• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 実践女子大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生活科学部
  • 健康栄養専攻

私立大学/東京

ジッセンジョシダイガク

健康栄養専攻

募集人数:
40人

教育・医療・福祉・スポーツ分野で活躍する「食」のエキスパートを目指す

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • 小学校教諭

    全教科オールラウンドに教える小学校の先生

    公立、私立の小学校で先生をする。学習指導要領に沿って授業計画を立て、生活と教科の指導を行う。音楽、図画、家庭科、体育などの専任教諭をおいている学校もあるが、原則として全教科を教える。授業以外にも授業の下調べや教材づくり、テストと採点、生活指導などやることは多い。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 児童指導員

    児童福祉施設での“親がわり”

    児童指導員は、養育放棄などのさまざまな事情で入所してきた子どもたちやしつけや学習指導、生活上のアドバイスを行う。また、児童相談所や子どもの通学する学校との連絡や、子どもの引き取りをめぐって親と連絡をとったり、面接をするなど、子どもの養育と社会関係の調節も必要な仕事。

  • 管理栄養士

    医療や教育、スポーツ、美容に欠かせない栄養指導のスペシャリスト

    病院や、保健所、学校などの集団給食施設で献立をつくり、栄養指導をする。栄養士資格を持った上で国家資格を取る必要がある。栄養士よりも高度な知識をもち、複雑な栄養指導、管理を行う。

  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • フードスペシャリスト

    食品に関する専門知識を活かし、消費者との橋渡しをするスペシャリスト

    食品の流通や販売、レストランやホテルなどの飲食関係の世界で食のプロとして活躍する。食品の品質判定や食品情報の収集・提供などを行って、消費者からの信頼を得て販売促進につなげる仕事をしたり、レストランやホテルなどでは料理やメニュー、食卓、食空間などのコーディネートを行ったりする。食品会社や食品に関わる企業で活躍するほか、外食関係のコンサルティングを行う企業、個人で活躍することも。日本フードスペシャリスト協会が認定した大学・短期大学で所定の単位を履修すると「フードスペシャリスト」の資格が得られる。

  • 栄養士

    栄養指導、献立作成、調理まで行う「食物・栄養」のスペシャリスト

    病院や、保健所、学校などの集団給食施設で献立をつくり、栄養指導をする。医者の治療方針に添った栄養指導から、フィットネスクラブでのダイエット相談を兼ねた栄養指導や、レストランでメニュー開発をするフードコーディネーターとして働くケースも。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

初年度納入金:2017年度納入金 142万7010円 

学科の特長

学ぶ内容

幼児、スポーツ選手、妊婦、高齢者など、人々のライフスタイルに合わせた「食」をプロデュース
人間にはライフステージがあり、乳児期、幼児期、児童期、成人、高齢者など、その過程で必要とされる栄養素は異なります。また、スポーツ選手や妊娠中の方、病気の方によっても、それぞれ異なってきます。健康栄養専攻では、ライフステージ・ライフスタイルに合わせて、健康支援・栄養指導のできる人材の育成を目指します。

カリキュラム

食に関する幅広い知識・技術に加え、食育・健康支援などのレベルアップ科目群を用意
公衆衛生学、解剖生理学、食品学、調理学、給食計画論などを通して、体の仕組みから栄養素まで基礎的な知識と技術を身につけます。さらに、給食の運営・調理、食育、スポーツ栄養学を学び、実際の医療・福祉、教育、スポーツ界で、食生活を指導できるレベルの力を身につけていきます。

授業

解剖生理学b
運動・栄養・環境に対する身体の適応能力との関係、あるいは病気や障害に対する臓器組織の構造や機能を理解する基礎として、解剖生理学を勉強します。身体の構造の理解には、その臓器組織あるいは細胞の持つ機能を正しく理解することが必要です。発育発達や疾病時の細胞・組織の変化を制御する因子についても研究します。

実習

応用調理
日本料理、西洋料理、中国料理の専門家を講師として招き、食材の仕入れ方や目的に応じた調理器具の選び方、スケジュール管理力、盛りつけの技などをトータルに学んでいきます。授業後は、調理法を復習し、使った食材をもとに教材研究を行ったレポートを作成。知識と技術だけでなく、栄養士としての総合力を養っていきます。

資格

食・教育に関する資格に対応
栄養教諭免許状<国>(2種)と栄養士<国>の資格取得が目指せます。学校給食や、食育指導の現場において活躍が期待されるほか、栄養士として、医療・スポーツ・健康・食品業界など、幅広い活躍が目指せます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 栄養教諭免許状<国> (2種) 、
  • 栄養士<国> 、
  • 食品衛生監視員 (任用資格) 、
  • 食品衛生管理者<国>

受験資格が得られる資格

  • 健康運動実践指導者

スポーツ栄養科学インストラクター

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒191-8510 東京都日野市大坂上4-1-1
TEL 042-585-8820(入試センター)

所在地 アクセス 地図・路線案内
日野キャンパス : 東京都日野市大坂上4-1-1 JR中央線「日野(東京都)」駅から徒歩 約12分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

実践女子大学(私立大学/東京)