• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 倉敷芸術科学大学

私立大学/岡山

倉敷芸術科学大学

クラシキゲイジュツカガクダイガク

学校photo

芸術・科学・医療・経済・動物・スポーツ、それぞれの道で活躍できるプロになる!

「一人ひとりの若人が持つ能力を最大限に引き出し 技術者として 社会人として 社会に貢献できる人材を養成する」を建学の理念に、芸術、経済、生命科学の分野で活躍できるエキスパートの育成をめざします。

倉敷芸術科学大学の特長

細胞検査士や救急救命士など現代のニーズにマッチした主要な資格が取得可能

細胞検査士とは、メスを使わずに顕微鏡を用いてがんなどを細胞レベルで診断する、がん治療の最前線にある職業です。そして、臨床検査技師<国>は、心電図をはじめとする生理検査や血液成分解析などの化学検査で疾患を早期に診断して、人々の健康を守る仕事。生命医科学科では、高度医療を支えるエキスパートとして、この2つの資格を在学中にめざすことができるダブル・ライセンス制を実現しています。また、健康科学科では、人命に関わる重大な責任感が伴う救急救命士<国>、アスレティックトレーナー、はり師<国>、きゅう師<国>といった多彩な受験資格が得られます。

学生たちの学ぶ意欲をしっかりとサポートする充実した教育・研究環境

動物生命科学科には、検査室や手術室、CT室などを備えた動物病院が教育施設として用意されており、地域の動物の治療にも役立っています。生命医科学科には、レーザー顕微鏡やDNA解析を行う機器、14名が同じ標本を一度に見られるディスカッション顕微鏡など、最先端の設備を整えた「細胞病理学研究所・臨床検査研究所」が独立した施設としてあります。芸術学部ではアトリエや工房が24時間開放されていて、学生たちは好きな時に創作活動に取り組めます。西日本の大学では数少ないガラス窯があるのも芸術学部の大きな特長。このような充実した学習環境を整え、学生たちの学ぶ意欲をしっかりとサポートしています。

産学官連携の「倉敷記念日レタープロジェクト」

「倉敷記念日レタープロジェクト」は、2013年に「記念日の聖地」第1号として選定された倉敷市独自の観光サービス事業です。大切な人に倉敷観光をテーマにしたデザインの葉書が1年後の記念日に届くというもの。その専用葉書のデザインは、倉敷芸術大学デザイン芸術学科、記念日をすごすまち倉敷推進協議会および倉敷市観光課との産学官連携プロジェクトによって開発しています。さまざまな人々の意見を聞きながら、試作と検証を繰り返し最終デザインにたどり着く過程は、自分の成長を実感することができるまたとない機会です。学生によるデザインが2013年に8点、2015年に5点商品化されています。

倉敷芸術科学大学の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】芸術学部…182万円/危機管理学部(仮称・2017年4月設置予定(届出中))…123万円(予定)/生命科学部…生命科学科176万円、生命医科学科178万5000円、動物生命科学科153万5000円、健康科学科165万円
(入学金22万円を含む)

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報部

〒712-8505 岡山県倉敷市連島町西之浦2640
TEL:0120-001163 (受験生ホットライン)

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県倉敷市連島町西之浦2640 「新倉敷」駅からバス 12分

地図

 

路線案内

倉敷芸術科学大学(私立大学/岡山)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    公務員や地元企業への就職に強い。フィールドスタディを軸に、地域貢献する人材を育成

  • Photo

    2017年4月、経営学部を開設予定。文理融合の総合大学へ。

  • Photo

    2017年4月、子ども医療福祉、臨床検査、診療放射線技術の3学科を設置計画中

  • Photo

    自ら夢を描き、挑戦し、「志」高く成長し続ける人を育てる大学。

  • Photo

    積極的な国際交流を展開すると同時に、地域社会への貢献をめざす総合大学

  • Photo

    6つのキャンパスに医学から芸術分野までを集積した、西日本最大級の総合大学。

  • Photo

    100年を越える時を経ても、未来へつながる学びをさらに充実させる総合大学

  • Photo

    医療・栄養・デザイン・観光・保育・幼小中高教諭・美容・心理…実学と教育の総合大学

  • Photo

    ひとと共に歩み、こころに届く医療を実践する専門職業人を育成します。

  • Photo

    その一歩が未来につながる。学生の成長を応援する環境で学び、社会で活躍できる人材に

次へ