• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 上野学園大学
  • 学校の特長

私立大学/東京

ウエノガクエンダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

個人レッスンを中心としたカリキュラム。アンサンブル科目も充実。

個人レッスンは、演奏家コースが週120分、器楽・声楽コースは週60分。基本的に一人の先生が4年間を通して指導することで、確実なレベルアップを目指します。また、アンサンブル科目も充実しており、「室内楽」「オーケストラ」「合唱」「弦楽合奏」「ウィンド・アンサンブル」などを通して、演奏家のみならず指導者としての素養も身につけます。学校の特長1

施設・設備が充実

授業でも使用する「上野学園 石橋メモリアルホール」では演奏会も多数開催。

多くのクラシック音楽ファンに親しまれてきた「上野学園 石橋メモリアルホール」が、改築を終えて開館。演奏会はもちろん授業や試験、公開講座など、さまざまな学びの場として使用し、学生が広い空間で演奏できる貴重な機会を設けています。ホールで開催される演奏会には本学教員も多数出演。音楽を学ぶための環境がますます充実しています。また、上野キャンパスの校舎は安心・安全にこだわりぬいた防犯設備と耐震設計がなされています。さらに、学生寮も完備。学校の特長2

先生・教授・講師が魅力的

クラシック音楽界で活躍するトップアーティストが直接指導!

世界トップクラスの演奏家による週120分(演奏家コース)、週60分(器楽・声楽コース)の個人レッスンの他に、第一線の演奏家と共に演奏しながら学ぶ室内楽等、カリキュラムを充実させ、世界に通用する演奏家を多面的に育成。教員に、植田克己(ピアノ)、ミハイル・カンディンスキー(ピアノ)、矢部達哉(ヴァイオリン)、今井信子(ヴィオラ)、三上明子(フルート)、広田智之(オーボエ)、彦坂眞一郎(サクソフォン)、佐藤美枝子(声楽)、小林英之(オルガン)、曽根麻矢子(チェンバロ)など、世界で活躍する演奏家が指導にあたります。写真は今井信子教授による室内楽(演奏家コース授業科目)の授業です。学校の特長3
上野学園大学(私立大学/東京)