• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 川崎医療福祉大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療技術学部
  • 健康体育学科

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

健康体育学科

募集人数:
80人

適切な運動処方と実技指導のできる運動指導者、学校で健康教育に関わる教員を育てる

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 養護教諭

    生徒の心身を支える、身近なカウンセラー的存在

    主として小・中・高校に配属される「保健の先生」。年間の保健計画に沿って、身体検査や保健教育などを行い、学校内の救急処置や生徒の健康管理と保健指導、健康相談、環境衛生、にあたる。保健室は、子供たちの「心の居場所」になっているケースが多く、いじめや学業などに関する心の問題や、ストレスを抱える子どものカウンセラーでもある。

  • スポーツトレーナー

    一般の人からプロ選手まで、トレーニング指導の専門家

    プロ野球選手の専属トレーナーが注目されて話題になるなど、スポーツトレーナーの仕事は奥が深い。トレーニングする相手の体質や、健康上の課題をつかみ、その人にあったアドバイスや指導をしなければならない。体のしくみや栄養知識など、高度な専門知識がもとめられる。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • 体育教師

    授業や課外活動でスポーツの指導をする

    児童・生徒に陸上競技、球技、水泳など様々なスポーツの指導や、体の仕組み、応急処置などの知識を教える。積極的に運動を楽しむこころを育てるとともに、適度な運動で健康な体をつくることをめざす。中・高等学校では運動部の顧問として活躍することも多い。

初年度納入金:2017年度納入金 170万円 

学科の特長

学ぶ内容

科学的な根拠に基づいて「健康づくり」を指導できる知識と実践力を習得
生活動作である日常の活動や労働、スポーツ活動を支えるための「行動体力」、病気から身体を守る「防衛体力」について、体育学・医学・健康学の3つの領域からカリキュラムを設定。これらの学びに加え、子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の人々に適切に対応できるコミュニケーション能力や指導力を身につけます。

カリキュラム

指導モデルや資格取得対策など、学生の進路を多面的にサポート
学校教育系、運動指導系、社会健康系の3つの指導モデルを設定し、専門性を養うとともに学生の進路に応じた教育を行っています。また、養成校の認定を受けている健康運動指導士の資格、中学校・高等学校教諭一種免許状と養護教諭一種免許状の国家資格同時取得も可能。公務員試験に対しても積極的な支援を行っています。

先生

第一線で活躍する医療人に学び、医療現場に密着した環境で確かな実践力を磨く
大学での授業をはじめ、現場実習を担当する先生の多くは、川崎学園の附属病院で活躍する現役の医療スタッフ。豊富な臨床経験をもとに、実際の医療現場での対応や判断、医療人としての姿勢を伝えています。高度化・複雑化が進むチーム医療の「今」を知る教員によるきめ細かな指導で、現場で活きる知識とスキルを習得します。

実習

豊富な実習により、知識を現場で活かす実践力を育む
「運動処方演習実技」では、生活習慣病の予防・改善を目的とした運動プログラムを作成するための知識と、プログラムをもとに指導を行う技能を習得し、健康センターなどで実際にプログラムを実践します。遠泳・キャンプ・スキーなどを体験する合宿形式の実習も実施。コミュニケーション能力や協調性を養っていきます。

卒業後

健康を指導できる人材として学校や医療機関、地域社会などで幅広く活躍
学校の保健体育および養護教諭、病院の運動指導員、地域社会のスポーツトレーナーなど健康指導の分野で、数多くの卒業生が活躍しています。また、消防や警察など医学知識が必要な公務員となる道もあります。それらの道に進む学生も含め、就職率は100%(就職者数57名/2016年3月卒業生)と高実績を挙げています。

イベント

地域に貢献するボランティア活動もかけがえのない学びの場
学内のグラウンドやプールを開放し、倉敷市と連携した中高年向けのスポーツ教室や、自閉症児を対象とした水中運動教室など、様々なボランティア活動を行っています。学生が自ら運動プログラムなどを作成して実施。地域住民や子どもたちとの触れ合いを通して、指導者に求められる人間性も身につけることができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 養護教諭免許状<国> (一種) 、
  • 中学校教諭免許状【保健体育】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【保健体育】<国> (一種) 、
  • 第一種衛生管理者<国> 、
  • 社会福祉主事任用資格

目標とする資格

    • 健康運動実践指導者 、
    • 健康運動指導士

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数57名 )

主な就職先/内定先

    岡山県教育委員会(教諭) 、 倉敷市教育委員会(教諭) 、 広島県教育委員会(教諭) 、 島根県教育委員会(教諭) 、 岡山市消防局 、 岡山県警本部 、 香川県警本部 、 広島市消防局 、 栄光スポーツ 、 済生会フィットネス&カルチャークラブ ほか

※ 2016年3月卒業生実績

主な進学先/川崎医療福祉大学大学院、岡山大学大学院

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
TEL 086-464-1004

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県倉敷市松島288 「中庄」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内


川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)