• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 常葉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中野 瞬さん(社会環境学部 社会環境学科/消防士)

私立大学/静岡

トコハダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

人の役に立つを大事に

消防士  として働く  中野 瞬さん  にインタビュー!

  • 公務員業界
  • 公務員
  • 人に喜んでもらうのが好き
  • mixiチェック
インタビュー

"常に命と全力で向き合う"。それこそが、消防士の仕事

この仕事の魅力・やりがい

 消防士の仕事は、救急・消火・救助活動が中心。他にも、日常的な業務などその全てにおいて絶えず勉強が必要です。救急出動や医療はどれだけ勉強しても進歩を続けますし、同じ火災現場はありませんから。また、現場での嬉しい気持ちや悔しさが次のより良い活動につながります。私自身とても印象に残っている現場があります。それは、心肺停止状態の傷病者を救助にあたったときのこと。まだ配属されたばかりで自分にできることを探して、懸命に障害物の撤去をしていました。すると先輩から「逃げるな!」と言われたのです。その瞬間、“目の前の人を救うこと”が自分の仕事だと再確認しました。消防士は常に心を成長させられる職業だと思います。

消防士として働く中野 瞬さん

どんな現場でも冷静でいられることが私の強みです

消防士として働く中野 瞬さん
今の仕事との出会い・きっかけ

分遣所は人数も少ないので、絆も深いです

今の仕事との出会い・きっかけ

 現在は同じ職場の上司でもある同級生に、消防士について話しを聞いたことがこの仕事に就いたきっかけです。消防士という仕事に対して、熱意と誇りを持っている姿がかっこよく見えたんです。でも当時は、消防士になることは考えていませんでしたし、他から内定をいただいていました。それでも、同級生とともに地元に貢献したいという想いは強くなる一方でした。大学3年生から消防士を目指すのは不安も多かったですが、環境防災学科で学んでいましたし、この学部から消防士になる方もいたので、自分も目指すことを決意したのです。また、公務員になるために所属していた『公務員対策ゼミ』での学びはとても役に立ちましたね。

私の学生時代!

須山分遣所はドラマの撮影に協力したこともあります

私の学生時代!

 今も続けていますが、中学生から大学生までの期間は、とにかく野球に打ち込んでいました。野球を通じて身につけた積極性は、今の仕事にも活きていると思います。高校時代のトレーニングは辛いもので、走りにくい砂浜を先生が「よし!」と言うまでひたすら走り続けるなど、精神力や持久力を徹底的に鍛えることもできました。当時の先生の「我慢して、成果が実るのを待ちなさい」という言葉は私の人生の指針にもなっています。消防士は人を助けることに力を注ぐ中で、何事にも左右されない冷静さを持つことが大切です。私が現場で心を乱さずに冷静さを保てるのは、ずっと続けてきた野球のおかげだと思います。

プロフィール

中野 瞬さん のプロフィール

裾野市消防本部 須山分遣所 勤務/環境防災学部 環境防災学科(現:社会環境学部 社会環境学科)/2009年3月卒/ 消防士となって6年目。後輩ができた今だからこそ改めて“気配りと思いやり”が大切と話す中野さん。「消火活動や救助活動の場ではチームワークが鍵を握ります。そのため、普段の生活から相手のことを理解するだけでなく、自分のことを相手に伝えて、信頼関係を築くことが何よりも大切です」。また、火災などの予防に力をいれるため、建物の火災予防についても学びを深めているという。さらに、地元の公民館などで行われる防災訓練などには必ず参加し、地域全体のつながりを強めながら防災に対する意識を高める活動にも取り組んでいる。

この先輩が卒業したのは…

常葉大学 社会環境学部 社会環境学科

学校イメージ

 社会環境学部は、地球環境や防災を専門的に学ぶことができる全国でも数少ない学部。「環境・地域社会コース」「環境・自然再生コース」「社会・安全コース」の3コースから構成されています。文系も理系も学べる「文理融合型」教育で、環境や防災、危機管理などをテーマに社会と環境の関係を幅広い視点から学習。社会で役立つ実践型・体験型の授業を通して、環境・安全・防災の実践的な知識やスキルを身につけた社会に貢献できる人材を育成します。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

常葉大学(私立大学/静岡)