• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪芸術大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 芸術学部
  • 工芸学科

私立大学/大阪

オオサカゲイジュツダイガク

工芸学科

募集人数:
40人

感動できる素材を見つけ、美しさを引き出す4コース。制作を通じて自分の芸術表現を追求していく

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 服飾・被服学

    快適な衣服や、服飾に関する理論と技術を研究する

    快適な衣服とそれに付随する服飾に関する理論と製作について、素材、テキスタイル、デザイン、製造まで幅広く研究する。流通や販売も研究テーマとなる。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

目指せる仕事
  • ジュエリーデザイナー

    宝石や貴金属を素敵にデザインする

    宝石類や金、銀、プラチナなどの素材を使用し、リング、ネックレス、ブローチなどのジュエリーをデザイン、または製作までを担当する。デザインセンスはもちろん、消費者ニーズに素早く対応できる敏感さも求められる。

  • 美術教師

    絵画や彫刻などの創作を指導する

    児童・生徒に絵画・彫刻・陶芸などの美術作品の制作を指導する。技術だけでなく、ひとりひとりの個性を尊重し、創作の喜びを伝えるのが目的。また美術館見学や、写生会など、授業以外の行事も中心になって行う。現在は、コンピュータを使ったデザインの授業なども積極的に導入されている。

  • 陶芸家

    土選びから焼成まで

    工場での大量生産品ではなく、土選びから焼成まで、作品の一つずつに責任を持ち仕上げていく。焼き物の種類や手法はさまざまで、各地の窯元で修業する人もいればプロに弟子入りする人も。創作力と得意分野を持つことが大切。

  • 彫金家

    金属から物を創り出す専門家

    金属を使って、アクセサリーや小物などを作る専門家。その金属の特長を生かし、また、色合いなども考えながら、デザインし、自ら制作する場合が多い。自分で販売まで手がける場合もある。

  • ガラス工芸家

    ガラスを使ってものを創り出す

    ガラスを使って、花瓶やコップ、皿などから、小物まで、さまざまなものを創り出す工芸家。繊細さや感性はもちろんのこと、体力も欠かせない。自ら作家のもとに弟子入りして学ぶか、ガラス会社に就職し、技術を習得後、創作活動に入るパターンが多い。

  • 木工工芸家

    木を素材にした伝統工芸をつくる専門家

    木材を使った伝統工芸を作る。高度経済成長期以降の大量生産大量消費により、手作りの工芸品は姿を消しつつあったが、近年その良さが見直され始めている。家内制手工業なので就職先は少なく弟子についた後、独立するパターンが多い。

  • テキスタイルデザイナー

    糸、染色、生地など素材づくりをする

    生地の織や、染のパターンをデザインする。言いかえれば、洋服やスカーフからじゅうたん、カーテンなどのインテリアまで用途はさまざまだが、それらに使われる素材をつくる仕事だ。現場は糸の考案、プリント染色デザイン、生地デザインとパートがいくつかに分かれている。

  • 染色家

    技法を駆使して布を染める

    布地の柄をデザインし、染色する。型染、友禅染、ろうけつ染、しぼり染などさまざまな伝統技法で絞り染めたり、描き染めたりするのが仕事。着物だけにとどまらず広くテキスタイルの分野で活躍。微妙な色彩センスやデザイン、絵の要素も必要となる。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 172万円  (初年度のみ入学金28万円含む)

学科の特長

学ぶ内容

素材との対話から始まる多彩な工芸の世界から社会へ
金属工芸、陶芸、ガラス工芸、テキスタイル・染織の4コースからなる工芸学科では、幅広い視野をもって素材と技法を学びます。
1年次には各コースの基本的な技法を学び、2年次からは各コースに分かれ専門分野を掘り下げます。作品制作を通し、卒業後に専門分野はもちろん、多彩な分野で活躍する社会人の育成をめざします。

授業

金属工芸コース 鋳金・鍛金・彫金の3技法を学び、造形表現の可能性を追求
金属素材を溶かし鋳型に流し込む「鋳金」・金槌などで叩き成形する「鍛金」・彫りや象嵌(ぞうがん)で表面に装飾を施す「彫金」。これらの基本技法を身につけ、金属の知識を修得します。
金属を用いた造形の可能性を探求し、オリジナリティを磨きます。ジュエリーや装身具も上記の技法を学ぶことで様々な表現が現れます。
陶芸コース 土・炎・水と対話しながら様々な作品作りに挑戦
素材である粘土の性質を知るために「手びねり」による土の成形を学び、「ろくろ挽き」で大皿やコーヒーセットなどの成形と装飾磁土による成形を行い、「石膏型」による型おこし、鋳込成形技法の基本を最初に修得します。
ガラス工芸コース 多くの技法を学び、豊かな発想と技術力で活躍の場を広げる
溶かす。吹く。鋳込む。曲げる。彫る。削る。さまざまな手法で、ガラスを複合的に学びます。
全国でも有数の設備を整えた工房で、ガラスの特質を肌で確かめながら発想力と造形力を養い、自己の表現を探ります。伝統工芸、現代クラフト、立体美術、現代アート、建築装飾など、活躍のフィールドは広がり続けています。
テキスタイル・染織コース 伝統を探り、新しい可能性を見出す布つくりを目指す
蝋や糊などで防染して染料を重ねる染色、布の素材感を生みだす織、イメージを工業製品として展開するテキスタイルデザイン。
これらのプロセスを習得し、日本の伝統的な染色技術や世界各地の染織技法を学びます。そのなかで自己の表現方法を見いだし、現代アートや最先端デザインとしての布の可能性を開拓します。

教育目標

アドミッションポリシー
新しいものづくりに取り組み積極的に伝統技法や技術を取り入れ、時代に適した表現を志す人物を求めています。
[ 求める人物像 ]
■さまざまな伝統技法や技術を積極的に学ぶ意欲がある
■伝統技術を活かし時代に合った表現を生み出す意志がある
■ものをつくろうとする強い思いや意欲がある
■個性や感性を発見したい意志がある

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 学芸員<国> 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 中学校教諭免許状【美術】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【美術】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【工芸】<国> (1種)

※学芸員については、受講資格試験を実施し、合格者のみ受講することができる

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    博報堂プロダクツ 、 任天堂 、 カプコン 、 コロプラ 、 ハル研究所 、 手塚プロダクション 、 ファミリア 、 イマジカ 、 ロフト 、 ナリス化粧品 ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒585-8555 大阪府南河内郡河南町東山469
TEL:0120-040-306 (受験相談フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府南河内郡河南町東山469 「喜志」駅からスクールバス(無料) 約10分

地図

 

路線案内


大阪芸術大学(私立大学/大阪)