• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 川崎医療福祉大学
  • 先生・教授一覧
  • 山下 力先生(リハビリテーション学)

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

先生・教授

眼疾患の早期発見をめざした検査・画像解析を追究する 先生

山下 力先生

医療技術学部  感覚矯正学科

【リハビリテーション学】
神経眼科 ・緑内障 ・画像解析

人の持つ感覚の中でも「視覚」は特に重要な役割を果たしています。感覚によって得られる情報のおよそ8割は視覚から得ていると言われ、QOL(Quality of Life:生活の質)と密接に関わっていると言えるでしょう。代表的な眼疾患の一つである「緑内障」は、40歳以上の約20人に1人が発症する進行性の疾患であり、一度進行すると回復しないとされています。このような疾患を早期発見するため、光干渉断層計という機器を用いて眼底を撮影し、画像解析を行うことが私の専門分野。初期の緑内障は、視野に異常が生じる前にまず眼底に異常がみられるため、光干渉断層計を用いることで病変がどこに生じているのかを診断できる可能性があると考えています。さらに研究を進め、様々な頭蓋骨内の病変によって起こる網膜への影響を検出する方法を追究しています。

人の視覚は外界からの刺激を受けながら8歳までに発達するため、小児においても眼疾患の早期発見は重要です

授業・ゼミの雰囲気

現役の視能訓練士として、最新トピックスも交えながら授業を展開。自ら考え行動できる視能訓練士を育てます

眼科検査の意義や原理、評価などの基本知識を修得する「視能検査学」、基礎知識をふまえ検査技術を高める「視能検査学実習」を担当。これらの授業において山下先生が心がけているのは“考えて行動できる視能訓練士”を育てること。自分で考え、出た結果を眼科医に伝えるということは、医師とのコミュニケーションの要となるため、積極的に思考することを強く指導しています。さらに、模擬患者との問診を1対1で行うことで、常に“会話が無いと授業が進まない状態”を作り、学生のコミュニケーション能力を育んでいます。

眼科診療はデジタル機器で行われる場合がほとんど。更新も早いため、卒業後も継続した勉強が必要です

キミへのメッセージ

向上心と、積極的なコミュニケーションを大切に

視能訓練士の活躍の場は、眼科のほかメガネメーカーも考えられます。どちらも症状に合わせたものを作る仕事だから、人との積極的なコミュニケーションが大切。また、成長することに対して貪欲でいてほしいですね。

この先生・教授に出会えるのは…

川崎医療福祉大学 医療技術学部 感覚矯正学科

障がいがあるコミュニケーション機能の回復を支援する専門家を育成する…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)