• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 自治医科大学
  • 就職・資格

私立大学/栃木

ジチイカダイガク

資格取得

医師国家試験合格率は全国トップクラス。実践的で効果的な総合教育が受けられます

【医学部】第一期生が受験した1978年から2016年までの39年間、医師国家試験で常に高い合格率を誇っています。また、寮内には6年生の国家試験勉強のための部屋が5~6名の学生に1室設置されています。6年生は授業が終わるとこの部屋に集まり、一緒に勉強し常に励まし合うことで厳しい試験勉強を乗り越えていきます。【看護学部】看護師・保健師・助産師に共通する知識と技術を効果的に統合して教育。卒業生全員が将来の生活状況に応じて資格を選択していき、生涯を通してキャリアの発展を目指せます。また、大学院看護学研究科に進学すれば、5分野の専門看護師(母性、小児、急性・重症患者、精神、がん)や、大学教員などになることができます。

主な目標資格

【医学部】
○医師(国)
【看護学部】
○看護師(国)受験資格(全員)
○保健師(国)受験資格(全員)
・第一種衛生管理者免許 → 保健師国家試験に合格後、管轄の都道府県労働局へ申請すれば取得可能。
・養護教諭二種免許状(国) → 自治医科大学看護学部の選択科目「法学」「保健体育」「身体活動論」の単位を取得し、保健師国家試験に合格した後、都道府県の教育委員会へ申請すれば取得可能。
○助産師(国)受験資格(3年次に選抜試験を実施)

就職支援

医学部は、卒業後出身都道府県の医療に貢献。看護学部は、手厚いキャリア教育でサポート

【医学部】卒業後は出身都道府県に戻り、知事の指示により病院、診療所や保健所等に勤務します。また医師としての資質の向上を図るため、卒業後5年以降の適当な時期に、臨床研修指定病院や本学附属病院等での後期研修の実施を推進。研修終了後は再び第一線の医療に従事し、習得した知識・技術を住民に還元することによって地域医療の充実・質的向上に寄与します。【看護学部】1年生からの段階的な進路ガイダンスと、定期的に行う進路調査に基づき、キャリア支援担当が情報提供、職種別支援、個別相談、就職説明会等、幅広く親身な支援を展開。ほとんどの学生が、附属の医療機関や関東・東北圏の総合病院や行政機関に看護師として就職しています。

自治医科大学(私立大学/栃木)