• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 川崎医療福祉大学
  • 先生・教授一覧
  • 矢野 実郎先生(リハビリテーション学)

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

先生・教授

舌の筋力トレーニングで嚥下障害の予防を追究する 先生

矢野 実郎先生

医療技術学部  感覚矯正学科

【リハビリテーション学】
摂食嚥下障害 ・構音障害 ・音声障害

舌が口蓋を押しつける力(舌圧)を鍛えることで、発音や嚥下に与える影響を研究しています。舌は発声や嚥下において、想像以上に重要な役割を担っています。年齢とともに衰えていく舌の筋力。さらに脳卒中などに罹患することで、嚥下障害が残ってしまうことがありますが、全ての患者に嚥下障害が残るわけではありません。そこには「舌の筋力」が影響しているのではないかと私は考えています。舌の筋力トレーニングを行うことで年齢による筋力の衰えを防ぎ、かつ脳卒中などのつまずきを乗り越えられるのではないでしょうか。話すことや食べることは、人間の根源的な欲求です。舌の機能が衰えることでこれらが妨げられることは、大変なストレスになります。QOL(生活の質)にも密接に関わる舌の働きを追究し、舌の筋力を保てる方法を模索しています。

専用器具を使って舌圧を測定。舌の筋力トレーニングを行うことで、どの程度筋力が上がるかを調べています

授業・ゼミの雰囲気

現役言語聴覚士による講義と見学実習で、リハビリの「今」を理解。机上と臨床を接続した学びが特徴です

頭頸部(舌や咽頭、食道など)がんのリハビリについて講義を行う矢野先生。先生の研究テーマでもある舌の機能も学べる「嚥下障害」、声の発音に関わる「構音障害」、また発声に関わる「音声障害」の授業を担当しています。授業では、学生の医療専門職としての心構えを育むため、矢野先生自身が患者へリハビリを行う様子を学生が見学する機会を設けることも。2人1組などで見学実習を行い、見学後は患者の症状や対応についてディスカッションを実施。附属病院が併設された環境を最大限に活かした学びが特徴です。

臨床で実際に使われている機器を用いて発声発語器官の機能を測定。また、訓練方法のノウハウも修得できます

キミへのメッセージ

「話す」・「食べる」ことができた時の患者の笑顔は、この上無い喜びです

言語聴覚士は、非常にやりがいのある仕事。高齢化社会に伴って、今後ますますニーズが高まっていくと考えられます。「話す」・「食べる」ことに対するリハビリを通して、患者のよりよい人生を支援しましょう。

この先生・教授に出会えるのは…

川崎医療福祉大学 医療技術学部 感覚矯正学科

障がいがあるコミュニケーション機能の回復を支援する専門家を育成する…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)