• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 川崎医療福祉大学
  • 先生・教授一覧
  • 小野 淳一先生(医用工学)

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

先生・教授

透析技術の発展と臨床工学技士の専門性向上をめざす 先生

小野 淳一先生

医療技術学部  臨床工学科

【医用工学】
臨床工学 ・血液透析 ・医療機器開発

腎臓疾患等で老廃物の排泄が困難な患者に対して行われる「血液透析」に関する研究を行っています。血液透析とは、血液を体外に取り出し、専用装置を用いて浄化することです。透析を適切に行うことは、患者の命を守ることに直結しています。私たちは、透析が適切に実施できているかどうかを判断する新しい「指標」を開発し、現在、全国の多くの透析施設で広く利用されています。また、集中治療室で24時間連続的に行う持続的血液透析の透析効率を増加させることで、救命率を高めることを報告しています。現在、このような透析がどの施設でも安全に行えるよう新しい医療機器の開発にも取り組んでいます。現場のニーズと大学のシーズを融合させ、医療技術のさらなる発展と臨床工学技士の専門性の向上に貢献していきたいと考えています。

指導の傍ら、臨床工学技士の専門性を追究。体外循環技術を他の分野にも拡大することで、活躍の幅を広げたい

授業・ゼミの雰囲気

学生が考える"限界"を超えることが目標。 PDCAサイクルを回すことで学生自身の予想を超える成長を促します

小野先生が心がけているのは、「根拠や臨床との関連性に基づく分かりやすい授業」。また、臨床工学技士として臨床現場で働くことで得られた経験を積極的に学生たちに伝えることで、医療人としての責任感ややりがいを育んでいます。また、ゼミ活動では臨床現場で解決すべき課題に対して、ゼミ仲間が共通のゴールをめざして、自律し、協力し合うことを重要視しています。未知なる課題を解決するためには、常にPDCA(Plan・ Do・Check・Action)サイクルを回し、学生が主体性を持って大きな課題を達成できるように指導しています。

学内実習では、4年生が3年生の指導をサポート。知識を伝えることで自らの学びにつなげる事を目的とします

キミへのメッセージ

君たちの学びの先には、患者の「命」があります

医療は技術だけでも知識だけでも通用しない世界。専門教科を学ぶ時は「患者の命を救う」というプロ意識を持ってください。そのためにも、皆さん自身の大きな夢をもって、臨床工学科に来ることを楽しみにしています。

この先生・教授に出会えるのは…

川崎医療福祉大学 医療技術学部 臨床工学科

医療機器のエキスパートとして活躍する臨床工学技士を育成…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)