• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 札幌国際大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 平河内 毅さん(人文学部 現代文化学科/学芸員)

私立大学/北海道

サッポロコクサイダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

学芸員  として働く  平河内 毅さん  にインタビュー!

  • 公務員業界
  • 教育業界
  • 公務員
  • 謎やルーツを調べるのが好き
インタビュー

学芸員として経験を積み、将来は北海道の歴史に精通した考古学者として活躍したい!

この仕事の魅力・やりがい

斜里町と知床半島の歴史や自然、動植物などを紹介する知床博物館で、学芸員としてさまざまな業務に携わっています。たとえば、団体のお客さまを対象とした展示解説をはじめ、館内で行う展示や講座の企画、さらにこの夏には大がかりな特別展示があり、ちょうどその準備が始まろうとしているところです。それ以外にも、遺跡の発掘調査など、仕事を通して地域の歴史や数千年前の人びとの生活に触れることができ、考古学が好きでこの道へ進んだこともあって、毎日が充実しています。しかも、博物館には貴重な資料が保管してあり、それらを自由に閲覧できるのも大きなメリット。北海道ならではのアイヌ文化を研究したいという目標も生まれました。

学芸員として働く平河内 毅さん

展示解説は丁寧に、分かりやすくがモットー!

学芸員として働く平河内 毅さん
今の仕事との出会い・きっかけ

北海道にこだわって研究しています

今の仕事との出会い・きっかけ

小学生のころ、デパートで開催されたエジプト展へ行ったのをきっかけに考古学に興味を持ち、それ以来、考古学者になる夢を持ち続けています。中学生のとき、研究ができる仕事を探し、学芸員の存在を知りました。ただ、北海道で考古学を学べ、学芸員の資格を取得できる大学は限られています。札幌国際大学への進学を決めたのは、オープンキャンパスで尊敬できる先生にお会いしたから。また、入学後に出会った先生からは、今につながるいろいろなことを学びました。研究対象を北海道に絞ったのも、中世の北海道を研究していたその先生の影響です。将来、考古学者として活躍するためにも、毎日の仕事を通して知識と経験を深めています。

私の学生時代!

夏の特別展示を企画中。やりがいは充分です

私の学生時代!

在学中は考古学・博物館研究会に所属し、キャンパス内にある大学博物館の管理・運営を行っていました。そうした活動だけでなく、毎年、夏休みには遺跡の発掘調査にも参加。毎日、コツコツと土器や石器の実測を行ったり、スケッチしたりと、とにかく学芸員になるために必要なことには積極的にチャレンジしました。石狩管内にある博物館との共同研究を卒論に選んだのも、実践での経験を深めるため。結果的に著作者の一人として論文に自分の名前が列記され、就職活動ではそれが役立ちました。放課後、研究室でゼミ仲間と考古学の勉強に取り組んだのもいい思い出。また、アルバイトではバスツアーの添乗員を経験し、人前で話す度胸がつきました。

プロフィール

平河内 毅さん のプロフィール

知床博物館に考古・歴史担当の学芸員として勤務/人文学部 現代文化学科 考古学・博物館コース(2012年4月より日本文化コースに改組)/2013年3月卒/博物館などの学芸員は欠員が生じなければ人員を募集しない上、昨今は修士や博士課程を修了した人の応募も多いことから狭き門となっているそう。「札幌国際大学は一人ひとりの意思を尊重し、やる気に応えてくれる大学です。幅広い研究に取り組む先生がいて、博物館などの施設もあり、ブレずに努力すれば大学院へ進学しなくても学芸員としての道は必ず開けます!」と平河内さん。4年次の11月に就職が決まり、卒業直前の3月に付き合っていた彼女と結婚。休日は2人で知床周辺の観光を楽しんでいる。

この先輩が卒業したのは…

札幌国際大学 人文学部 現代文化学科

学校イメージ

目指すのは、 「教養」という、目には見えないけれど、確かに感じることのできる「知の力」を身につけること。そして、その「知の力」を現代に活かすことです。そのため現代文化学科ではフィールドワークを重視しています。「英語フィールドワーク」、「博物館マネジメント演習」、「現代文化フィールドワークII」、そして 独立行政法人国際交流基金の採択を受けて海外の提携校で日本語教育の実習を行う「海外日本語インターンプログラム」など、フィールドワークに参加することで“文化の理解”、“文化の継承”、そして“文化の発信”を行える人材を育てます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

札幌国際大学(私立大学/北海道)