• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 川崎医療福祉大学
  • 学校の特長

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

川崎学園のネットワークを活用した豊富な実習など医療と福祉の現場に密着した学び

医療福祉の基礎から外国語、情報、健康・体育、総合分野をバランスよく履修しながら、自分の適性を見つけられるカリキュラムを編成しています。実習は川崎医科大学、川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センター、川崎医療短期大学、専門学校川崎リハビリテーション学院を擁する川崎学園のネットワークをフルに活用。さらに総合福祉施設「旭川荘」とも提携し、豊富な実習時間により医療と福祉の現場に密着した知識と技術を身につけることができます。また、子ども医療福祉学科、臨床検査学科、診療放射線技術学科の3学科を設置(2017年4月開設)し、医療福祉の総合大学として、さらに存在感ある大学をめざします。学校の特長1

資格取得に有利

豊富な実習により習得する実践力と総合力が、多数の資格取得にも活かされる

高度な専門性が必要となる保健・医療・福祉分野で、現場で活躍するためのスキルを証明する資格。本学では多数の資格取得をサポートしています。実習時間が豊富にあるため、実践的な力と幅広い分野に応用できる総合的な力がしっかりと身につき、資格取得にも活かされています。その結果、多くの資格試験で全国平均を上回る高い合格率を達成しています。2015年度の合格率は視能訓練士<国>が100%(合格者数33名、全国平均94%)、看護師<国>が98.1%(合格者数106名、全国平均89.4%)、理学療法士<国>95.2%(合格者数40名、全国平均74.1%)、作業療法士<国>100%(合格者数37名、全国平均87.6%)などと確かな合格実績を残しています。学校の特長2

先生・教授・講師が魅力的

高度医療・チーム医療の「今」を、現場を熟知した現役の医療人が指導する

川崎学園のネットワークは、実習の場はもちろん、教員にも活かされています。本学の教員の多くが川崎医科大学附属病院をはじめとする「医療福祉」の現場の最前線で活躍するスペシャリストであると同時に、大学での授業や現場実習も担当。医療現場で日々患者さまと向き合い、より良い医療福祉のあり方を追求する医師、各医療福祉分野の専門家が指導を行うことで、講義だけでは分からない「実際の医療現場」での対応や判断、医療人としての心構えを学ぶことができます。豊富な臨床経験に裏打ちされたきめ細かな指導で、学生一人ひとりに対し本気で向き合い、現場で活きる知識とスキルを伝えています。学校の特長3
川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)