• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪産業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経済学部
  • 経済学科

私立大学/大阪

オオサカサンギョウダイガク

経済学科

社会現象を通して、経済学をさまざまな角度から学び、多様な分野で活躍できるビジネスパーソンを育成します

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

目指せる仕事
  • マーケットリサーチャー

    製品開発に欠かせない調査員

    モノ余りの時代には、ヒット商品を生み出すために、どんな人たちがモノを欲しがっているか、商品についての需要予測や消費者の嗜好動向、購入層、過去の販売実績、販売方法など市場の動きを正確に把握する必要がある。マーケットリサーチャーはこれら調査の専門家として社会調査やその結果を集計・分析する。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 事業開発

    会社にそれまでなかった新たなビジネスを提案し、立ち上げる

    民間企業などで、その会社にそれまでなかった新たなビジネスプランを考え、立ち上げる仕事。事業の仕組みづくり、コストや売上げ・利益のシミュレーション、営業活動を担当する社員の組織づくりなど、会議などで社内の承認を取りつつ実現させていく。

  • 広報

    企業の報道担当者

    対象は社内・社外・宣伝広報に分けられるが、基本的には対外的に企業の理解を深めるのが目的の企業の報道担当者。マスコミへの取材協力、PR誌の作成、その他あらゆる企業情報を管理する。企業イメージを管理する大事な仕事で、最近では商品の売れゆきや人材獲得にも大きな影響を与えている。

初年度納入金:2018年度納入金 106万8000円  (※諸会費は別途納入が必要です。)

学科の特長

学ぶ内容

日本を支える「経済」「金融」「福祉」「マルチメディア」に関する経済システムを理解します
経済の基礎を学んだうえで3年次から専攻を決定します。経済学の理論と実証を学ぶ「経済学科目群」。会計・簿記の実践力を習得する「金融・財政科目群」。社会保障や医療・年金保険制度に着目する「福祉・社会経済学科目群」。情報関連業界のスペシャリストをめざす「マルチメディア・ビジネス科目群」を用意しています

授業

金融やビジネス論を学ぶ授業を通じて、低迷が続く日本経済の諸問題を考えます
「福祉経済論」では介護保険制度の現状や政策課題について学び、福祉サービスをビジネスとして提供する場合の問題点と課題を考えます。「金融論」は貨幣を学んだ後、銀行、証券会社、保険会社について学習。それらを通じて日本の金融システムへの理解を深めます。また日本経済や国際経済を考える授業も用意されています

研究テーマ

現代が抱える多種多様な問題を、経済という視点で捉え、問題分析・解決にチャレンジします
「地方における観光業の未来」「金融システムの歴史的発展と推移」「自動車と環境問題」「プロ野球の歴史と現在」「日本プロサッカーにおける収入と実力差」「世界の観光名所の魅力と観光旅行がもたらす経済効果について」など、研究テーマは多岐にわたります

入試

経済学部では入試スタイルを学部一括入試で実施
本学部の新入生は、まず一括して経済学部に入学。1・2年次で経済学の基礎を学びながら、自分の興味や将来の目標を考え、3年次に自分に合った学科を選択します。そうすることで、将来プランに合った学科に進むことが可能となります
特別プログラム「公務員志望者」「国際観光ビジネス」※AO入試優先
経済学部には警察官や消防官、市役所の職員など、公務員を希望する人のための「公務員志望者プログラム」やエアライン、ホテル、トラベルなど、国際観光ビジネスを希望する人のための「国際観光ビジネス・プログラム」を用意。※AO入試による入学者対象。他の入学試験で入学された方でも、テストに合格すれば受講可能です。
学校概要

2017年4月、大きく産まれかわります。国際・スポーツ・環境の新学部・学科を新設

2017年4月、生きた語学力を身につける「国際学部」やスポーツと健康のプロを育てる「スポーツ健康学部」、地域と地球の環境づくりを担う人を育成する「環境理工学科」を新設。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (一種※1) 、
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (一種※1) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (一種※1)

※1 教育課程の所定科目単位の修得が必要。

目標とする資格

    • 税理士<国> 、
    • 社会保険労務士<国> 、
    • 公認会計士<国> 、
    • 中小企業診断士<国> 、
    • 通関士<国> 、
    • 宅地建物取引士<国> 、
    • ファイナンシャル・プランニング技能士<国> 、
    • 国内旅行業務取扱管理者<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    大和ハウス工業(株) 、 日本郵便(株) 、 日本電産(株) 、 ヤマト運輸(株) 、 (株)関西アーバン銀行 、 香川県農業(協) 、 (株)ファミリーマート 、 大阪シティ信用金庫 、 法務省 、 警視庁 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒574-8530 大阪府大東市中垣内3-1-1
大阪産業大学入試センター tel:072-875-3001(代)
nyushi@cnt.osaka-sandai.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大東市中垣内3-1-1 「住道」駅からシャトルバス 大阪産業大学前下車 15分
「野崎」駅から徒歩 15分
「新石切」駅から産業大学前行 近鉄バス 10分
「四条畷」駅から瓢箪山駅行 近鉄バス 11分
「瓢箪山」駅から住道駅前行または四条畷駅行 近鉄バス 20分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

大阪産業大学(私立大学/大阪)