• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 千葉工業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部

私立大学/千葉・東京

チバコウギョウダイガク

工学部募集人数:720人

現代社会を支える工学の技術と知識を身につけたプロフェッショナルに!

募集学科・コース

確かな技術と柔軟な発想力を持ち、幅広い舞台で活躍できる技術者を育成

機械工学と電子工学を融合した知識・技術・センスを身につけ、最先端のものづくりに必須な設計センスや技術力を育成

ものづくりの基盤となる材料を多角的に研究し、材料のさらなる可能性を提案できるエキスパートを育成

電気と電子、2つの技術を活用し、生活に不可欠な電気の利便性向上や効率的な仕組みを追究

ハードウェアとソフトウェアの両面を学び、情報化社会をリードする通信技術者を育成

社会のニーズに応え、先端化学材料開発から生命・環境分野まで網羅する教育・研究を行う

キャンパスライフShot

Photo
全ての学生、教職員が様々な製作目的で利用できる工作センター
Photo
光ファイバによる高感度な振動測定
Photo
電波の伝搬経路をシミュレーションし、環境ごとの電波の特性を調べる実験

学部の特長

学ぶ内容
機械工学科
自動車や鉄道などの輸送機器から、工場などの生産設備、家電製品まで、さまざまな機械の設計・製造に必要とされる学問が機械工学です。この学科では、現代社会の基盤を支える機械工学の基礎力と実践力を身につけられることはもちろん、最新の機械工学にも触れることができます。
機械電子創成工学科
身近な機械のほとんどは、機械工学と電子工学の技術を融合した“メカトロニクス”によってつくられています。構造を持つものを動かす機械技術と、それに指令を出したり、データを取得したりする電子技術を複合的に学び、機械工学と電子工学両面の知識と設計センス、技術を修得。社会が求めるものや新しい価値を生み出す技術者を育成します。
先端材料工学科
日本の優れたものづくりの多くが、材料工学に支えられています。この学科では、材料のさらなる進化と活用法を学び、ものづくりの基盤となる材料を多角的に研究。知識だけでなく、実験・実習を通して実践力を養成します。また、限りある資源の有効活用に欠かせない循環型ものづくりにも対応できる、材料系エンジニアの育成をめざします。
電気電子工学科
電気エネルギーを「つくる」「送る」という技術や、家電製品などをより便利で快適にするための材料やデバイスの開発、それらを制御・計測するための技術を学びます。電気電子技術の開発により、生活を豊かにするための利便性や高度化を追究します。
情報通信システム工学科
携帯電話やアンテナなど通信基盤の基礎や、通信にかかわる技術を学び、モノとモノがつながる新しい情報通信ネットワークを構築。ハードウェアとソフトウェアの両面を学び、高度情報通信社会を牽引する人材の育成を目指します。
応用化学科
有機化学、無機化学、物理化学、分析化学などの知識基盤の上に、新物質を創成したり、生命・環境に調和した物質を効率的に製造したり、精密な分析や品質管理をしたりすることのできる人材育成を目指し、実社会で活きる化学をマスターします。

就職率・卒業後の進路 

■平成28年3月卒業生就職実績
日本郵便、JR東日本、日立製作所、本田技研工業、新日鐵住金、JFEスチール、荏原製作所、東芝、富士通、東北電力、富士電機、関電工、日野自動車、いすゞ自動車、スズキ、クボタ、リョービ、リコージャパン、不二サッシ、大日本印刷、東京湾横断道路、ミネベア、アマダホールディングス、NTN、ジェイテクト、アルプス電気、日本コムシス、スタンレー電気、トランス・コスモス、山九、富士ソフト、コナミデジタルエンタテインメント、ファーストリテイリング、キッコーマン、レンゴー、京成バス、産業技術総合研究所、法務省、千葉県庁 他

問い合わせ先・所在地

〒275-0016 千葉県習志野市津田沼2-17-1
047-478-0222 
〒275-0023  千葉県習志野市芝園2-1-1
047-478-0222 

所在地 アクセス 地図・路線案内
新習志野キャンパス(1・2年次) : 千葉県習志野市芝園2-1-1 JR京葉線「新習志野」駅から徒歩6分

地図

 

路線案内

津田沼キャンパス(3・4年次、大学院) : 千葉県習志野市津田沼2-17-1 JR総武線「津田沼」駅前(南口)徒歩1分
京成本線「京成津田沼」駅から徒歩10分
新京成線「新津田沼」駅から徒歩3分

地図

 

路線案内


千葉工業大学(私立大学/千葉・東京)