• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 千葉工業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 創造工学部
  • 都市環境工学科

私立大学/千葉・東京

チバコウギョウダイガク

都市環境工学科

募集人数:
110人

実践的な演習を通して、「快適さ」「便利さ」「安全」など、広い視野をもった社会インフラやまちづくりの専門家を育成

学べる学問
  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 測量士

    建築の基本。正確さと速さが要求される

    地図の作成や土木・建設工事をする前に必ず行う測量をする仕事。測量実施計画を立て、実施する。最近では、コンピュータを利用した地図の編集や、人工衛星を使った測量など、ハイテク技術を駆使している。

  • 土木施工管理技士

    工事全体の計画、監督者

    トンネルやダム、橋梁建設工事前などに、土地の土質を調査して、工事に適した土木材料を選定し、地盤の強度を決める。さらに工事全体の計画を立て、監督業務や指導をする仕事。大きなプロジェクトでは、複数の管理技士が分担してあたることもある。

  • 住宅メーカー営業

    自社で開発した住宅を販売する。すでにある住宅を販売することもあれば注文に応じてアレンジすることも。

    住宅専門のメーカーでは、自社で開発した住宅や注文住宅などを請け負い、建設する。ショールームや見本住宅などで接客をし、営業をするケースが多いが、担当地域を回って、リフォームや建て替えなどの営業を行うこともある。営業が顧客の希望や思い、予算をしっかり聞き出し、それに沿ったプランを設計に依頼。受注した後は、建築のスケジュール管理を行い、引渡しまで責任を持つ。営業によっては、簡単な設計図は自ら引くこともできる知識を持っている人もいれば、まったく建築とは関係ない勉強をしてきて、営業を行っている場合もある。

  • 土木・建築工学技術者・研究者

    建造物の基本となる土木工事や建築工事などの安全性や効率などを考えた新しい施工技術の開発、研究を行う。

    さまざまな建造物の土台となるのが土木工事。また、道路建設のような建造物のない工事は、土木の仕事。それらの土木工事の計画から設計、施工、管理などのリーダーとして全体を把握し、現場がスムーズに動くように采配をふるうのが、土木工学技術者。一方、建築物の強度や耐震性など、安全面を重視した工法や建築工学に基づいた施工技術を考え、建築現場の管理をするのが建築工学技術者。これらの技術や工法などの研究を、大学や関連研究施設で行うのが土木・建築工学研究者だ。

  • 環境コンサルタント

    環境保全活動などへの助言・指導を行う

    環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対する助言や指導を行う。また、自治体の環境政策、企業の環境アセスメントなどをどうすすめればいいか考え、企画、調査、事業の管理を行うこともある。

  • 環境計量士

    濃度や騒音レベルを計量する

    計量器の整備、正確性の保持、計量方法の改善など、適正な計量のための環境保持をする仕事。具体的には、濃度や騒音レベル、振動レベルを測り、工場や事業所などでの計量に問題がないよう必要な措置を講じていく。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

初年度納入金:2017年度納入金 158万4500円  (入学金20万円を含む)

学科の特長

学ぶ内容

100年、1000年先を見据えた社会基盤をつくる、計画・設計・施工等の技術を学ぶ
快適さ、便利さ、安全、環境など、まちづくりには多様な視点が求められます。100年、1000年先を見据えた地域の活性化や持続可能な社会の実現をめざし、都市環境の社会基盤そのものをつくる計画・設計・施工の技術を学びます。まちのグランドデザインを描ける技術力を備えた、社会インフラやまちづくりの専門家を育てます。

カリキュラム

実践的な演習を通して、発想力と遂行力を高めていく
建設材料や構造力学など社会インフラそのものに関わる授業のほか、環境アセスメントや交通、衛生、環境音響、景観工学に至るまで幅広い知識を修得。さらには演習を通して、実践的なまちづくりや景観づくりの手法、プロジェクトを遂行する力なども身につけていきます。工業、建築系の各種資格取得にも対応しています。

授業

まちづくりは総合的な学問。広範な知識と課題解決力を身につける
1年次には製図の基礎を修得し、都市環境の概論を学習。基礎となる数学、物理、化学、情報処理などを学ぶ一方、教養科目では住民との対話に不可欠なコミュニケーションスキル、また、法学や経済学、心理学、歴史なども学びます。2年次より都市環境工学の基幹となる専門科目や建築系科目も学び、幅広い視点を身につけます。

研究室

ありふれたデータから多様な環境を解明できる「分析」の魅力
温度や湿度といったよく知られたデータでも、分析技術を工夫することで驚くほど多くの気候現象を明らかにできます。その一例が、松島大教授の研究室で取り組んでいる乾燥地の土壌水分量調査。人工衛星が測定した地表面の温度というありふれたデータを見方を変えて分析することで、多様な環境を解明していきます。

卒業後

確かな技術力を持った社会インフラやまちづくりのプロフェッショナルを育成
地方公務員(県庁、市役所等)、国家公務員(国土交通省、環境省等)、総合建設会社の設計者・施工管理技術者、都市計画・環境・建設コンサルタント、景観デザイナー、測量会社、鉄道・高速道路・エネルギー会社(企画・設計・施工管理)、不動産・住宅会社(企画・設計・施工管理)など、まちづくりのプロを育成。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種) 、
  • 測量士補<国>

受験資格が得られる資格

  • 二級建築士<国> 、
  • 土木施工管理技士<国> (2級/卒業後1年、1級/卒業後3年)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    鹿島建設、清水建設、新日本建設、西松建設、大林組、熊谷組 、 長谷工コーポレーション、積水ハウス、大和ハウス工業 、 パナホーム、三井ホーム、大東建託、レオパレス21、大京 、 住友林業、京葉ガス、東日本旅客鉄道(JR東日本) 、 東海旅客鉄道(JR東海)、東京地下鉄(東京メトロ) 、 小田急電鉄、ローソン、イオンリテール、ラウンドワン 、 トランス・コスモス、大和リース、ヤフー、ミクシィ 、 千葉銀行、千葉県庁、茨城県庁、埼玉県庁、千葉市役所 、 習志野市役所、沼津市役所、函館市役所 、 江戸川区役所、東京消防庁、千葉県警察本部 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

(創造工学部全体)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒275-0016 千葉県習志野市津田沼2-17-1 入試広報課
TEL 047-478-0222
cit@it-chiba.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
津田沼キャンパス(3・4年次、大学院) : 千葉県習志野市津田沼2-17-1 JR総武線「津田沼」駅前(南口)徒歩1分
京成本線「京成津田沼」駅から徒歩10分
新京成線「新津田沼」駅から徒歩3分

地図

 

路線案内

新習志野キャンパス(1・2年次) : 千葉県習志野市芝園2-1-1 JR京葉線「新習志野」駅から徒歩6分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

千葉工業大学(私立大学/千葉・東京)