• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 上智大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 総合グローバル学部

私立大学/東京

ジョウチダイガク

総合グローバル学部募集人数:220人

「国際関係論」と「地域研究」の2つの視点で世界を立体的に捉え、グローバル社会に貢献する職業人として、世界を舞台に活躍!

募集学科・コース

総合グローバル学科

キャンパスライフShot

Photo
すべての学部・学科が集う四谷キャンパスで学びます。
Photo
グローバルとローカルの双方向視点の教育を行いグローバル人材の育成をめざします。
Photo
中東・アフリカ研究とアジア研究を中核としながら、外国語学部との連携で他の地域を対象とした専攻も可。

学部の特長

学ぶ内容
総合グローバル学科
総合グローバル学科では、国際関係論と地域研究の二つを専門として学びます。 
◆国際関係論とは 
企業や市民団体などの国を超えた動きを視野に収め、グローバルな文化の流行にも目を向けるのが国際関係論です。 国際政治の現実を動かす力とルールを探求する「国際政治論」または、世界の人々が手を取り合い、支え合う可能性を検証する「市民社会・国際協力論」のどちらかを選択。 
◆地域研究とは 
グローバル化が現れる現実の場としての地域のあり方をみることで、画一化の流れに目を奪われず、多様性の調和が世界に与える豊かさを論じるのが、地域研究です。 かつては、遠い場所のように感じた中東やアフリカ諸国に対して、より身近になったことを実感する「中東・アフリカ研究」または、アジアに生きる私たちがアジアのことを理解する「アジア研究」のどちらかを選択(それ以外の地域の選択も可能)。 それぞれを選択し組み合わせることで、複合的な視座の獲得をめざします。
授業
カリキュラムの特色
効率的な学習のために、軸となる「国際関係論」と「地域研究」は、1年次に入門科目、1・2年次に基礎科目、2・3年次に専門科目、3・4年次に応用科目と段階を踏んだ体系的な科目構成となっているのが、カリキュラムの特色です。 さらに理解を深めるために、1年次の基礎演習、3・4年次の演習、2~4年次には学生自身が学習内容を決定する自主研究(フィールドワーク、インターンシップなど)など、学生が主体的に取り組むことが必須の科目も充実しており、英語に加え、地域言語などの外国語習得と併せて重視されています。
学部のプロフィール
学部の特色
2014年4月に開設された新しい学部です。この学部が何よりも重視しているのは、世界を捉える複眼的な「視座」の体得。そこで、地球規模で思考するための「国際関係論」とグローバル化が進む中でも現実の場を見失わないための「地域研究」の2軸を中心に学んでいきます。その両輪を軸として、地球規模で情報が行き交う現代社会において、人間、資源、資金、価値の自由な往来に貢献する一方で、それぞれの地域の人々や社会、文化、伝統の独自性と、それが世界にもたらす豊かな多様性を守り育てる。そんな仕事に将来携わることのできる学生を育てることを目的としています。また、段階的で多元的な教育を通して、世界の人々が共に歩む真にグローバルな共生社会の実現に貢献できるような授業を行っていきます。

入試・出願

実施入試一覧

合格難易度

就職率・卒業後の進路 

■卒業生の未来像
国際性の高い企業および政府組織、各種の国際機関、国際的非政府組織、国内外の研究教育機関で働く専門的職業人をめざします。または、世界情勢を把握しつつ、特定地域の状況にも細やかな配慮ができる人材を養成するため、より高度な教育を行う大学院への進学にも注力しています。

問い合わせ先・所在地

〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
03-3238-3167

所在地 アクセス 地図・路線案内
四谷キャンパス : 東京都千代田区紀尾井町7-1 「四ツ谷」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


上智大学(私立大学/東京)