• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 川崎医療福祉大学
  • 先生・教授一覧
  • 入江 慶太先生(保育・児童学)

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

先生・教授

保育者としての「育ち」を追究する 先生

入江 慶太先生

医療福祉学部  子ども医療福祉学科

【保育・児童学】
保育専門性 ・保護者支援 ・発達心理学

保育者は子どもを育てる専門職です。私の研究テーマは、そのような専門職をめざして学ぶ保育者の卵たちが“いかに成長するか”。学生には一人ひとりに保育者としての個性があり、その人ごとの成長を支援できる研究をしたいと考えています。保育はチームで行うもの。完璧な保育者をめざす必要はありません。得意分野をより伸ばし、保育者同士で助けあうことが重要ではないでしょうか。時代の流れを受けて保育者に求められる役割も変化してきました。病気・障がいを持つ子どもへの特別支援、そして妊娠・出産期から始まる保護者への支援。人生の基礎となる乳幼児期を生きる子どもと、その時期の保護者の育ちを、私たち保育者がどのように支えるのか。実感を伴って学べるように学生を支援することが私の役割です。

学生の主体性を育むため自由なテーマで調査・発表を行う授業を展開。意外なテーマや独自の視点に驚くことも

授業・ゼミの雰囲気

実際に遊んでみる、保護者の生の声を聞くといった具体的な経験が、保育者としての素養を育みます

「遊び」がテーマの入江ゼミ。これは「遊び」を通して子どもの発達を促す、という保育者の専門性に由来します。最近は「コマ回し」「まりつき」といった伝承遊びの経験が少ない学生が増えているため、実践を通して遊びを知ることを重視。遊びとは何かを理解し、子どもを遊びへ誘導する手法についても学びを深めます。また、授業では地域の子どもや保護者を招き“学生の手作りおもちゃで遊ぶ”といった行事も開催。おもちゃ遊びを通して保護者とコミュニケーションをとり、“生”の声を聞くといった経験が学生の成長につながっています。

ゼミでは様々な遊びを実践。しゃぼん玉遊びでは、入江先生自身がすっぽり入る大きなものを作って遊びました

キミへのメッセージ

子どもの「すべて」を愛せる保育者をめざしてください

子どもは可愛いですね。しかし、成長の過程でそうではない姿を見せることがあります。感情をむき出しにして喧嘩をすることも、実は発達的な意味があってのこと。様々な視点で子どもを見つめ、理解を深めましょう。

この先生・教授に出会えるのは…

川崎医療福祉大学 医療福祉学部 子ども医療福祉学科

病児・病後児・発達障がい児を含む、「あらゆる子ども」の支援者を育てる…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)