• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 神奈川工科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 創造工学部
  • ロボット・メカトロニクス学科

私立大学/神奈川

カナガワコウカダイガク

ロボット・メカトロニクス学科

募集人数:
50人

確かな技術力、幅広い視野を身に付け、次世代ロボット開発に挑む

学べる学問
  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    物質を構成する素粒子の一つである電子の流れ、つまり電流を、実験や実習を多用して、エネルギーや情報伝達の要素として研究していく学問。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 舞台機構調整技能士

    すべての観客に臨場感ある音を提供

    演出、構成担当者の指示で、演劇などの舞台の音響プランを作成。これに基づき、すべての観客が臨場感ある音を聴けるよう、音響機器の配置や操作をする。会場での音の響き方を正確に聞き分け、どこにどんな機器を使うか判断できなければならない。また舞台に必要な効果音、BGMなどのテープ編集もする。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

  • 福祉相談指導専門員

    医療福祉や介護の中で、患者とその家族の相談を受けたり、介護に携わる人の指導や相談を受ける。

    医療福祉施設や介護施設、介護などに関連する商品を販売している会社などで活躍するのが福祉相談指導専門員。まず、患者とその家族の相談を受けて、精神的な支えになったり、具体的な生活指導やさまざまな情報の提供を行う。一方で、介護に直接携わる人の相談に乗り、指導を行う。「介護サービスのプラニング」「ホームヘルパーの指導」「行政機関・ボランティア団体の連携折衝窓口」などを通じて、介護に携わる人をバックアップする。また、介護に必要になる介護医療機器(用品)のアドバイスをしたり、購入の手助けをしたりもする。

初年度納入金:2017年度納入金 156万8000円 

学科の特長

学ぶ内容

次世代のロボットづくりに欠かせない人間工学の視点
役に立つロボットの先にある、もっと役に立つロボットとは何か。人間の命令に従うだけのロボットではなく、時には従わない機能が求められるのではないか。人間の生活環境で一緒に暮らすロボット、そんな次世代ロボットの実現のために、機械系、電気電子系、情報系に加え、人間工学系の科目を配置しています
PBL教育で、主体的に考える力を持ったエンジニアを育成
学生が主体的に考える力を持ったエンジニアとなるため、課題解決型の能動的学修(アクティブラーニング)の1つであるPBL(Project-Based Learning)教育に力を入れています。PBL教育とロボット工学専門教育(講義科目)を連関させることで、問題発見・解決能力を鍛えながら段階的に大きな課題へチャレンジしていきます
プロダクト・デザイン教育で効率的開発プロセスを学ぶ
基礎を固めた後に上位学年においては、ロボット工学技術と人間中心設計を組み合わせたプロダクト・デザイン教育を実施。次世代ロボットには何が必要かを考え、完成までの計画を練り、PDCAサイクル【Plan(計画立案)、Do(実行)、Check(分析・評価)、Action(改善)】によって効率的に開発するプロセスを学びます

カリキュラム

ロボットの基礎となる「ロボット制御」
ロボットを動かす際には、空間内でロボットの軸(関節)がどの位置にあるべきかを座標で正確に示し、命令を入力することが必要になります。「ロボット制御」の授業では、行列・ベクトルなどの概念を用いて、座標変換とフィードバック制御の基礎を、シミュレーションを通してどのように動くのかを確認しながら学びます

施設・設備

さまざまな工作・測定機器を配したロボット関連施設
体験型授業・学生プロジェクトなどを行う「ロボット・プロジェクト棟」や、居住空間で働くロボットがさまざまな作業をこなす実験のための「ロボティックルーム(仮称)」、脳の活性化状態を観測する「認知行動科学研究室」など、充実した施設が揃っています

研修制度

海外で組み込みシステム技術を学ぶ「海外創造工学研修」
春期休暇中の9日間、国立シンガポール大学で行われる研修です。授業はすべて英語で行われ、障害物を回避して進むロボットプログラム作成の実習を行います。参加者は「英語力の必要性を実感した」「一生懸命伝えようとすれば英語は上達することがわかった」などの手応えをつかみ、学びへのモチベーションを高めています

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【技術】<国> (1種) 、
  • 学芸員<国>

受験資格が得られる資格

  • 作業環境測定士<国> (1年以上の実務経験が必要) 、
  • 第一種衛生管理者<国> (1年以上の実務経験が必要) 、
  • ファンダメンタルズ・オブ・エンジニアリング【FE】試験 、
  • プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験 (FE合格後4年以上の実務経験が必要)

目標とする資格

    • 危険物取扱者<国> (乙種) 、
    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R) 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 、
    • 無線従事者<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    SMC 、 荏原製作所 、 神奈川中央交通 、 JUKI 、 セーラー万年筆ロボット機器事業部 、 綜合警備保障 、 ソラスト 、 日本ケミコン 、 パナソニックコムハート 、 東日本電信電話(NTT東日本) ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030
TEL 046-291-3002(企画入学課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県厚木市下荻野1030 「本厚木」駅からバス 23分

地図

 

路線案内


神奈川工科大学(私立大学/神奈川)