につけるため、『心理コミュニケーション力』と『心理的援助スキル』に支柱に据えた教育を展開していきます。


心理療法を段階的かつ体系的に学ぶ『心理的援助スキル』

臨床心理学の基礎知識を学びながら、並行して少人数クラスによるゼミナールを行うことにより、数々の心理療法のスキルを段階的にかつ体系的に習得していきます。公認心理師・臨床心理士(大学院進学)、福祉施設や医療施設職員、公務員(法務技官、法務教官、家庭裁判所調査官、児童相談所職員など)、そのほか一般企業(人と接する仕事ほか)などで活躍できる人材を育成します。



report3どんな人物を育てるのか

資格取得を叶え、心理の専門職として医療・福祉分野へ。心理知識を活かして民間企業で活躍する先輩も多数!


Photo

人と関わり、思いやる。心理学を活かしてお客様に寄り添いたい

心理学と聞くと“行動”を見て心を読むと思われがちですが、その真逆で、人の“話”をよく聞き親身になることが重要だと、講義を通して知りました。心理学で学ぶ内容は、どんな職場や家庭でも「人と関わり相手を思いやる」シーンでは必ず活かせることがあるはずです。私は今年から銀行で働き始めたのですが、待ち時間が長くなってしまったお客様への対応など、今後の窓口業務にこれまで学んだ知識を活かしていこうと思います。
(小泉里紗都さん 北海道銀行勤務 2017年3月人文学部臨床心理学科卒業)



授業で患者さん側の気持ちも体験できたことが、今も活きています

病院内の臨床心理士として、さまざまな悩みをもって来院された患者さんのカウンセリングなどを担当しています。心理検査の方法、お話を聞く際の心構えなど、在学時に勉強した内容は働く中でも基盤となっています。特に応用実習で実際に集団療法を体験したり、職場体験で心理学を肌で感じた経験は今につながる貴重な経験でした。検査を受ける側の不安や心配を、学生の頃に実感できたことで、患者さんの立場から考えられるようになったと感じています。
(川口武蔵さん 萌仁会 荻野病院 心理療法室勤務 2016年3月大学院臨床心理学研究科修了)


Photo


※ 2018年4月以降に設置される学校・学部・学科等の名称・内容は、予定につき変更される場合があります。
札幌学院大学(私立大学/北海道)