• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 神戸親和女子大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 発達教育学部
  • 福祉臨床学科

私立大学/兵庫

コウベシンワジョシダイガク

福祉臨床学科

募集人数:
40人

現場での豊富な実習を積み重ねながら、福祉のプロを育てます。

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

目指せる仕事
  • 幼稚園教諭

    “子どもが好き”を原点に、一人ひとりの個性を育てる

    毎朝登園した幼児の健康状態をチェックし、音楽、絵画、運動や遊びなどの指導をする。幼児は体調を崩しやすいので、十分な目配りが必要な仕事だ。子どもたちへの直接の教育のほか教室の掃除、カリキュラムの作成、園児の行動記録など仕事の範囲は広い。

  • 保育士

    乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

    食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • ケースワーカー

    社会生活上、困っている人に相談・助言を行う

    障害者、児童、高齢者など、地域で福祉サービスを必要としている人の相談に乗り、保育所などの福祉施設の入所や生活保護を必要とする人への適用手続きをすることなどが主な仕事。各地方自治体の福祉事務所で相談・援助の第一線で勤務する公務員のことをケースワーカーと呼ぶ。

  • 福祉施設指導専門員

    福祉施設を利用する老人や障害者への直接指導を行ったり、施設職員の指導を行ったりする。

    老人福祉施設や障害者福祉施設、児童福祉施設などで、入所している老人の介護、障害者への生活指導や職業指導、児童の生活や養育の面倒を見るなど、入所者への直接的な指導を行う一方、施設職員の能力向上のための指導なども行う。また、施設行事の日程を企画したり、要介護者のケアプランの作成を行ったり、訪問看護のケアマネージャーを行うなど、施設と患者の間に立ったプラン作成やマネージャーとしての役割を果たす。さらに、必要に応じて、他の機関(専門の病院など)との連携がとれるように調整することも。

  • 福祉相談指導専門員

    医療福祉や介護の中で、患者とその家族の相談を受けたり、介護に携わる人の指導や相談を受ける。

    医療福祉施設や介護施設、介護などに関連する商品を販売している会社などで活躍するのが福祉相談指導専門員。まず、患者とその家族の相談を受けて、精神的な支えになったり、具体的な生活指導やさまざまな情報の提供を行う。一方で、介護に直接携わる人の相談に乗り、指導を行う。「介護サービスのプラニング」「ホームヘルパーの指導」「行政機関・ボランティア団体の連携折衝窓口」などを通じて、介護に携わる人をバックアップする。また、介護に必要になる介護医療機器(用品)のアドバイスをしたり、購入の手助けをしたりもする。

初年度納入金:2017年度納入金 142万9300円 

学科の特長

学ぶ内容

地域福祉とのふれあいを通して実践力を養成
福祉の実践力を育むため、地域社会と連携することで、福祉の現場を体験できる機会を多く設けています。学内に設置された「地域交流センター」でのボランティア活動に関する情報収集や、さまざまな地域活動、子どもたちとのふれあいなど、学生の積極性を十分にサポートする体制が充実しています。
「専門知識で社会問題に対処できる人材」、「子どものこころがわかる人材」を育てる2コース
社会福祉コースでは、現代の社会問題に対する敏感な感性や知識、技術を高め、社会福祉士をめざせます。子ども福祉コースでは、子どもの気持ちを理解し、成長を支援する社会福祉専門職としての保育士を養成します。

実習

体験的に実践力が身につく子育て支援センター『すくすく』
近年、子育てで孤立する保護者が増えてきており、幼稚園教諭や保育士にとっては保護者への対応の重要度が増しています。子育て支援センター『すくすく』は開設以来、のべ4万人を超える親子を受け入れてきました。保護者と接することのできる『すくすく』は、学生にとって貴重な経験の場となっています。

資格

保育士や幼稚園教諭への道も開かれ、ますます広がる将来の選択肢
福祉臨床学科では、社会福祉士国家試験(受験資格)とあわせて保育士資格を取得できるカリキュラムを用意。また通信教育プログラム併修により、幼稚園教諭一種免許状の取得もめざせます(別途費用が必要)。

制度

国家資格取得に向け万全のバックアップ体制
社会福祉士の国家試験受験資格や保育士資格の取得をめざし、社会福祉施設や教育機関での豊富な実習を用意しています。また、社会福祉士国家試験や保育士の資格試験の合格に向けて対策講座等を設けるなど、きめ細かなサポート体制を整えています。

研修制度

世界の福祉の最先端を学べる福祉先進国での海外研修
「海外福祉研修」では、福祉先進国である北欧諸国において研修を実施しています。研修先の国の保育園や障がい者・高齢者などの福祉施設を見学しながら、ノーマライゼーション、教育、福祉制度を学び、世界の福祉の“今”を体感できます。日本の福祉の“これから”を考えます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 保育士<国> (40名) 、
  • 司書<国>

受験資格が得られる資格

  • 社会福祉士<国>

目標とする資格

    • 幼稚園教諭免許状<国> (一種※)

    ※通信教育プログラム併修が必要(費用別途)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    社会福祉法人(保育園含む多数) 、 大東建託 、 神戸市(福祉職) ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒651-1111 神戸市北区鈴蘭台北町7-13-1 アドミッションセンター
フリーダイヤル:0120-864024(ハローシンワニュウシ)
nyushi@kobe-shinwa.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
兵庫県神戸市北区鈴蘭台北町7-13-1 神戸電鉄「鈴蘭台」駅東出口から徒歩 約10分
神戸電鉄「鈴蘭台」駅東出口からバス 約3分

地図

 

路線案内


神戸親和女子大学(私立大学/兵庫)