• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 尚絅大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 現代文化学部
  • 文化コミュニケーション学科

私立大学/熊本

ショウケイダイガク

< 現代文化学部(2018年4月名称変更予定)

文化コミュニケーション学科(2018年4月名称変更予定)

募集人数:
75人

文化を創造し、国際感覚とコミュニケーション力を備えた人材を育成します。

学べる学問
  • 文化人類学

    世界の文化から、特性や相互関係を調査する

    さまざまな民族や文化圏の衣・食・住・家族などを対象に未開と文明を比較し、フィールドワークなどを通じて、人類の文化の共通性、異質性、多様性を知る学問。

  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 日本文学

    古代から現代まで、あらゆる日本の文学作品を学ぶ

    日本文学の作品を読み、テーマや文体などの研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会、人間そのものを研究する。

  • 外国文学

    海外の文学作品を読み、その国の文化や思想を学ぶ

    外国文学を読み、作家や作品の研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会や人間そのものを研究する。文学史、作家論のほか、言語や文化の研究も行う。語学学習は必須。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 秘書

    良きパートナーとして多彩な業務で上司をサポート

    仕事内容は、補佐する上司によっても異なるが、一般的には、次の9つの業務になる。(1)スケジュール管理、(2)客の接遇、(3)文書作成と書類のファイリング、(4)事務機器の運用と管理、(5)上司の仕事の下準備と事後処理、(6)社内外の連絡・調整、(7)出張・交際などの手続きと費用の精算、(8)備品の購入、オフィス管理、(9)情報収集と整理など。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 日本語教師

    外国人に日本語を教える

    外国人に日本語を教える専門教員。単に日本語を教えるだけではなく、一般教養や日本語教育に関する知識、日本の事情に関する知識、また教える相手の外国語および外国事情の知識なども求められる。語感の鋭さや、人柄などの適性も必要。

  • 空港業務スタッフ(グランドスタッフ)

    発券から手続き、搭乗案内など空港内サービス

    空港カウンターでの乗客サービスが主な仕事。旅客案内や誘導・整理など飛行機に乗るまでと、到着後はロビーに送り出すまでの業務を行う。搭乗手続きや手荷物の受付、パスポート・ビザの確認、言葉に困っている人の案内役をつとめるなど仕事内容は幅広い。

  • 図書館司書

    本に関する情報整理の専門家

    公共図書館の専門職員として本や資料の収集・分類整理、蔵書の貸し出し、読書指導などを行うのが仕事。学校の図書館で働くためには教員普通免許を取得し、司書教諭の講習を修了することが必要。

  • 書道家

    文字を筆と墨で書く芸道

    文字を筆と墨で書く芸術家。展覧会などを開ける著名な書道家はごく少数。師範として子ども達や趣味の講座などで書道を教える場合が多い。精神を安定させて、おだやかな気持ちで書くことが大切。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

初年度納入金:2017年度納入金 106万円  (入学金22万円、授業料62万円、施設設備資金22万円)

学科の特長

学ぶ内容

社会と文化について基礎から広く学びます
1年次から2年次前期までに日本語運用能力、外国語運用能力を高め、社会と文化について広く学び、2年次後期から専門の課程に進みます。目指す卒業後の進路に合わせて、4領域から1つを主たる領域として選択し、これに他の領域の授業科目を組み合わせて学びます。
4領域から主な領域を1つ選択し、より専門的に学習
文学及び日本の伝統文化を中心とする「文芸文化領域」、日本及び東アジアの社会・歴史と国際関係を中心とする「日本・東アジア社会文化領域」、観光文化・観光ビジネスを中心とする「観光文化領域」、情報デザインやアニメーション・マンガなどの現代的サブカルチャーを中心とする「情報メディア文化領域」から構成。
より深く学ぶことができる履修モデル
専門教育の領域の組み合わせによって、「グローカルモデル」「ローカルモデル」「ビジネスモデル」「カルチャーモデル」などの履修モデルがあり、学生はこれらから選択して、学修を進めていきます(届出書類提出中のため、内容には変更の可能性あり)

施設・設備

開放的な雰囲気の中で、学生生活を満喫できる「武蔵ヶ丘キャンパス」
武蔵ヶ丘キャンパスには、本学科と短期大学部幼児教育学科、附属こども園を設置。緑あふれる学内には、9万冊の蔵書を持つ図書館や最新機種を備えた情報処理室、学生食堂を兼ねた休み時間や放課後にも利用できる学生ホールなど、真摯に学ぶ学生をさまざまな角度からサポートする環境が整っています。

教育目標

多様な表現文化を広い視野から調査・分析する能力を修得し、現代の課題を解決しうる人材を育成
高度なコミュニケーション能力を基礎に、社会と多様な表現文化に対する調査・分析能力を修得して、情報化とグローバル化が進む日本社会において現代の課題を発見し、ビジネスや行政の場において協働して解決しうる人材の育成を目指します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 司書<国> 、
  • 社会調査士 、
  • プレゼンテーション実務士 、
  • 観光ビジネス実務士

日本語教師(大学認定)

目標とする資格

    • 中国語検定試験 (2級以上) 、
    • 「ハングル」能力検定試験 (2級以上) 、
    • 日商簿記検定試験 、
    • 秘書技能検定 、
    • 日商PC検定試験 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • 通訳案内士<国> 、
    • 国内旅行業務取扱管理者<国> 、
    • 総合旅行業務取扱管理者<国>

    TOEIC(R)テスト(600点以上) 
    児童英語  
    日本語ワープロ検定試験  
    情報処理技能検定試験  
    文書デザイン検定試験  
    ビジネス能力検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    産山村 、 熊本日日新聞社 、 熊本放送 、 熊本銀行 、 日本生命 、 タカラスタンダード 、 鹿本農業協同組合 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

文化言語学部文化言語学科 卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒862-8678 熊本県熊本市中央区九品寺2-6-78 九品寺キャンパス内「入試センター」
096-273-6300
nyushi@shokei-gakuen.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
武蔵ヶ丘キャンパス : 熊本県菊池郡菊陽町武蔵ヶ丘北2-8-1 「辛島町」駅から交通センター16番乗場発バス 40分 尚絅大学前下車 徒歩 1分
JR「武蔵塚」駅から徒歩 20分

地図

 

路線案内


尚絅大学(私立大学/熊本)