• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 聖心女子大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 文学部
  • 日本語日本文学科

私立大学/東京

セイシンジョシダイガク

日本語日本文学科

募集人数:
45人 (一括募集)

日本文化を生み育てた日本語。書く、聞く、話す、教えることを学ぶその先に、日本の文学と文化を考える「私」がいます

学べる学問
  • 語学(日本語)

    日本語によるコミュニケーションについて研究する

    日本語の成り立ちや構造、活用法などを国際的な視点から研究する学問。言語の背景となる文化や思想、社会とのかかわり、外国人向けの日本語教育などが研究分野になる。

  • 日本文学

    古代から現代まで、あらゆる日本の文学作品を学ぶ

    日本文学の作品を読み、テーマや文体などの研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会、人間そのものを研究する。

  • 児童文学

    日本や外国の児童文学を研究し、創作する

    童話や昔話など、児童を対象にした文学と、児童文学の読み手である児童の心理や言葉の発達などについて研究する。児童文学を創作することもある。

  • 文芸学

    作品や作家を研究したり。自らの創作能力を磨く

    文学を芸術の一分野、言語芸術としてとらえ、小説、詩、評論などの作品を通して考察し、自ら創作していく学問。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 日本語教師

    外国人に日本語を教える

    外国人に日本語を教える専門教員。単に日本語を教えるだけではなく、一般教養や日本語教育に関する知識、日本の事情に関する知識、また教える相手の外国語および外国事情の知識なども求められる。語感の鋭さや、人柄などの適性も必要。

  • 作家・小説家

    文章表現で、人を感動させる作品をつくる

    大きくは、純文学系とエンターテイメント系に分かれる。作品を書き下ろし単行本になる場合と、新聞や週刊誌、月刊誌などに連載されたものがあとから本にまとめられる場合がある。いずれにせよ、書き続ける意欲と情熱は欠かせない。

  • 編集者

    本や雑誌の企画・編集から取材まで

    書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル。企画を立て、執筆者やカメラマン、デザイナーに仕事を依頼し、それをまとめるのはもちろん、印刷所との折衝など、本が完成するまでの全工程に携わる。

  • 図書館司書

    本に関する情報整理の専門家

    公共図書館の専門職員として本や資料の収集・分類整理、蔵書の貸し出し、読書指導などを行うのが仕事。学校の図書館で働くためには教員普通免許を取得し、司書教諭の講習を修了することが必要。

  • 小学校教諭

    全教科オールラウンドに教える小学校の先生

    公立、私立の小学校で先生をする。学習指導要領に沿って授業計画を立て、生活と教科の指導を行う。音楽、図画、家庭科、体育などの専任教諭をおいている学校もあるが、原則として全教科を教える。授業以外にも授業の下調べや教材づくり、テストと採点、生活指導などやることは多い。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 大学教授

    専門の研究をもち、大学のゼミや講義で指導する

    大学教授になるまでには、助教→講師(専任・非常勤)→准教授→教授と順を追って昇進していくのが一般的。教授には研究室や研究予算が与えられるので、独自の専門分野の研究を続けつつ、学生の指導にもあたる。指導力も重要だが、定期的に学会などで論文を発表したり、研究成果を出していくことも大切な仕事だ。

初年度納入金:2017年度納入金 137万円  (分納可)

学科の特長

カリキュラム

2年次から各学科・専攻に分かれるユニークな教育システム
1年次は全員が基礎課程に所属し、学科専攻を定めず各自の興味と関心により各学科の入門科目を学びます。その中で、本当に学びたい学問分野を見定め、2年次からの学科・専攻を決めます。このシステムによって、幅広い教養を身につけるリベラル・アーツ教育を実践するとともに、間違いのない学問分野選びを支援しています。

授業

「日本語学」「日本文学」「日本語教育」の3分野から成り、多様なテーマの授業科目を用意
日本語学:日本語の特徴や歴史を研究し、日本語の本質に迫ります。日本文学:古典と近・現代文学作品を各時代の言葉、社会、文化などと関連づけながら読み解き、考察します。日本語教育学:日本語を母語としない外国人に日本語を教えることを学びます。児童文学、アニメ、浄瑠璃・歌舞伎などをテーマとした授業も用意。

資格

「日本語教員課程」を開設し、日本語教員を養成
日本語教育学分野では、日本語教員を養成する資格課程「日本語教員課程」を開設しています。受講生は第一・第二外国語に加えて第三外国語を学び、課程の総仕上げにあたる「日本語教育実習」ではオリジナルの教材を用いながら、外国人学習者に日本語を教えます。ここから巣立った多くの日本語教員が海外で活躍しています。

教育目標

日本語と日本文化を深く理解し、世界に向けて発信できる学生を育てる
私たちは、国際的な視野を持つと同時に、自らの母語である言語や、自らが属する文化について深く理解し、異なる文化の人々にわかりやすく伝えていく力を求められています。3分野の学びを通じて、日本語と日本文化を深く理解し、世界に向けて発信することのできる卒業生を送り出そうとしています。

制度

興味や問題意識に応じた「副専攻制度」で、物事を多面的にとらえる力を養う
所属の学科専攻に加え、もう一つの専攻を履修できるシステムです。各学科が提供するカリキュラムのほか、自ら決めたテーマについて学科を超えて学ぶ「総合リベラル・アーツ副専攻」のカリキュラムも用意しています。自分の興味・関心や問題意識に応じて自由に選択でき、専門とする学問の理解を深めることにも役立ちます。

入試

AO入試、一般入試(3教科方式、総合小論文方式)で学生を募集
AO入試は入学意欲や表現力などを判断するために、小論文や面接、調査書の審査を実施。一般入試は2種類の方式があり、3つの科目を選択し筆記試験を受ける「3教科方式」と、通常の学力試験で測れないタイプの能力を持つ学生を、小論文や客観的に学力を測る問題で審査する「総合小論文方式」があります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【国語】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【国語】<国> (1種) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国>

日本語教員資格(本学独自)

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 98.5 %

( 就職者数454名 )

主な就職先/内定先

    日本ハム 、 三菱電機 、 全日本空輸 、 東日本旅客鉄道 、 トヨタカローラ福島 、 三井住友銀行 、 三菱東京UFJ 銀行 、 住友生命保険 、 日本郵便 、 内閣府 ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒150-8938 東京都渋谷区広尾4-3-1
TEL 03-3407-5076
goukaku@u-sacred-heart.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都渋谷区広尾4-3-1 「渋谷」駅からバス 14分 日赤医療センター前下車 徒歩 3分
「広尾」駅から天現寺橋・聖心女子大学方面、2番出口を出て徒歩3分

地図

 

路線案内


聖心女子大学(私立大学/東京)