• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 鹿児島国際大学

私立大学/鹿児島

鹿児島国際大学

カゴシマコクサイダイガク

学校photo

社会・文化を世界的な視野で考えると同時に、地域社会の発展に寄与できる人材を養成

ここは、それぞれの視点で社会と向き合う3つの学部・大学院を有する学びの場。本学の最大の自慢は、長い歴史が育んだ学び、資格と就職の手厚いサポート、そして桜島を一望できる、緑あふれるキャンパスライフです。

鹿児島国際大学の特長

就業力の向上を目指して、「国際感覚」や「突破力」を身につけた学生を育成します

本学では、「考える」ことより、まず「行動に移してみる!」「やってみる!」ことに重点を置き、“就業力”の向上につながるための学びを大切にしています。在学中は「3日間社長のカバン持ち」「国内・海外でのインターンシップ(就業体験)」「多彩なフィールドワーク」「海外留学」での体験や学びを通して、「国際感覚」や「突破力」を養います。この力こそが、就職に強い学生の礎となります。本学の体系的な学びが、学生のみなさんのあるべき未来の姿を描きます。

就活に活かす資格取得をサポートします

本学では、社会や時代のニーズに応え得るスキルに関する資格取得を幅広く支援。課外の資格対策講座を充実させ、正規の授業と同様に力を注いでいます。現在開講している資格講座は「FP技能士3級」「日商簿記2級・3級」「マイクロソフト オフィス スペシャリスト/MOS」「激辛TOEIC最強プログラム」「英語教員養成特別講座」「社会福祉士国家試験受験対策講座」「公務員受験対策講座」「教員採用試験対策学内講座」などがあります。

就職実現のプロセスを丁寧にサポートします

本学では、キャリアカウンセラーによる進路相談や「キャリアガイダンス」の活用などによって、1年次からキャリア形成を力強くサポートしています。また、特設の「キャリアデザイン科目」を受講して、自分のキャリア形成を前進させます。就職活動を迎える大学3年生は、企業などで就業体験(インターンシップ)を通して望ましい勤労観や職業観を身につけます。さらに、就職活動の本番に向けて、県内や福岡での合同企業ガイダンスなどに参加し企業分析を行い、個別の進路相談や就職オリエンテーション、就職ガイダンス、企業訪問などにより、実践的な就職活動のノウハウや心構えを確立します。

鹿児島国際大学の学部・学科・コース

経営学科 (募集人数:180人)

児童学科 (募集人数:120人)

国際文化学科 (募集人数:140人)

音楽学科 (募集人数:35人)

  • 器楽コース ピアノ課程

  • 器楽コース ピアノ演奏家課程

  • 器楽コース 管弦打楽器課程

  • 器楽コース 管弦打楽器演奏家課程

  • 声楽コース

  • 作曲コース

学費(初年度納入金)

2016年度納入金/◎経済学部104万8660円 ◎福祉社会学部105万8660円 ◎国際文化学部104万8660円(音楽学科は158万3660円) ※入学金及び学友会などの委託徴収費を含む ※福祉社会学部は学会費1万円(4年分)を含む

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試・広報課

〒891-0197 鹿児島県鹿児島市坂之上8-34-1
TEL:099-261-3211 (代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
鹿児島県鹿児島市坂之上8-34-1 「坂之上」駅からスクールバス 5分

地図

 

路線案内

鹿児島国際大学(私立大学/鹿児島)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    沖縄には世界を感じる学びがある。ジンブンを育み、社会のフォロワーを目指そう!

  • Photo

    一人ひとりが主役の大学!学生の「想い」と「活動」を支えます。

  • Photo

    “世界”と“地域”に開かれた大学で学びながら、社会人として活躍できる人材になる!

  • Photo

    全8学部の学生が集うキャンパスに、企業や他学部とのコラボプロジェクトが溢れてる!

  • Photo

    6つのキャンパスに医学から芸術分野までを集積した、西日本最大級の総合大学。

  • Photo

    豊かなコミュニケーション力を武器に、人と人、人と地域を動かす人材を育成。

  • Photo

    文・法・経済・商・医の総合大学で地域の医療・産業・文化を支える「人」を育てる!

  • Photo

    真の「ホスピタリティ(もてなしの心)」を身につけた心豊かな人材を育成

  • Photo

    9学部31学科、在学生20,000人が広大なひとつのキャンパスで学ぶ総合大学。

  • Photo

    「英語での授業と海外研修で真の国際人」と「子どもの成長を育む先生」を養成

次へ