• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 札幌大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 橋 英樹さん(地域共創学群/消防士)

私立大学/北海道

サッポロダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

消防士  として働く  橋 英樹さん  にインタビュー!

  • 公務員業界
  • 公務員
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

緊張感あふれる事故・災害現場に出動! 無事、任務を遂行できたとき達成感を感じます

この仕事の魅力・やりがい

消防士の仕事は、火災の消火活動のほか、交通事故現場での人命救助・救急、災害における支援活動など多岐にわたっています。どの現場も緊張感に包まれていますが、そのような危険な場所で最善を尽くすためには日々の訓練が欠かせません。火災現場を想定して行う「火災防御訓練」、事故現場から人を救出する「救助訓練」をはじめ、機材の扱い方を復習する訓練や、高い所からロープ1本で降りてくる筋力トレーニングなど内容もさまざまです。そしてこれらの訓練と同じくらい大切なのは、「仕事に慣れないこと」と「隊員全員との信頼関係」です。常に緊張感を持ち続け、隊員たちと一致団結して困難を乗り越えたとき、大きな達成感を感じますね。

消防士として働く橋 英樹さん

24時間、市民の皆さんを守るのが私たちの使命です!

消防士として働く橋 英樹さん
今の仕事との出会い・きっかけ

消火活動のほか、事故現場での救出活動も行います

今の仕事との出会い・きっかけ

高校3年のとき、救助や火災現場で人を助けている消防士をテレビで見て、自分もこのような仕事をしたいと思ったのがきっかけでした。消防士になるには、高校生のときに消防官採用試験を受けるという方法もありましたが、視野を広げたいという思いが強くあり、大学へ進学してからという道を選びました。そこで、高校時代の野球部の先輩も通っていた札幌大学を選んだのです。そして、先輩も入部していた準硬式野球部に入りました。大好きな野球を通じて基礎体力を養えたのはもちろん、自分で考えたり、行動する自主性も身につき、それが今の仕事に役立っていますね。協調性を持ちつつ、自分の行動に責任を持つ。その精神を大学4年間で学べました。

後輩への応援&アドバイス

119番通報のオペレーション業務も大切な仕事です

後輩への応援&アドバイス

たくさんの知識を身につけられるよう、いろいろなことに興味を持ってください。社会人になったとき、それが役立つ場面が何度も訪れると思います。消防士は人々の安全を支える仕事ですが、そのためには幅広い知識が必要なんです。例えば、交通事故の現場に出動することもあり、そこでは車の知識がとても役立ちます。バッテリーの安全なはずし方、出火元の予測などができ、二次災害を防げるからです。ほかにも、外国語、法律など、何がどう活かされるかその場にならないとわかりません。好奇心から受けた授業がスキルアップにつながることもあると思うので、どんどん挑戦してください。

プロフィール

橋 英樹さん のプロフィール

深川地区消防組合 深川消防署 予防課勤務/経営学部経営学科(2013年4月より地域共創学群経営学専攻として設置)/2008年3月卒/小学4年から野球をやっており、現在も深川市役所との合同野球チームに所属。大学時代は外野手だったが、現在は内野を担当。夏場は週2回の練習があり、定期的に試合も実施。今も大好きな野球に関われることがうれしい。今後の目標は、年に一回行われる「消防救助技術訓練指導会」に出場すること。全道各地で活躍している消防士たちが一堂に会し、日々の訓練で身につけた消防・救助技術を競う大会で、過去に同署から全国大会へ出場した実績も。その後に続こうと6月に開催される予選に向けて、厳しい訓練を行っているところだ。

この先輩が卒業したのは…

札幌大学 地域共創学群

学校イメージ

ゼミにて総合力を習得

経営学専攻がめざしているのは、「経営」「会計」「情報経営」をバランスよく、なおかつ経験などに基づいた生きた経営学を学ぶとともに、地域や国際社会で活躍する企業の事例をもとに理論と実践を通して理解を深めていきます。専門ゼミナールでは、経営に関するテーマをもとに少人数でディスカッションを行うほか、学内外を問わず多くの人と関わり、さまざまな考え方や価値観に触れる機会を提供。多様な授業を通して、コミュニケーション能力と社会性を養い、社会や企業で問題解決能力を発揮できる人材を育成します。経営学検定試験、日商簿記検定試験など、各種資格に対応した授業もあり、一人ひとりの将来を見据えたサポートも充実しています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

札幌大学(私立大学/北海道)