• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 昭和大学
  • 学校の特長

私立大学/東京・神奈川・山梨

ショウワダイガク

寮などの学生サービスが充実

医療人の基礎となる思いやりのこころを育む「1年次全寮制」

学部の異なる4人が同じ部屋でともに過ごす富士吉田キャンパスでの全寮生活は、大学生活の中で大きな意義をもたらすものです。共同生活をとおして、他者への思いやりと共生のこころを育むとともに、幅広い視野を養い、医療人としての基礎を身につけていきます。富士吉田キャンパスでの学びには、基礎・教養科目を中心としながら、学部固有の学習や、医療人として早期に身につけておきたい人間性や心構え、さらに学部連携実習など幅広いカリキュラムが組まれています。また、昭和大学が全学部共通の教育目的とする“チーム医療”については、4学部混合チームで行われる「初年次体験実習」などをとおして現場を実際に体験しながら学びます。学校の特長1

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

全学年にわたる継続的な積み上げにより、確かな力を身につける

全学部の教員や附属病院が密に連携して構築する、昭和大学独自の“チーム医療”プログラムが大きな特長です。初年次体験実習に始まり、PBLチュートリアル、学部連携病棟実習、選択実習など全学年にわたって継続的に学べる学部連携のカリキュラムが整備されています。高学年次での病棟実習では附属病院で1週間、4学部混合チームで患者さんを担当し、病棟現場で治療プランを深く検討します。学部の違う学生がひとつのチームを組み、お互いの専門知識やスキルを共有しながら、学生自ら考え、解決に向けてチームで実践していく。昭和大学ではこうした継続的な積み上げを確実な力へとつなげていき、今、本当に必要とされる医療人を養成します。学校の特長2

施設・設備が充実

全学部・全学生が8つの本学附属病院で昭和大学ならではの実習を実施

全学部のすべての学生が、本学附属病院の現場で実習を行います。4学部と病院が連携した病院実習プログラムが低学年次から展開され、各職種の役割と専門性、医療チームの連携を理解するとともに、患者さんの想い、生命の尊さを実感することで高い目的意識を持ちながら学びを進めていきます。また、高学年次での臨床実習では全学部においてクリニカル・クラークシップ(診療参加型実習)を実施。指導担当のもと、全学生が医療チームの一員として参加し、許容される一定範囲の医療行為を行いながら知識・技術・態度のすべてを実践の中で磨きます。8つの附属病院には全学部の臨床教員を配置し、多数の教員によるきめ細かい臨床実習の指導を行います。学校の特長3
昭和大学(私立大学/東京・神奈川・山梨)